« 一条ゆかりといえば・・・ | トップページ | 約1ヶ月。 »

パンプキン・シザーズ。 

Pumpkin Scissors 1 (1)

著者:岩永 亮太郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


永きに渡った戦争が停戦を迎え、国は戦災というもう一つの戦争を迎えたとき、帝国は陸軍情報部内に3課を設立し、戦災復興の任務に就かせた。それから、3年後、3課の戦災復興の成果はいまだなく、臣民の不満解消のための‘言い訳部隊’と嘲笑されることに。そして、ランタンを腰に巻いた巨漢の復員兵が3課にかかわることで、物語は動き始めるという感じ。

まぁほとんど背表紙のパクリで説明しましたが、怪物王女と同じように良くも悪くもなくという感想です。しかし、ストーリーものでいきなり、おもしろい!と思わせるのはなかなか難しいのではなかろうか・・鋼の錬金術師だって1巻目はそれほど面白いとも思いませんでしたし(もちろん現在は面白いと思ってます)。

主人公のゾンビチックな戦闘スタイルは割と好き。でも、今のところ、主人公のどこがどう強いのかが、いまいち伝わらない。

話変わって、今日も、うっかり気絶。気づいたら2時5分・・ひぐらし初めて不完全録画になってしまった・・・・・orz

|

« 一条ゆかりといえば・・・ | トップページ | 約1ヶ月。 »

漫画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/2122796

この記事へのトラックバック一覧です: パンプキン・シザーズ。 :

« 一条ゆかりといえば・・・ | トップページ | 約1ヶ月。 »