« ひぐらしのなく頃に 礼 | トップページ | うたわれるものらじお28回 »

化物語 上

化物語(上) 化物語(上)

著者:西尾 維新
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

自分は毒舌・暴言ツンデレが大好きです。

過去に何かあったがために、周囲に壁を作り、人を遠ざけ、攻撃的になってしまった・・・なんて設定も好き。
反面、一度心を許せば、その信頼と甘えの度合いが半端じゃなくなるキャラが好き。かといって、もし、主人公が浮気でもすれば・・・
お前を殺して私も死ぬ
なんて、嫉妬深く、情の深いところがあればなおさらです。
エロゲでいえば、
家族計画の青葉や、姉、ちゃんとしようよ!の要芽が好き。

そう、本作メインヒロイン戦場ヶ原ひたぎはそんな娘なのです。
もっとも、こいつの場合は、お前を殺して私は逃げる(浮気じゃなくて告白を断った場合)でしたが。
基本的には言葉が暴力な娘。が・・・たまにみせる有形力の行使が半端じゃありません。表紙右手に持ってるホッチキスは伊達じゃない。

因みに、なんだか日光に行きたくなるような名前ですが、相変わらず西尾維新のネーミングセンスは良いですね。
この人、自分の子供が出来たらなんて名前つけるんだろう?とたまに思います。

簡単なストーリー紹介をしますと・・・
ツッコミ職人で、誰にでもやさしい主人公阿良々木君が、怪異に遭遇した女の子たちをなんとかしなきゃと奔走するお話。
怪異といっても、ホラーなものではなく、不思議系。怪異に遭遇すると様々な症状がでるのですが、その原因・症状・解決方は合理的でわかりやすいのは良。

もっとも本作の魅力はストーリーにあらず。
ヒロインの性格と物語全編に渡る、
主人公とヒロイン達のボケ・ツッコミにあるのです
というわけで、主人公は戯言遣いにちょっと似てるかな?
彼ら二人が揃えば拾えぬボケはないでしょう。

物語は全部で五つ。そのうち上巻が三話。
ヒロインの中では戦場ヶ原が一番好き。
主人公との会話は例えばこんな感じ・・・
銅四十グラム、亜鉛二十五グラム、ニッケル十五グラム、照れ隠し五グラムに悪意九十七キロで、私の暴言は練成されているわ
ほとんど悪意じゃねぇかよ!
ちなみに照れ隠しというのは嘘よ
一番抜けちゃいけない要素が抜けちゃった!

とか、
私に指一本でも触れて御覧なさい。舌を噛み切ってやるんだから
あーあー、身持ちの堅いこったな!
あなたの舌を噛み切るのよ?
マジでおっかねぇ!

って感じ。

でも、漫才が一番ツボだったのは小学生女子とのやり取り。

例えばこんな感じ・・・
この程度の事態、わたしは全く平気ですっ!この程度の困りごとには馴れっこなんですっ!わたしにとってはとっても普通のことですっ!わたし、トラベルメーカーですからっ!
旅行代理店勤務だと!?その年でか!?

とか、
羊の下に次と書いて、羨ましいです
そっか・・・それ、両方微妙に間違ってるからな
とか、
・・では、阿良々木さんは、どうしたわたしのことを、情熱的な眼でみつめていたのでしょう
いや、その・・・え、情熱的?
そんな眼で見られると横隔膜がどきどきします
しゃっくりじゃん
難しい振りだった。
突っ込み担当としての力量が試されている。

なんて会話が個人的には好き。
というかこのノリが楽しめないとかなりきついというか、たぶんオススメできなくなってしまいます。
小学生相手に一本背負いかましたり、ファーストタッチをやらかしたり、この回で、主人公に対する好感度がうなぎのぼりだった気もします。

基本的に登場するヒロイン全員がボケなので終始主人公はツッコミまくりです。キャラによってボケの属性が毒舌だったり、エロだったりと属性が違うので飽きることはありません。

というわけで、キャラといい、漫才といい個人的には大ヒットでした。値段が1600円と高めですが、文章量的にそんなにしわを寄せる程度ではないかと。

・うたわれるものリンク
海風ねっとさんお疲れエルルゥ

CAT NOODLEさんうたわれるもの?よりベナウィ

|

« ひぐらしのなく頃に 礼 | トップページ | うたわれるものらじお28回 »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/4969830

この記事へのトラックバック一覧です: 化物語 上:

« ひぐらしのなく頃に 礼 | トップページ | うたわれるものらじお28回 »