« 少女ファイト 2 | トップページ | 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん »

ヤングガンカルナバル

ヤングガン・カルナバル ヤングガン・カルナバル

著者:深見 真
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【7/10】

・あらすじ
光善寺高校二年普通化C組の木暮塵八は、漫画研究会所属、勉強は苦手、好きなものは映画、ジャンルを選ばない映画好き、女性と話すのは苦手、好きなミュージシャンはマリリン・マンソン、ライ麦畑でつかまえてを読み返すと必ず泣く。
光善寺高校一年の鉄美弓華は、成績優秀、運動神経抜群、女の子好き、でも恋愛は下手でよく振られる。好きな曲は東京少年の性差別。好きな映画の種類はアクションもの。
そんな二人は凄腕の殺し屋。
悪い奴らは皆殺し、ガンアクションライトノベル~

・銃の描写が半端じゃない
とにかく登場する銃の種類の豊富さ、使用する際の詳細な説明と、非常にマニアック。とりあえず、銃が好きな人はこれだけでオススメかもしれません(笑)

・殺し屋だけど…
塵八も弓華も殺し屋ですが相手は悪人ばかりなのであんまり殺し屋という雰囲気ではなく、むしろヒーローものに近いかも。特に塵八は現在の性格と過去の体験を踏まえるとかなりそっち向き。
主観で善や悪は違う?そんなのくそったれだ。理性を突き詰めていけば、必ず答えはでる、みたいな考えの人ですし。とにかく仕事中はストイックに悪・即・撃な人。
塵八と弓華の視点を章毎に交代させて、最後は二人の別々の話がつながっていくという流れは面白かったですね。

・痛快ガンアクション?
と言い切れなかったのは割とシビアな面があったため。ヒロインを助ける前に彼女の足の指が噛み千切られたり、悪人が死姦野郎だったり。

・というわけで、
なかなか楽しめました。すごい面白いというわけではないですが、娯楽小説として結構オススメです。銃好きな人にオススメなのは言わずもがな。

・ネタバレ反転
うーん、漫画研究会の会長まで非日常側の人間だったのが残念。というか、日常が舞台の学校に非日常キャラが多すぎです。これだと主人公の非日常・日常の二面性があまり映えない気がしたんですが。まぁ、お互いが非日常側と認識してないところに面白さがあるといえばあるのですけど、せめて会長ぐらいは日常側でいて欲しかった。
やはりフルメタの生徒会長のように日常側の人間でありながら、非日常の人に影響を与えられるキャラってのは面白いと思うので。

・うたわれるものリンク
CAT NOODLEさんうたわれるものらじおが・・・
7月からは真・うたわれるものらじおが始まるよ!であってほしいなぁ

ごがつ屋さん嫁入りサンバ
フォークが(笑)

影の宴さん執事べナ
嵌りすぎです

・雑記
らき☆すたで寿司占いというを見て、こちらでやってみたら、ものの見事にこなたと同じくガリでした(笑)にしても今週はケーキバイキングとか実に女の子らしいお話でしたね。

|

« 少女ファイト 2 | トップページ | 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/6701729

この記事へのトラックバック一覧です: ヤングガンカルナバル:

« 少女ファイト 2 | トップページ | 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん »