« げんしけん | トップページ | 時をかける少女 »

煌夜祭

煌夜祭 煌夜祭

著者:多崎 礼
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

<内容>
一つの島を中心に、円状に島々が点在する世界。
各島間の行き来は困難なため、よその島の情報は大変な価値がある。
そして、それらを伝え歩く者として語り部という者達がいる。彼らは年に一度の煌夜祭で、世界の先人達の知恵を島主の前で披露することにより褒美を頂く。
しかし、島主もいない廃墟と化した場所で、二人の語り部が二人だけの煌夜祭を始めていた・・・

<感想>
二人の語り部が交互に、語っていく形式なのですが、最初は別個独立した話をとりつつ、次第に大きな物語を形作っていくという形で進んでいく構成はうまく、どんどん物語りに引き込まれました。それにしても、なんとも切ない物語ですよ。
とにかく多数の人物を登場させつつ、うまくそれを絡ませた構成はお見事。最後にちょっとした真相が明かされるという点も良かったですね。ただ、名前がちょい覚えづらかったですけど。
というわけで、結構良作ではなかろうかと。どうやら、新人さんのようなので、次回作にも大いに期待です。

うたわれるものらじお第8回配信中!
今回も、ゲストはなし!なんだか浪川さんはマジで凹んでるらしい。あと、コミケの話が結構出てましたね。とりあえず、今回気になったエルルゥの発言を軽くダイジェストしてみる・・・ので以下反転
・感情高ぶるとちょっと刺しちゃう!
・私の初体験は力ちゃんなんです!いつだって!
・最終回は結婚式ですから!
・私を食べてもいいんですよ・・別に10ポイントたまらなくったって!
・また今日もハクオロさんと一つになれました・・・
・うたわれるものという作品に出会い、アフレコが始まって、力ちゃんと出会い、ホントにあの、なんていうのかな・・あの、すごいね、ホントにそれから、なんかね、ホントに恋をしてしまって・・・

・あの首筋に流れる汗がもう鼻血ものでしたよ!
という感じで柚木さんはっちゃけすぎです。というかエルルゥエロイよ。

・うたわれリンク
IDEAさん TOP絵にべナウィ
かっこえぇぇぇぇぇ!
御月屋さん こんなうたわれるものは嫌だ漫画
チャングムはその後の展開を聞いてビックリしました。

ろくでなしの詩さんがひぐらし漫画追加!
祭囃し編ネタバレ注意!
所詮
羽入は雛見沢でしか生きていけないんだよね。

|

« げんしけん | トップページ | 時をかける少女 »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« げんしけん | トップページ | 時をかける少女 »