« 文学少女と死にたがりの道化 | トップページ | ようやっと暑くなってきた »

涼宮ハルヒの憂鬱

涼宮ハルヒの憂鬱 (1) 涼宮ハルヒの憂鬱 (1)

著者:ツガノ ガク,谷川 流,いとう のいぢ
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ライトノベルの漫画化というのは一般に駄目くさいという偏見があるので、購入は回避していたのですが、表紙の絵柄が良いんじゃね?と囁いてきたので購入。

原作の話をそれなりに詰めこんだ感じがするので、読み終えた後は結構ボリュームを感じました。・・・・が、童顔のキョンは、ちょっと抵抗が。面長じゃなくて、感情表現が激しいキョンなんて・・・・と思っていたら、古泉はより抵抗が。同じく童顔で、面長じゃなく紙の色がベタで真っ黒な古泉君なんて古泉君に見えません。でも、ハルヒ、みくる、長門は良かったかな。しかし、ハルヒの能力が初めて明かされたコマはなんかハルヒがものすごい超戦士?みたいな表現でちょいと面白かったです。

というわけで、2巻目が既にでてますが、買うかは微妙といった感じ。

うたわれるものらじお第5回配信開始!
今回のゲストはOPを歌っている歌手のSuaraさん。今までは一番落ち着いた感じでしたね。というか、今までがテンション高すぎたのか・・・

『舞子海岸迄五分』さんが「CROSS†CHANNEL」四コマをUP!
はい、間違いなく他意が感じられます。しかし、言ってる本人は本当に他意無くいえるのがラバクオリティ。

・雑記

自分はプロフィールにも書いているのですが、アニメのフタコイオルタナティブが好きでした。で、アニメ終了後、アニメ版の後日談の小説が連載されていて、それがとうとう本として売られていたのを昨日書店にて発見したのですが・・・・見たらものすごい分厚い。しかも、内容のほとんどが本編のシナリオを載せている部分で占められており、後日談の部分は前半のほんのちょっとっぽい。で、値段が2000円オーバー。うぅ、これはいくらなんでも、微妙・・・しかし、読みたいなぁ。うーん、悩ましい。

|

« 文学少女と死にたがりの道化 | トップページ | ようやっと暑くなってきた »

漫画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文学少女と死にたがりの道化 | トップページ | ようやっと暑くなってきた »