« 約1ヶ月。 | トップページ | 働きマン »

狼と香辛料2 読了

狼と香辛料 (2)

著者:支倉 凍砂
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1巻目が面白いと、2巻目に期待してがっかりかも・・・・というのは杞憂でしたよ。むしろ、1巻目より楽しめました。相変わらず、ホロとロレンスの会話の応酬が良いです。ホロの扱いに多少慣れつつも、やっぱりホロがまだまだ上手という感じ。そして、やっぱりホロがかわいい。今作では前作よりホロがロレンスに意表を突かれるときがままあって、そのときのホロの反応が良い・・・

ロレンスも、結構好きなキャラクターですね。商人として常に相手の内心を探ることをしてるためか、ホロに対しても、相手の好意に気づかない鈍感主人公ではなく、むしろホロの気持ちを敏感に図ろうとしている所が好印象。前巻に比べて、ホロに対抗できるようになってきてるので、さらに今後に期待(さきほども書きましたが、ロレンスが対抗できたときのホロの対応がかわいいので)。

また、本作でロレンスが迎える危機は、化け物に襲われて殺されるとかより、現実的な性質のせいかちょっとハラハラしてしまいました。まぁ、最初にあるカラー絵を見たせいもある。というわけで、ストーリー的にも良かったです。

3巻目も期待。今作で、より絆が深まった二人の続きが早く読みたいものです。最後にあとがきを読んで、一言。株はいけませんよ株は。いや、ほんと。

|

« 約1ヶ月。 | トップページ | 働きマン »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/2149521

この記事へのトラックバック一覧です: 狼と香辛料2 読了:

« 約1ヶ月。 | トップページ | 働きマン »