« ドロヘドロ 9 | トップページ | ワールドエンブリオ 2 »

刀語 第一話 絶刀・鉋

刀語 第一話 絶刀・鉋 刀語 第一話 絶刀・鉋

著者:西尾 維新
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「虚刀流はよ刀を使わないからこそ強いんだ」

伝説の刀鍛冶の鍛えた12本の刀を求め、無刀の剣士・鑢七花と美貌の奇策士・とがめが征く!衝撃の12ヶ月連続刊行企画!西尾維新が挑む大河ノベル第一弾!

・・・・・うーん、ちょっと微妙だったかも?
とりあえず、本格大河ノベルを求める人は回れ右。
尾張幕府とか架空の設定・歴史です。

内容的には、

乗り突っ込みは。
どんな時代にもある

とか、笑えるとこは笑えるのですが、化物語に比べると面白みは大きく後退する感は否めませんでした。というより、キャラクターにあまり魅力が感じられなかったのが痛い。

特に、敵役がなぁ・・・全体的にかなり無個性に感じてしまった。
で、ヒロインのとがめ・剣士の七花も・・・・・・

さらに、前振りでさんざんすごい説明されてた12本の刀も、実際そういわれるほどにすごいの?と思わずにはいらなかったり。

うーん、主人公の七花がめんどくさがりな性格で、ボケも、突っ込みもしてくれないため、とがめが乗り突っ込みで一人漫才をしなくてはならないとこ辺りが自分には合わなかったのか・・・
というわけで、個人的にはイマイチかな。
二冊目購入するかはかなり微妙なところです。

でも、作者のあとがきにて、
「まぁ、話し合いによっては、途中から宇宙編が始まるかもしれませんので、作者的には予断が許されません」
で買うかもしれないと思った自分がいます。

・うたわれるものリンク
影の宴さんエルルゥにゃ!

・イラストリンク
cherry berry strawberryさん10HIT絵でFateヒロインズ

|

« ドロヘドロ 9 | トップページ | ワールドエンブリオ 2 »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドロヘドロ 9 | トップページ | ワールドエンブリオ 2 »