« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

ねくろま2

ねくろま 2。 (2) (MF文庫 J ひ 2-10) ねくろま 2。 (2) (MF文庫 J ひ 2-10)

著者:平坂 読
販売元:メディアファクトリー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【8/10】

・あらすじ
先日の出来事でメガネを割ってしまった完璧超人ソリスは、
学園でドジっ子としての一面を生徒達に見られてしまうことに。
そんな災難も彼にとっては序章にすぎず、
ソリスを狙うヒロイン達とのドタバタでエロい日常が待ち受けていたのであった。

・エロコメに特化してきました
前巻よりいっそうパワーアップしとります。
もうパンツみたり、お風呂でドキっ!があったり、幼女同士のカラミがあったり、
ソリスの息子をヒロインがみようとしてきたりと、ストーリーなんてどうでもいい!
ってな具合に突っ走ってました。
とにかく色んな娘とフラグを立てすぎです。

・ってなわけで、
エロコメに飢えてる方にはオススメですな。

・うたわれるものリンク
影の宴さん夢見るトウカ
こっこのトウカは可愛いなっ!

・イラストリンク
野良さんよつばととーちゃん&やんだ
このやんだはかっこよいです。

ごがつ屋さん初音ミク
デレミクかわゆす。もうネギに違和感が全くない。

・WEBコミリンク
舞子海岸迄五分さん突発リトバス四コマ漫画
それを組み合わせたらいかんですよw

・雑記 DTB 黒の契約者 最終話
消化不良すぎるだろ!
結局、黒と白の関係というか、なんかがさっぱり???
まぁでも銀の一人にしないで!で全てOKだったかも。
DVDについてくる26話がすげーみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ねくろま

Photo_2

著者 平坂 読
販売元 メディアファクトリー

定価(税込

¥ 609


【7.5/10】

・あらすじ
ソリス・アレクサンドロ。精霊魔法科主席、容姿端麗で生徒会副会長の二年生。
女性からは慕われ、男からは嫉妬と妬みをうける完璧超人。
しかし、実は彼にも苦手なものがあって、
それはある日の朝、彼の目の前に姿を現すのであった。

・メインヒロインは全裸
メインヒロインは最初から最後まで、まぁ全裸といっても良いのですが、平坂読という作家の捻くれ具合をご存知の方なら、それがそのままを示すものではないとわかるはず。えーつまりメインヒロインは骸骨なんです。

・ラブコメ
ラブコメものとしはなかなか。
登場ヒロインは、ゾンビ大好き娘に、自虐娘、ツンデレに、腹黒幼女。ぶっとんだ性格が多めで、頭のネジが外れた会話を読んでいると、これぞラノベのキャラですなと思わなくもありません。うん、結構面白い。

・というわけで、
前作よりは捻くれ具合が緩慢した気がするせいか、より一般向けになった気がします。普通に面白かった。
それでもオチはやっぱり捻くれてましたけどね(笑)
あ、太字が多用されてるのは気になる人はうっとおしくなるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よつばと! 7

Photo_2 よつばと! 7 (7) (電撃コミックス)

著者:あずま きよひこ
販売元:メディアワークス

Amazon.co.jpで詳細を確認する

・・

こどもが走れば、おとなも走る。

いや、待ちにまった第七巻ですが、期待通りの面白さ。
今回も帯びの文句や表紙関係のギミックがいい味だしてます。

以下、気になった話を個別に感想。

42話 「でんわ」
あさぎのよつばいじりの手口は秀逸すぎ(笑)
よつばには悪いんですが、同じ立ち場にいたら間違いなく真似したくなります。
とーちゃんと風香の糸電話やりとりにフラグの予感が?
とちょっと期待してしまいそうですが、そういう方向にいってしまうとよつばと!っぽくなくなるなぁと思いつつ、とーちゃんの恋愛イベントは見てみたい。

44話 「ねつ」
童心に返る話でした。
風邪をひいて普段と違う場所で寝るっていうのは自分にも覚えがあって、
それだけでちょっと得した気分になれたような思い出が。
しかしあの熱で元気だな…よつば。

45話 「ぱちしえ」
新キャラ登場!
外見は至って普通な娘でしたが、中身がなんか変な子でした。
変な行動をとっても不意打ちで誰かに見られると照れるところがかわいらしい。
渾名の由来が笑えます。

46話 「おつかい」
よつばは本能に忠実すぎです。
コンビニの親切なお姉さんの顔をわからなくしている演出がうまい。
あ、とんがらし麺は私もよく食べてた時期がありました。
それにしてもコンビニの棚の描写がかなり緻密で素晴らしい。

47話 「しゅっぱつ」
やんだのよつばいじりは最高!
これ絶対真似します。よつばには申し訳ないけど。
やんだが登場すると、ジャンボととーちゃんが連携してやんだ攻めに入るのが大変微笑ましい。よつばはやんだがいると普段見せない顔を見せたり、唐突にボキャブラリーが豊富になっている気がする。

48話 「ぼくじょう」
先月野郎三人で牧場にいった身としてはよつばの存在の大きさが身に染みる。
もう、やんだとよつばのやり取りや、いい年した大人達のノリの良さとか、読んでいると頬がにやけっぱなしになる。こいつら楽しすぎですよ。

というわけで、大満足。
相変わらず、よつばとよつばを取り巻く人々との空気が暖かく、読むたびに童心に返ったり、大人視点で子供の良さにほんわかしたりできる良い漫画でした。
まだ未読の方がいたらなにがなんでも読んで欲しい。

連載 月刊コミック電撃大王

・うたわれるものリンク
影の宴さん歌声

・雑記
先日また一つ三十路に近づいたわけですが、どうにも一年が早くてしょうがない。
今日よつばと!を読んでいたら、よつば達が牧場にいった日が私の誕生日で、こんなしょうもないことでもなんか嬉しいもんです。
因みにスティール・ボール・ランレースの開催日が自分の誕生日と知ったときも、なんかやたらと嬉しかった記憶があったり。
ついでにしばらく音信不通になっていた大学時代のゼミの後輩と同期からお祝いのメールがきてホロリときた。よく遊ぶ野郎連中からは来た試しがないだけに、癒されましたよ。

| | コメント (2)

オリジナル創作

・オリジナル創作
ガッパービジョンボックス さん
ヘッポコロジーさん
第四十工房落書き置き場さん
大魔王城さん
みかんの星さん
ナデガタサーカスさん
New's Networkさん
うろんなページさん
instantGardenさん
福岡ブラックインフォメーションさん
よしみるくのウェブコミックさん

|

タイプムーン

ヒゲナシさん
TINY TREASURYさん
STparusuさん
A/O LABORATORY さん
ONCE, A GLIMPSEさん
日々、平穏さん
ハルトモさん
五月荘さん

|

涼宮ハルヒの憂鬱

殆ど死んでいるさん
カオティック乙女工房さん
ビッククランチさん
TTTさん
オルタイン軟膏さん
よりみちさん
ねこうさプリンさん
うつらうららかさん

|

二次創作系

・うたわれるもの
御月屋さん
Bochi-bochiさん
CAT NOODLEさん
channelQさん
Gu+さん
くるくるむ~むさん
ごがつ屋さん
マメトリさん
影の宴さん
くるぐる。さん
朱の音さん
のんびり、まったり。さん
GRNPさん
海風ねっとさん

・涼宮ハルヒの憂鬱
殆ど死んでいるさん
カオティック乙女工房さん
ビッククランチさん
TTTさん
オルタイン軟膏さん
よりみちさん
ねこうさプリンさん
うつらうららかさん
ノルマさん
なぐ茶さん

・タイプムーン
ヒゲナシさん
TINY TREASURYさん
STparusuさん
A/O LABORATORY さん
ONCE, A GLIMPSEさん
日々、平穏さん
ハルトモさん
五月荘さん
TAROTSさん
梟さん
りみっとぶれいくさん
白花雨&ぐりーんぺっぱーさん
ミーナの店さん
Redleavesさん

・東方
KEMONOMICHIさん
ロケット燃料★21さん
NURSERYTALEさん
散歩日和さん

・Leaf
S-FORCEさん
HACHIMITSUさん

・Key
据えZENさん
JNR-Mさん

・らき☆すた
おでんやさん
ShiBoo!さん

・ひぐらしのなく頃に
浅緑湖さん
かくりHOMEさん
スズノヤ。さん
capital of seaさん

・なのは
つぶあんさん

・その他色々
野良さん
モルハウスさん
realさん
f17さん
dismalessさん
え、があったりなかったり。さん
常温解凍さん
Jekyll and Hydeさん
SoaRさん
眠りの園さん
猫娘亭さん
チキチキTurboRさん

|

成年コミック作家リスト

個人的にオススメの作家さんには、赤字。作品別の評価としてS・A・B・Cの順で分けてます。評価は実用度、絵、ストーリー、キャラ萌え等、総合評価なので、Sだからといって実用度抜群とは限りません。同人誌をすすめている場合もありますがそこは気にしてはいけない。

・あ行
アーセナル
A 「発情みるくほ~る」
B 「しすた~ずえっち」
A 「あい妹みぃ妹ん」
あ~る・こが
葵ヒトリ
碧木誠心
B 「弟のくせに」
A 「牝ロ牝ロにして」
青木幹治
A 「さよなら、おっぱい」 →感想
A 「Only You」
A 「抱きしめなさいっ!」
あかざわRED 
B 「くぱぁりぞーと」
アガタ
A 「メイド×4」
赤月みゅうと
A 「イノセント~少女メモリア~」
A 「少女×少女×少女」
A 「奴隷兎とアンソニー」
あかBON
B 「キスキスコンマ」
昭嶋しゅん
秋乃秀文
B 「牝姉」
秋元カルマ
A 「ちょいえむっ」
あきやまけんた
B 「Love-mix」
A 「えろぐん」
朝木貴行
C 「ちょいすじ」
B 「ろぉーれぐ」
A 「しょーぱん!!」
B 「ちょいおま!」
あさのゆきの
アシオミマサト/時原マサト
B 「PINK LINKS」
B 「セレブラムの柩」
A 「DREAM CANNEL」
B 「Illuson Girls」
アスヒロ
A 「愛がいっぱいエロはおっぱい」
東鉄神
S 「桃色保健室」 
A 「制服彼女 ピンクの穴」
A 「ふたりでできるもん」
A 「微熱スイッチ」
A 「僕の可愛いお姉さん」
あづま煉
B 「花蜜フレグランス」

麻生我等
辺ヒロユキ
B 「絶頂汁」
Ash横島
B 「3 ANGELS SHORT」
B 「3 ANGELS SHORT Full Passion」
安部学
あべもりおか
B 「でびなび!」
B 「めがもりみるき~ぱい」
B 「お姉さんの膣穴」
雨がっぱ少女群
A 「あったかく、して。」
A 「小指でかきまぜて」
あまぎみちひと
B 「兄好艶妹」
B 「むちえろ」
天太郎
A 「Daisy!」
B 「HAPPINESS!」 
C 「GIFT」
A 「レッスンとぅゆ~」
B 「flower」
A 「Melody」

甘詰留太
B 「キミの名を呼べば」
雨部ヨシキ
C 「敏感どろっぷす」
B 「春色さぷりめんと」
A 「ねっ!あったまろ?」
A 「こいねつリップス」
天野雨乃
天乃一水
B 「デレ化攻略マニュアル」
荒木京也
有馬侭
B 「むちプリ」
或十せねか
C 「Brandish」
あわじひめじ
B 「倭姦」
杏二
B 「虹色果実」
ED
A 「チアリズム」 →感想
B 「QG.キュートガールズ」
EB110SS
B 「乱暴しなさい」
EBA
いーむす・あき
A 「コイセヨオトメ」
五十嵐電マ
B 「セレカノ」
いくさりゅうじ
B 「サカリザカリ-盛りざかり-」
井雲くす
B 「僕だけの夕闇」
幾夜大黒堂
B 「シたい!着せたい!?脱がせたい!!」
池上竜矢
B 「おねえちゃんであそぼう」
A 「蜜色の校則違反」
いけださくら
B 「むにちち」
イコール
B 「ましゅまろフィアンセ」
井硲六郎
isao
B 「えっちーみっくす!!」
B 「なまプリン」
伊佐美ノゾミ
B 「少女穴リスト」
伊沢慎壱
B 「姉妹いずむ」
石恵
A 「TiTiKEi 通常版」
イシガキタカシ
※なのはSSの同人誌がオススメ
石川シスケ
A 「みだらなけもの」

ISUTOSHI
C 「スラッと女」
B 「エロいす」
いずみきょうた 
B 「カウントレス」
イソラシ
板場広し
B 「姉系」
B 「汁嬢」
ICHI
いとうえい
B 「その唇で囁いて」
糸杉柾宏
ITOYOKO

C 「初犬」
いぬぶろ
A 「いぬみみずかん」
犬星
A 「おじょうさまのひみつ」
B 「だいすき!ご主人様」
A 「おにいちゃんが、すき。」
A 「月見荘のあかり」
胃之上奇嘉郎
イノウエマキト
B 「Wet」
命わずか
B 「偽りの彼女~彼女はみだらに嘘を囁く~」
いのまる
B 「Indecent」
B 「恥ずかし女」
A 「Camellia」
井ノ本 リカ子
B 「こいするからだ」
いるまかみり
URAN
A 「ちちぺでぃあ」
A 「いちごま~ぶる」
A 「アネキネコ」
上田裕
B 「かちんこちんこあくま」
上月まんまる
C 「アスファルトの体温」
※DOA系同人誌がオススメ
上野龍也
B 「××××まみれ」
B 「身体中、ヌルヌルです。」
A 「イッちゃう?×イッちゃう」
ウエノ直哉
B 「NUDITY」
歌麿
B 「らぶちち」
B 「遊郭部へようこそ!」
内々けやき
B 「乳よ母よ妹よ!!」
B 「戻れない彼女」
A 「恋愛女子は前しか見ない!~人にはそれぞれ事情がある~」
A 「発情楽園」
B 「ハッピーノーリターン」
鰻丸
B 「ダブルリップ」
海野蛍
B 「大人の手がまだ触れない」
浦井民
B 「Hole sweet hole」
裏次郎
B 「ひよこのたまご」
A 「ちいさな恋ゴコロ」
浦瀬しおじ
浦辺克斗
B 「処女だってば」
うるう島呼音
A 「セックスホリック」
A-10
B 「Lord of Trash」
F・S
榎本ハイツ
B 「柳田君と水野さん」
A 「もうマンゾクでしょ!?」
F4U
A 「今夜のシコルスキー」
えむあ
C 「Brand new serise」
MGジョー
エレクトさわる
A 「せめちち」
B 「PANDRAⅡ~白き欲望 黒の希望~」
逢魔刻壱
大井はに丸
A 「エクスペリ」
オオカミうお
A 「ろり☆がぶぅ」
A 「ロリもぐもぐ!」
狼亮輔
B 「性的時間」
大嶋亮
B 「悦びに咲く軀」
B 「ラブバイト」
大塚子虎
B 「絶対恋愛主義」
A 「アングレカム」
大塚麗夏
A 「どろりっチュ」
大友卓二
B 「ごっくん処女」

大朋めがね
B 「SCHOOL GIRL」
おおとりりゅうじ
大波耀子
B 「絶対服従彼女」
大原久太郎
オオバンブルマイ
A 「病的好奇心」
大守春雨
A 「かなことおじさ」
岡田コウ
B 「恋するぱんつ」
岡田正尚
緒方マミ美
陸乃家鴨
B 「彼女の残り香」
小川マサシ
B 「CANDY GIRLS」
OKAWARI
A 「ストロベリーファクトリー」
B 「美人な義母と強気なクラスメート」
尾崎未来
B 「The Great Escape」
オザケン
B 「のーぱん」
A 「発情るオトメ」
尾鈴明臣
A 「First Love」
オタクビーム
織田non
音音
音無響介
B 「ハメごろ」
音乃夏
B 「パコパコッ」
B 「oh!マイガール」
A 「女子高生の腰つき」
鬼邪太郎
B 「少女革命計画」
鬼束直
A 「Life Is Peachy?」
B 「ワンホットミニッツ」
A 「Lovable」
A  「ポルノグラフティ」
鬼塚たくと
鬼月あるちゅ
A 「メイド嫁」
尾野けぬじ
A 「ラブでれ」 →感想
おりもとみまな
恩田チロ
B 「好色チロリズム」
A 「迷子のボクらのHについて」
A 「淫密チロリズム」

・か行
夏庵

A 「デレのちトラレ」
A 「オトメドリ」
A 「堕女ヅクシ」
甲斐ひろゆき
B 「ラブかちゅ」
A 「びっちHiスクール」
神楽雄隆丸
B 「コスコススイッチ」
加古川 太郎
かしわぎ達也
和馬村政
加瀬大輝
B 「むにゅっ娘Hiスクール」
A 「性純乙女」
葛城ゆう
要青豆
カタセミナミ
A 「LOVEぱにっく」
桂よしひろ
A 「メガネnoメガネ」
かねことしあき
B 「インナー=ブルマ」
B 「アンダー=ブルマ」
B 「さかりうえる」
上連雀三平
B 「わたしを有明へつれてって!」
狩野 蒼穹
C 「姉るせっくす」
兼処敬士
カマキリ
A 「ごっくんHONEY」
紙魚丸
A 「Junk Land」
狩野ハスミ
かるま龍狼
B 「よなよな」
A 「ひとづま」

蛙子丁字
川崎直孝
A 「アとエのあいだ」
A 「ついてきます!」
環々唯
B 「制服ハニー」
A 「えっちスケッチ」
kima-gray
B 「キマグレ」
如月群真 
A 「Love Selection」 
A 「ギリギリ♥Sisters」
B 「舞FAVORITE」
S 「Sweet hearts」

起死快晴
木静謙二
A 「こんなに優しくされたの」
岸里さとし
B 「テカ☆ピタッ!」
A 「JK/JC」
北河トウタ
B 「あふれふぇち」
吉川かば夫
C 「青空おっぱい牧場」
鬼ノ仁 
A 「活線挿抜」
A 「絶対領域」

木谷椎
A 「どっちもLOVE!?」
A 「ももいろStudy!」
Cuvie 
B 「Emotion」
A 「欲しがりっ!」
京極礼
京本貴之 
C 「OPEN GATE」

魚肉ん
吉良広義

霧恵マサノブ 
C 「海神」
B 「海贄」
B 「海宴」
A 「魔法少女まじかるゆかたん」

霧李孝徳
きりりん
草津てるにょ
A 「ペットライフ」
草凪蜻蛉
草野紅壱
B 「思春期絶対領域」
A 「恋愛とセックスと僕と彼女」 →感想
クジラックス
A 「ろりとぼくらの。」
ぐすたふ
A 「放課後TOYフレンズ」
くどうひさし/大道いむた
A 「妹バカ一代!」 →感想
B 「いけないいもうと」
B 「LOVE DOG」
B 「夏のゆらめき」
C 「恋の行方」
工藤洋
B 「SURVIVAL GIRL」
A 「パイ×クラ」
B 「乳クリまん汁」
久遠ミチヨシ
B 「桃色たゆにずむ」
A 「Spray Pink」
久水あるた
A 「恋愛ほりっく」
くもいたかし
椋蔵
ぐら乳頭
A 「フタ股」

くりつよしひろ
B 「愛という名の支配の原理」
Clone人間
A 「桃尻400%」
黒荒馬双海
黒岩瑪瑙
B 「Milk Crown」
A 「インモラル」
A 「イクリプス」
黒越陽
A 「inスル?」
げげら俊和
月下冴喜
けものの
A 「YELLOW☆POP」
A 「Groove Tube」
けろりん
A 「ピンク×ラッシュ」
けんたろう
B 「みっくすLOVEじゅーす」
小石川れんず
C 「お姉ちゃんの肉壷」
幸田朋弘 
A 「とりぷるさんしゃいん」 
A 「Petit-ろいど3 petit.1」
A 「ちょこっとLOVERS」

こうたろう
香吹茂之
A 「この変態野郎!」
小梅けいと 
B 「花粉少女注意報!」
A 「花粉少女2」

ゴージャス宝田 

S 「キャノン先生トばしすぎ」 →感想
A 「絶体絶命教室」 →感想

こがいの
黒龍眼
小暮マリコ
ここのき奈緒
小島紗
B 「僕と彼女の主従関係」
KOJIROU!
後藤晶
B 「お嬢様とボク」
琴義弓介
A 「NAKED☆PARTY」
B 「あの娘とアパ♡マン」
小林王桂
A 「ネイキッド☆ガール」
A 「天然素材少女」
小林由高
A 「うちハメ!」
ごばん
B 「絶対乳域」
小峰つばさ
A 「子宮式」
御免なさい
A 「おませで御免!」 →感想
komodo
小柳ロイヤル
A 「聖ペナルティ学園獄」
A 「乱チキ秘宝館GOLD」
こんちき
A 「おいでませにゃんにゃん」
A 「私えっちですよ?」
蒟吉人
A 「HONEY DIP」
A 「Bitchi Trap」
A 「HONEY DIP 2nd LOVE」
A 「ミダラBooks」
紺野あずれ
こんもり

・さ行
さいだ一明
B 「ぱっつん×2」
A 「VirginHuntばーじんはんと」
佐伯
B 「よわよわ」
冴草こはく
A 「いもてん」
堺はまち
B 「アらイぶ」
酒井ヒロヤス
さかき栞
さきうらら
A 「嫁まみれ」
桜小鉄
A 「メイプルシロップ」

桜吹雪ねる

B 「サリーによろしく」
笹川ハヤシ
B 「処女通信」
B 「ずっと一緒に」
A 「幼なじみにふれた夏」
笹倉綾人
C 「少女流幸福攫取論」
佐々原憂樹
C 「遠い日の欠片」
A 「おひさまの匂いのする少女。」
SASAYUki
B 「絵本の艶本」
B 「双子か双子の双重奏 ツイツイextended」
B 「魔法少女イスカ~after school~」
THE SEIJI
佐藤登志雄
A 「放課後乱交クラブ」
A 「ハメデレびっちぃ」
A 「寝取られ彼女」
真田鈴
蛹虎次郎
A 「あそばれ」
佐波サトル
サブスカ
B 「ボディランゲージ」
さめだ小判
B 「BEASTIE GIRLS」
B 「桃園学園男子寮にようこそっ!」
A 「ピンクチェリーぱい」
B 「ぷるぷるみるくぷりん」
左橋レンヤ
A 「密だく彼女」
沢田大介
澤野明
B 「兄+妹=LOVE?」
A 「妹と付き合う11の方法」
B 「兄思う故に妹あり」
幸せのかたち
しいなかずき
椎名はなび
しーらかんす
A 「ファンキー☆グラマラス」
SHIUN
B 「妄想少女」
紫色雁行
四条定史
B 「攻めるが乙女♡」
しでん晶
B 「キャンディガール」
B 「ふぇち乙女系」
士土大介
B 「恋するニーソ」
B 「暴君ツインテール」
しなま 
B 「はつカノ」
B 「きす☆みい」
B 「堕ちる闘神」

しのぎ鋭介
B 「シスプレ」
A 「委員長の恋人」
しのづかあつと
A 「ぼへみあん・らぷそでぃー」
篠塚醸二
東雲太郎
C 「Swing out siters」
東雲舞樹 
B 「まあは怪々」
志乃武丹英
A 「妹の可愛い企み」
A 「妹の甘い囁き」
A 「姉妹LOVE」
A 「義妹絶対領域」
A 「義妹熱愛領域」
シヒラ竜也
A 「shameless Girl」
四万十曜太
B 「ガントライブ」
子門竜士郎
B 「スカートの中の欲望」
蛇光院三郎
シャチカマボコ
C 「月と太陽」
ジャンキー
B 「淫花白濁」
終焉
A 「淫らにやらナイト」
シュガーミルク
A 「ぱいぐるみ」
春城秋介
B 「ビーナスラプソディ」
B 「私のしたい○○なこと」
A 「ねぇ、もう少しだけ」
じゅら
B 「純愛サディスティック」
Jun
A 「純愛メロウ」
憧明良
B 「先生俺にナニさせたいっスか!?」
翔丸
C 「おねがいユリ先生」
ジョン湿地王
B 「女性徒大百科」
白石なぎさ
B 「濡れる果実」
しらたき春 
B 「思春期少女」
白羽まと
しらんたかし

B 「おねちゅ」
B 「好感あそ~と」
白ぅ~凪ぃ
B 「まるちぷるフラワーズ」
師走の翁
A 「のせわすれ」
B 「精装追男組」
C 「シャイニング娘。1」
A 「JCエッチ」
A 「ピスはめ!上」
A 「ピスはめ!下」

真海 
B 「性恋」
新堂エル
B 「曝し愛」
A 「新堂エルの文化人類学」

神馬耶樹
A 「発情オンナノコ」

神保ひとで
A 「花の中のラニ」
甚六
A 「思春期は発情期」
ZUKI樹
A 「スクールガール」
B 「ハーレム×ハーレム」
B 「ニクドレ!」
A 「はじめての」
A 「犬の生活」
B 「モテる犬の生きざま」
杉浦次郎
A 「俺の嫁メモリアル」
鈴木狂太郎
A 「魔法教えます!!」

鈴木しげる
鈴玉レンリ

B 「Marine lazhward」
ズッキーニ
A 「相姦マニュアル」


砂川多良
Zummy

スミヤ
A 「Lycoris-リコリス-」
A 「SAYONARA FAIRIES」
A 「センテンス・ガール」
めらぎ琥珀
C 「Sweet3 Room」
ズンダレぽん
セキスズメ
関谷あさみ
A 「YOUR DOG」
B 「おとなになるまえに」
世徒ゆうき 
A 「ストリンジェント」
B 「アッチェレランド」
B 「ストレッタ」

瀬菜モナコ 
A 「イチャメチャ」 
B 「Utopia of wonder Film」

瀬奈陽太郎 
A 「JOKER」 
B 「ハロ・ハロ」
A 「姉はショタを好きになる」

ZERRY藤尾
A 「扉をコジあけて」 →感想
A 「Come Together」 →感想
C 「なかよし」
B 「リボルバー」
C 「Fun,Fun,Fun,Fun」
C 「ひまわり」
ゼロの者
B 「絶頂スイッチ」
B 「シス☆ブラっⅡ」
zen9
千家カゲロー
B 「スウィート☆ライフ,プリーズ!!」
戦国くん
A 「はぐりんぐ」
そうま竜也
A 「もっちゃん」

・た行
DAIGO
TANA
A 「キミの瞳に欲情してる」
TYPE90
B 「まなびの園」
A 「ONE☆MOE」
大孛輝*はな
高岡基文
B 「魔法的な彼女」
駄菓子
A 「純潔の終わる日々…」
高城ごーや
A 「にょう☆どう?」
高瀬七緒
高津
B 「マンマミーア!」
S 「それは歴史にカかないでっ!」
A 「さくらデモクラシー!」
A 「でぃーエッチ~ひもろぎ百嫁語~」
A 「ハメフェス」
B 「エリザ様ご用心!!」
たかやki
A 「恋糸記念日」
田倉まひろ
B 「たくらまかん展覧会」
A 「たくらまかん動物園」 →感想
武田弘光
S 「ツンデロ」
たけのこ星人
A 「ゴーイン乙女」
竹村雪秀
B 「TAKE ON ME」
A 「TAKE ON ME2」
蛇光院三郎
A 「体育会系 教え子喰い」
たこりーな画伯
橘海衣
B 「姉貴って理不尽だ!?」
田中エキス
B 「つたない女王様」
田中浩人
たなかなぶる
B 「精液泥棒」
TANABE
A 「ほっとじゃむ」
谷町めいど
B 「はじめてだよっ!」
田沼雄一郎
B 「PARTI CIPET~吉奈賀くん奔走する~」
A 「THE ARK FILE G」
B 「FAT BOY FAIRYTALE」
たろプン
B 「妄想ビーム」
たんたん
A 「みだらな・・・」
チキコ
A 「獣姦彼女カタログ」
千葉哲太郎
B 「告白ってあげる!」
チバトシロウ 
A 「ACME」
A 「きゃんでぃ☆はうす」
B 「おしかけRIOT」

chaccu
B 「恥辱遊戯」
A 「ワルプルギスの淫夢愛奴イリス」
中年
A 「年刊中年チャンプ」 →感想
A 「年刊中年チャンプ合併合」
A 「年刊中年チャンプ初期作品号」
ちょちょ
沈没
A 「熱帯バナナガール」
月野定規 
S 「♭38℃ Loveberry Twins 」
A 「b37℃」
A 「妄想ダイアリー」
A 「星の王子(ゴシュジン)サマ」
A 「痴情の女」
A 「アフタースクール」
A 「残念王子と毒舌メイド」

月見大福
月吉ヒロキ
A 「独蛾」
つつみあかり
妻龍いずも
B 「お姉ちゃんは肉便器」
椿十四郎
A 「近親相姦ってイケナイ事だからしたくなるんでしょ?」
A 「シスター⇔シスター」
鶴田文学
B 「好きにしていいよ?」
De
B 「小悪魔と仔羊と子猫たち」
DISTANCE 
A 「しちゃう?」
B 「My SLAVE」
B 「My SISTER]
A 「美~ちく」
S 「HHH トリプルエッチ」
T.K-1
A 「Fの誘惑」

D.P 
B 「ポコといっしょ」 
B 「ポコとワンダフル」
ディープ淫パクト
A 「ディープバレー」
てっちゃん
B 「みるくえんじん」

てりてりお
B 「めがね学校」
A 「な美らる」
A 「うみんチュッ」
A 「クチュトリス!」
天竺浪人
B 「PARADISE LOST」
B 「凌鬼の刻~アルカイックエンジェル~」
A 「泉さんの季節」
A 「凌鬼の果~アルカイックエンジェル~」
A 「果蜜痴態」
A 「穢夢への供物」
A 「淫夜行路」
土居坂崎
B 「ナカダシャー」
C 「ボインボン」
唐辛子ひでゆ
峠比呂
B 「リボラバ!」
東西
B 「Incest Taboo」
A 「人妻さんといっしょ」
A 「なで²しこ²」
道満晴明
A 「最後の性本能と水爆戦」※成コミマーク無
ドゥンガ
B 「ラブケツ」
刻江尋人
トキサナ
Dr.P
B 「あなたが触れるたび」
A 「侵略的恋愛主義」
A 「恋愛スタンピード!」
A 「僕んちのミカゲさん」
徳田しんのすけ
どざむら
B 「ハルカ69」
B 「ハルカ69(2)」
tosh
A 「めんくい!」
トッド小山田
ドバト
B 「ロリビッチなう!!」
巴天舞
A 「Sandwich Sisters」
トモセンシュサク
ドリル汁
B 「スペルマスター」
奴隷ジャッキー
B 「お姉がイイっ!」
B 「しりある!」
どわるこふ

・な行
ナイロン
C 「ナイロン100%」
中嶋四号
B 「放課後スレイブ」
中曽根ハイジ
B 「ガールズヘヴン」
永田翼
中田モデム
B 「筆おろしちゃいました チェリーBoys be」
永間ひさし
C 「だって貧乳だもの。」
仲峰紘史
B 「あねカノ」
中山哲学
B 「たぷラブ」
ながら屋
流一本 
A 「うぃーく・ぽいんと」 
A 「オフサイドガール」
B 「女の子バザー」
B 「み~とほ~る」
流ひょうご
ナックルカーブ
A 「純情発情期」
七鍵智志
A 「生はめチューどく」
七瀬瑞穂
B 「あねまん」
なぱた
A 「好きだらけ」
なまもななせ
行方ふみあき
B 「…やって!」
鳴子ハナハル
A 「少女マテリアル」 →感想
なるさわ景
A 「熊切さんはデレない」
成島ゴドー/南里孝一郎
B 「牝化計画」
B 「墜淫」
南北
A 「恋人ルール」
無望菜志
B 「剣より強し」
笑花偽
A 「粘着体質」
A 「孕みたい彼女」
A 「恋の膣女」
西安
A 「自慰支援委員会」
A 「LOVE DOLL」
B 「エプロンプレイ~未亡人食堂繁盛記」
A 「すくすくアイドル」
B 「おとながおもちゃ」
西川康
A 「処女絢爛」 →感想
にびなも凸面体
B 「ネコキノと雨の町」
ぬきやまがいせい
B 「ささやいて、あのことば」
B 「いろ、ひめやかいろ」
猫玄
B 「あああああっ!ご当主さまっ」
猫点心
ねこまたなおみ
B 「淫にゃん娘。」
Noise
B 「ももいろノイズ」
野上武士
野良黒ネロ
A 「エロイネコ」
乃良紳二
A 「ナマナカ。」
A 「ヴァージンきらぁ」
A 「おた♡ぷり」

・は行
バー・ぴぃちぴっと
B 「小中ロック」
B 「小中ロック2」
墓場
C 「覚醒愛奴」
鋼鉄
B 「制服0
葉雨たにし
A 「いつも君を感じてる」 →感想
ハッチ
A 「オアシス」
B 「comic ped.」
A 「しょがくせ」
八宝備仁
花巻かえる
Hamao
A 「スイーツスウェット」
はましま薫夫
春風大樹
A 「制服エロチカ」
春風道人
A 「あおいちゃんアタック!」
A 「なまいきプチベリー」
はるるん
針玉ヒロキ
馬鈴薯
A 「うらはら」
A 「ちんちんかもかも」
はんざきじろう 
A 「早熟果実」
A 「ラブラブ・らんぶる」
A 「ままごと」
はんぺら
B 「おねえさんウィスパー」
B 「あねいち乳果汁」

緋鍵龍彦
東山翔
B 「Stand By Me」
A 「Gift」
A 「Japanese Preteen」
A 「Nymphodelic」

ひぐちいさみ
ピクピクン
ひげなむち
A 「ヒトカノ」
久川ちん
A 「新婚さんごっこ」
A 「発恋期」
Hisasi
A 「ポルノスイッチ」
備前泥舟
B 「理系彼女」
左カゲトラ
A 「らぶちゅーらいふ」
左橋レンヤ
A 「恥じらいBody」
ヒヂリレイ
B 「淫牝エロスケ」
美矢火
A 「純情少女エトセトラ」
ひょころー
A 「かくしデレ」
ひよひよ
ひらつらまさる
平野武士
比呂カズキ
A 「ぴゅあラブどきパラ」
廣田眞胤
B 「エッチで自分勝手でカワイイ娘」
A 「大輔くんの非実在少女+」
楓牙 
A 「教師と生徒と」 →感想
A 「先生を見てください」
フエキタシ
B 「チューべろーず」

フクダーダ 
A 「相思相愛ノート」
B 「恋におちよう」
A 「ハニーブロンド」
A 「相思相愛ノートニサツメ」
藤坂リリック
B 「FEVER!ぱっくん妹」

藤咲真
藤原俊一 
B 「アフタースクール」
藤渕タカヒサ
B 「いただきます」

藤ます
A 「Honey Syrup」
A 「Sweet Lip」
船堀斉晃
ビューティー・ヘア
ぶるまにあん
A 「ぶるまん」
不破悟

B 「やわらか体験」
BENNY'S
ベンジャミン
B 「放課後は淫魔」
Boichi
B 「Lovers in Winters」
ほかまみつり
星崎ひかる
ほた。
B 「ほった。ん!」
ぼっしい 
A 「水着彼女」
A 「お嬢様はHがお好き」

A 「ちゅーちゅーちぇりー」
A 「桃尻女子」
ボボボ
B 「PLDK」
ホムンクルス
A 「はじらいブレイク」
A 「レンアイサンプル」
堀博昭
B 「誘蛾灯」
A 「キス×アス」
掘骨砕三
A 「ひみつの犬神コココちゃん」
A 「夜に虚就く」
ぽるたん
A 「いもうと日和」
ポン貴花田
A 「ぴだごらすびっち」
PONPON
B 「ぼいトレ!」

・ま行
マイノリティ
A 「ラブ・ハン」
舞原マツゲ
A 「誘惑トライアングル」
A 「スクヌプ」
前島龍
A 「ゆめいろ半熟たまご」
B 「しゅがー☆すぽっと」
魔狩十織
巻田佳春
A 「とらぶる・すくらんぶる!」 →感想
B 「RADICALてんぷて~しょん」
牧野坂シンイチ
A 「PURE GIRL」 →感想
A 「PURE DAYS」
まぐろ帝國
A 「あいらんど 淫悦の章」
A 「あいらんど 淫虐の章」
A 「放課後奴隷倶楽部二時限目」
ますだ犬
B 「強制悩殺おっパイ蹂躙」
町田ひらく
B 「黄泉のマチ」
B 「あじあの貢ぎもの」
松任知基
まっぷ
B 「ツイン☆ついっぷる」
松本きちぢ
A 「青春18禁えっち」
松本ドリル研究所
祭丘ヒデユキ
A 「レ研-コングラッチュレイパー-」
的良みらん
真鍋譲治
C 「てぇいる・ちぇいさ~1」
まばん
A 「LOVE Hair」
maruku
丸居まる
B 「欲情ハンティング」
MARUTA
A 「彼女が恋人を好きになった理由」
B 「キミの好きな女の子のカタチ」
A 「アマノジャクが恋をして」
A 「彼女属性‐キミゾク‐」
三上キャノン
A 「いっちゃうカラダ」
みさわひろこ
Mr.Lostman
mizu
瑞井鹿央
B 「little by little」
水上桜
A 「おねだりチェリー」
みずきえいむ
B 「リップスティック」
水龍敬
みたくるみ
B 「誘惑したいカラダ」
みた森たつや
A 「ご近所もんすたぁ」
B 「わらって!桃子センセ」
みたらし候成
B 「家族どんぶり」
みづき春人
B 「いたずらなH-ip」
みつや 
A 「萌乳」
A 「パイコレ」
A 「らぶなう」
A 「クラスメイト・ビッチーズ」
緑のルーペ
A 「イマコシステム」
緑山
A 「ドリストア」
みなすきぽぷり
A 「わたしたちのかえりみち」
A 「スカートのままで」

水無月十三 
B 「我が肉に群れ集い、喰らえ。」
水無月露葉
B 「永久少女」

三巷文
宮内由香
B 「青の時代」
美夜川はじめ
B 「右脳少女左脳美女」
B 「世界で一番好きな人妻」
A 「乙女の悪戯」
宮崎摩耶
宮社惣恭
B 「プラトニック50/50」
みやびつづる
A 「母の哭く家」
みやもとゆう
向正義 
B 「銀竜の黎明 VOL.1」 陵辱
A 「銀竜の黎明 VOL.2」
B 「銀竜の黎明 VOL.3」
A 「銀竜の黎明 VOL.4」
A 「GUILTY SACRIFICE 胎動編」
A 「GUILTY SACRIFICE 完結編」
B 「真実の補完」

むこうじまてんろ
B 「バージニティ~処女と羞恥と従順と~」
ムサシマル
B 「ネイキッドプレイ」
A 「当然、妹にはナイショで」
睦茸
A 「あまみドコロ」
A 「そとの国のヨメ 通常版」
無道叡智
B 「オトメマジックオーケストラ」
むらろ
めいびい
A 「満開乙女」
メメ50
A 「ちょめちょめオトメ」
A 「りみっとぶれいく!」
A 「サカリサカラレ」
木工用ボンド
B 「エロい事してあげる」
もりたかたかし
C 「疾風紀はづき完全版」
杜拓哉
A 「大丈夫な日だから」
A 「こんなコにしたのお兄ちゃんでしょ!」
MON-MON
B 「檻の中の淫戯」

・や行
矢上健喜朗
やがみだい
B 「やがみだい傑作選 Monkey Magic」
A 「HIGH POP JK」
A 「エッチ愛JK」
矢島Index
A 「シスコン」
ヤスイリオスケ
A 「エロマンガみたいな恋しよう」 →感想
B 「BUST TO BUST」
A 「ショッキングピンク!」
八十八良 
B 「お乳屋本舗」
A 「お乳屋百貨店」
A 「ヴァージンルーム」
B 「乳惑遊戯」

矢吹豪
C 「闇路」
山井逆太郎
C 「出会う前に僕をふった貴方に捧ぐ」
山崎かずま
B 「美少女謝肉祭」
山崎かな
A 「ハメ頃しろくろり」
山下クロヲ
A 「かたいマシュマロ」

山下しゅんや
山田ショウジ
B 「Sweet TRAP」
大和川 
B 「AQUA BLESS」
A 「Witchcraft」
A 「たゆたゆ」
A 「たいへんよくできました?」
A 「Power プレイ!」

山本よし文
梢日向
B 「かまってくれなくてもいいんだからね?」
B 「ぬこ巫女たん」
槍衣七五三太
A 「恋する放課後」 →感想
A 「あいらぶ!」
A 「ふたりきりの放課後」
ゆうきともか
結城焔
B 「ぴぴる魔っ!」
由浦カズヤ
A 「イビツナ」
ゆきみ
B 「birthday」
A 「カノバナ」
ゆきやなぎ
柚木N’
B 「めちゃ姉!」
B 「シシュンキのアレコレ」
A 「めちゃLOVE」
B 「お姉コレ」
B 「姉恋」
友美イチロウ
ゆにおし
B 「痴女で野獣」
夢咲三十郎 
B 「調教学園」 
B 「調教学園2」
ゆりかわ
B 「放課後ストロベリーバイブ」
宵野コタロー
A 「ちゅーLip!」
B 「発情ベイビー」
養酒オヘペ
横槍メンゴ
A 「もっかいしよ?」
吉田あべぢ
よしの
B 「マイクロホリック」

世棄犬
A 「DOGMAN SCRAP」
B 「世棄犬廃品集Ⅰ」
米倉けんご
S 「淫笑う看護婦」
C 「私立星之端学園恋愛専科」

・ら行
らーかいらむ
らする
B 「Stripe Cats」
らっこ
B 「プラちな+」
らんち
A 「コイナカ‐恋膣‐」
乱満/おかのはじめ
りゅうとひさし
厘京太郎
るーるぱんつ
竜太
A 「ちちにくりん」
LEE
B 「ケモミミ温泉へようこそ」
嶺本八美
A 「LILLIPUTIAN BRAVERY 完全版」
B 「無防備年齢宣言」
B 「裏山のひみつ基地」
LEYMEI
A 「堕ちた天使達の残影」
RAYMON
C 「橙果と桃華 ~燻る想いは湯に梳けて~」
RED-RUM
B 「LOVE DOLL」

ReDrop

A 「ナツコイ」
B 「乙女ドロップス」
A 「ヘンカノ」
レオパルド
B 「ふたり嫁」
ryoma
A 「恋愛♡せれぶれーしょん」
ろーるぱんつ
A 「ROLL☆ON」

・わ行
渡和矢

A 「アマゾネス・キッド」
和六里ハル
A 「大妹」
A 「新婚姉妹」
B 「さんかくかん」
A 「トロピカル☆母娘mix」
わらしべ
B 「処女ゴコロ」
完顔阿骨打
B 「ふたなりイエスタディ」

| | コメント (0)

うたわれるものらじおメモリアルブック~ふたりの旅路~

Posiudkuaioiudioiuak

・・


いや、とうとう読みました。うたらじムック本!

とりあえず、写真がエロいというか、どこのカップルですかあなた達?
ってな具合に顔が近いは、体は密着してるは!
本当にご馳走様でした。

それにしても本当に綺麗に写られてますね。
見開きのものなんて背景ともども非常に美しい~

写真以外のコンテンツでは力也さん、柚姐、日高さん、剛志兄貴にSuaraさんのインタビュー記事があったり、うたらじの名言やら、登場した食べ物、ゲストの十の質問の一覧、うたらじの奇跡をキーワードで振り返るコーナーやら、音泉で公開された力也さん&柚姐のコメント等など、資料的な面でもかなりの充実っぷりでした。

それとアクアプラスの望月氏と力也さん、柚姐の対談も読み応えあり。

というわけで、うたらじファンなら買って損はなし。
おまけでうたらじCD特別編まで入ってるあたり、すごい熱の入れようですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同人イベントレポ&巡回リスト

・サンシャインクリエイション
サンクリ32
サンクリ33
サンクリ36
サンクリ37

・コミックマーケット
コミケ70
コミケ71
コミケ71サークルリスト
コミケ72
コミケ72サークルリスト
コミケ73
コミケ73サークルリスト
コミケ74
コミケ74サークルリスト
コミケ75
コミケ75サークルリスト
コミケ76
コミケ76サークルリスト
コミケ77
コミケ77サークルリスト
コミケ78
コミケ78サークルリスト
コミケ79

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ感想

天元突破グレンラガン 26話

あれ、最終回じゃないの?びっくり。次回が最終回と嬉しい誤算。
螺旋族の業の深さを知っても、
まだ見ぬ明日に怯えて、今を後悔したくねぇ!
といってのけるシモンに痺れた!
いつの間にか、良い親父になってるロージェノムもいいね。

そしてここでアニキ再登場!
この展開は熱すぎです。後ろから声をかけてくるってのがもうね…
好きなほうを選べ!
って無茶苦茶な台詞が実にアニキらしくて泣けた。
成長したシモンとアニキのやり取りとか素敵すぎるだろ…

ヨーコ復活のシーン。
カミナがチャンネル回してヨーコが消す演出とかも好き過ぎる。
ヴィララルはもう違うアニメかと思ったよw
こいつもかっこいいなぁ。

ってなわけで、次回最終回。
最近の展開にちょっとだれてしまっていた自分ですが、
ここにきてテンションが一気に盛り上がる演出は流石の一言。

DTB 黒の契約者 24話

正直、殺しすぎだろ…
黄のおっさんを殺さないでよ。猫は人格保つのに組織の力を必要としていたから、いつかは切られるとは思ってましたが、切ねぇ。
奇跡的に生還した舞をあんな形で再登場させたってのも微妙ですね。
なんのための2話使って生還させたのよと思わなくもない。
飛び降りた銀を支える黒には萌えた…
やっぱいいわこの二人。
にしてもアンバーは時間を止めるだけじゃなくて、予知夢みたいなことも可能とかなり万能能力者ですな。今回はもう幼女になってるだけに、消滅フラグの臭いがぷんぷんして凄く心配。

モノノ怪 11話

まさかの全滅END-?
カヨちゃんの生まれ変わり?まで悪い子だとは…
でも死に値するほどのことでもないだけに気の毒といえば気の毒。
と思いきや最後に新聞記者のおっさん登場で???
さりげなく坂井家がでてきてましたね。
来週で最終回、真相は果たしてどうなのか?

瀬戸の花嫁 25話

燦と永澄を別れさせる理由が実にしょぼかった…
悩まし番長はこんなんでよく昔永澄に裏切られたとか怒ってられましたね。
三河は先週心の澱を全て洗い落としたのかのようにいい奴に。
巡は修学旅行あたりで発生していた永澄フラグを綺麗さっぱり忘れているかのような吹っ切れた娘になってましたなぁ。
しかし、洗濯物のやりとりは男ならみんな覚えのあるやり取りじゃなかろうか?
相手が母親という違いがありますけど…

それにしても永澄の王子姿は中の人繋がりでロミオですね。
そーいや、もう見てないやロミオ・・・

燦パパはあんなガスなんかで昏倒しないだろ!
ちょっとショック。

| | コメント (0)

量産型はダテじゃない!

量産型はダテじゃない! (富士見ファンタジア文庫 (180-1)) 量産型はダテじゃない! (富士見ファンタジア文庫 (180-1))

著者:柳実 冬貴
販売元:富士見書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【7/10】

・あらすじ
ロボットと人間が全面戦争中の世界で、14歳にして天才技術者のヘキサ・デュアルアンは、自らが開発した最新型戦闘用UDシュナイダーの新装備を護送中、敵に襲われ乗っていた空中戦艦が撃墜されてしまい、砂漠を行軍することに。
さらに続く、敵軍の追跡から逃れるため、逃げ込んだ廃虚の研究所にて、旧タイプの古びたUD、通称ナンブと出会う。溺れるものはなんとやらで、量産型のナンブに一縷の望みをかけるヘキサだったが…

・天元突破
なあのアニメのように量産型で弱っちいはずなのに、気合と根性で最新機を倒すというご都合主義満載だけど少年漫画チックで気持ちの良いラノベでした。
まぁ、一応理由付けはありますけどね。
ヘキサを守りたいと限界まで頑張るナンブの裏には悲しい過去があったり、守られたくないヘキサの思いなどはわかりやすいので感情移入はしやすかったかな。
ただ、キャラクター同士の掛け合いは今いち面白くなかったのがマイナス。

脇役では、中佐がかっこよかったですね。
というか、中佐の戦闘スタイルがツボにはまった。肘から突き出た突起物を手のひらから釘うち機のように打ち出して戦うっていうのはなんか好き。

・というわけで、
第19回ファンタジア大賞、準入選作。
出来として今いちだったかもですが、エピローグを読む限りは次回により期待ができそうな感じはします。

・うたわれるものリンク
くるくるむ~むさん辺境の女第6話

・雑記 第三回結果報告
やっちまいました…orz
今月は全然走りませんでした。なんで体重は変わらず75キロ。
が、がんばらな!

| | コメント (0)

大江戸ロケット

天元突破グレンラガン脚本担当の中島かずき氏が手がけた演劇をアニメ化したのが本作なんですが、何気に面白いので最終回も間近なこの時期ですがご紹介。

時は江戸。老中、水野忠邦により町では贅沢品や嗜好品がご法度とされていた。
演劇はもちろんのこと、花火も例外ではなかったが、花火職人玉屋清吉は夜な夜な同心の目を掻い潜り今日も花火を打ち上げ続けていた。

時を同じく森の中、白い獣と青い獣が死闘中。
人間の横槍が入り、逃亡を図った白い獣は夜空に上がった花火をみた。

翌日。清吉の下に一人の少女が訪れる。
彼女は彼にある依頼をした。
月まで届く花火を作って欲しい、と。

本作のヒロイン空の正体は白い獣で宇宙人。
乗ってきた船が故障してしまったため清吉にロケットを作ってもらって帰ろうとしています。江戸時代にロケットなんて無理臭いですが、空の手助けにより可能という設定。
まぁ、時代考証的には緻密だったりする時もありますが、ブログが出てきたりテレビがでてきたりするはっちゃけ様が面白い。

というか、中の人のアフレコ具合で本人か偽者か確認したり、これまでのあらすじを登場人物がテレビで確認してストーリーが進んだり、壊れた長屋をあ、セル画を換えればすぐ直る的なノリで直したりと、アニメ自体に対するぶっちゃけ度が凄まじい作品です。

他にもパロネタでハガレンネタ(主人公の弟が釘宮理恵で、町の姐さんがエドの中の人)かましたり、グレンラガンネタでカミナの兄貴が出てきたりとそっち方面もやばい。

もっともストーリーは割かしシリアスな場合も多いのがよりこの作品をカオスにしてるんですが、シリアス真っ最中にも唐突にギャグが入るのもこれまたカオス。

というわけで、こんな感じのドタバタ人情SF時代劇。
こんなにカオスなのに悪役、端役、主人公問わず、キャラクターの想いがよく伝わってくる良作アニメです。
何気に一話ゲストで小山力也さんも出演してます。

現在1話~13話まで無料視聴可能なんで興味のある方は是非。
http://character.biglobe.ne.jp/special/ohedo/
って明日までやん…
紹介するのが、遅すぎたー

・うたわれるものリンク
影の宴さんアルルゥとエプロンドレス

・イラストリンク
サプリズムさんちび慎二

野良さんこなかが

| | コメント (2) | トラックバック (1)

モノノ怪が面白い!

最近、初めて見たこのアニメ。
すげー面白ぇーです。
シュールかつ斬新な映像&演出だけでも一見の価値あり。
ストーリーは分かりやすいものから、難解で哲学的なものも。
個人的には分かりやすいほうが好きで、モノノ怪シリーズでは今の所、座敷童子が好み。

で、元となった怪~ayakashi~の化猫を見てみたら…
号泣。
今までスルーしてたのは真に不覚であった。
もうあの字だけの演出には弱いのよ。

時代を飛び越え、モノノ怪を斬り続ける薬売りの男。
モノノ怪を斬る刀を抜くには、形と真と理を解き明かさねばならない。
その三つを当事者から見つけ出すまでの緊迫感、モノノ怪が生み出される因果となった人の業の深さ、刀を抜くときのカタルシス…うーん、面白い。

さて10話「化猫 序の幕」
いきなり時代がとんでましたね。モブキャラが全てマネキンってのがスゲーシュール。電車という閉鎖された空間で人がいきなりいなくなったり、あるはずのものが消えたりと雰囲気の演出は抜群でした。
化猫は二度目のネタなだけに今度はどうなるか?
11話が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バカとテストと召喚獣 3

Oiukoiukoui バカとテストと召喚獣 3

ファミ通文庫

著者 井上 堅二


【8.5/10】

・あらすじ
合宿中女子風呂覗きの疑いをかけられ、無実の罪で石抱きの刑を受けた、明久その他数名は「既に罰を受けたのだから僕らには覗きをする権利がある!」という理屈で、女子風呂覗きを決行。
当初は、良明を脅迫する謎の人物と覗きの真犯人を突き止めるための止むを得ない行動だったが、正直そんなのどうでもよくって、最終的には純粋に女子風呂を覗こうと決意を新たにするバカたちであった・・・

・バカ
もうあらすじからしてバカなわけで、期待通り楽しめました。
今回表紙を飾った、クールビューティー霧島さんと雄二との序盤のやり取りからもう堪りません。霧島さんの静かに暴走する愛が大変可愛らしい。
雄二…もう結婚まで秒読み段階です。
ホントはA組入りなはずの姫路さんも、かなり壊れてしまいました。
メイド姿の明久の写真があったら、スキャナー買って、全世界にWEB発信とかどんだけ明久大好きなんだ・・・
でも本人の目の前でそれいうと明久じゃなくても嫌われてると思うよ。

合宿中は、
音声吹き替え明久いじめとか、
Akihisaという新英単語認定いじめとか、
秀吉の風呂の割り当てとか、で笑所も多数。
いやぁ、笑った笑った。

・団結するバカ
前々回から対立していた各クラスが次第に一つの目的の下に一致団結する様は実に感動的…まぁ、目的が覗きでなければ。
餅は餅屋というわけで、覗きとくればムッツリーニ。そんな犯罪予備軍な彼は今回も良い活躍してました。

・ラブコメのお約束
そう、それは誤解イベント。あまりにもべったべたですが、あまりにも直球な誤解内容だっただけに、明久の三角関係が大きく動き、ラブコメとしてもかなり盛り上がってきましたね。しかし、最後のアレは夢オチなんじゃないかと個人的には疑っている。

・最後に、
覗きは犯罪です。駄目、絶対。

・うたわれるものリンク
Gu+さん日記にアルルゥ

・雑記
うたらじメモリアルブックを買いに大宮のアニメイトに寄ったら売り切れ・・・
マジかよ。
もう一つのゲマズは何気に場所知らなかったので、買えず。
さっき調べたらあんなとこにあったのか・・・ちくせう。
とらだけじゃなくメロンにも入れてくれればよいのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らき☆すた 最終話 「未定」

こなた達3年生にとっては最後の文化祭で、らき☆すた最終回。

みんなでチアダンスをやろうと発案をするパティ。
みんなと何か一緒にやりたいと参加するゆたか。ゆたかのやる気に引っ張られて参加するひより&みなみ。パティに買収されて参加するこなた、あっさりこなたの誘いにのるつかさに、こなたの話術の手のひらで参加したかがみ。

推して駄目なら引いてみろの見本みたいな手口と反応を見せる、こなた&かがみ。
いや~ホントかがみはかわええなぁ。
こなたの「ええぇ~いいのぉ~」はあざとすぎるw

しかし最後の最後でパティ…かなり輝いてましたね~
かがみに突っ込まれるパティとのやり取りはなかなか良かった。

田村兄…って誰?と思いましたけど、ひよりのお兄さんですかね?
ひよりの苗字なんて全然覚えてなかったんでピンときませんでしたよ。

桐箪笥をやろうとしたみゆきはえらい。
桐箪笥といえば春○部市の特産ですから。

ハルヒネタは必ず出ると予想されましたが、見事に長門ネタが。
でも思ったより自重してましたね。もっとあるかと思ったよ。

本編進出らっきーちゃんねる。
ってまだ和解してねーのかよw
一回ぐらいあきら様のデレがみたかったなぁ…
しかし、目を開いた白石は意外にかっこよい。

主要人物全員のOPチアダンス。
いや~動く動く。これすぐにニコニコで踊りがUPされたり、秋葉で踊ったりするんだろうなぁ。踊り終わった後や、本番直前のやりとりは普通の高校生らしさが滲み出てましたね。この辺の流れはラストに相応しかったと思います。

ED。
最後まで白石かよ…orz
でも歌が文化祭繋がりで、
ビューティフルドリーマーの歌だったのが救いといえば救い。

・うたわれるものリンク
影の宴さん秋を先取りうたわれ娘!

・イラスト
Cherry Berry StrawberryさんTOP絵にらき☆すたよりつかさ&かがみ

・WEBコミ
ろくでなしの詩さんいけとこ

| | コメント (0)

悪魔のミカタ666 3

悪魔のミカタ666 3 (3) (電撃文庫 う 1-17) 悪魔のミカタ666 3 (3) (電撃文庫 う 1-17)

著者:うえお 久光
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【6.5/10】

・あらすじ
ついにイハナと菜々那の生徒会長の座をかけた運動会が始まった。
グレイテストオリオンで熱血状態にある生徒達を尻目に、コウは洋平にあることを宣戦布告する。一方、落ち着きを取り戻した小鳥遊も動き始め…

・ただの運動会のはず
なんですが、なんだこのものすごいシリアスさ。
別に、負けても魂をとられるわけでも死ぬわけでもないんですが、凄まじいまでの真剣勝負っぷりでしたね。
今まで散々迷っていた小鳥遊の反撃も小気味良い。コウも負けられない以上、運動会後の二人の行方が楽しみです。まぁ、コウが勝っても賭けの実現はまずないんでしょうけど。それと終盤のアレはコウの気持ちも分かるし、イハナの気持ちも分かるで、痛々しかったですな。

・というわけで、
運動会の半ばで今回は終了。
生徒会長は誰になるのか?コウと洋平、小鳥遊の勝負の行方が気になるところ。

・うたわれるものリンク
channelQさん初音ユズ&リキ
こんなのあったら、ユズねぇにあんまりソワソワしないで~♪を歌わせたい

・その他リンク
Something Orangeさん『攻殻』から『精霊』へ。神山アニメの変遷。
シュガの態度が横柄なのには超同意。
バルサに対して女用心棒呼ばわりし続けてるあたり、バルサ個人には関心がなく、ただの用心棒としてしかみていないと思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏のあらし!

夏のあらし! 2 (2) (ガンガンWINGコミックス) 夏のあらし! 2 (2) (ガンガンWINGコミックス)

著者:小林 尽
販売元:スクウェア・エニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

スクールランブルの作者が描く、少年と不思議な女学生との一夏の物語。

の、第二巻ですが、なかなか濃い内容で面白かったです。
60年の歳月を彷徨い続けた、あらしとカヤ。
タイムリープができる二人の採り続けた過去への異なる対応。
これが全く真逆で、それぞれ正しいようにも思えるし、間違ってるとも思えるとこが悩ましい。そんな二人のそれぞれのパートナーのとった行動もまた真逆なものでしたが、特にカヤのパートナーは、関わり合いにはなりたくないなんて消極的な態度をとる一方、カヤの過去への態度の裏に隠れた臆病な面を指摘したして、なんだかんだで二人の距離が縮まるという風の、なかなか面白いコンビでした。

前回、クールなイメージだったドイツ人留学生のカヤ。
実は結構こと恋愛に関しては感情が表にでやすい人だったのが意外といえば意外。現代の若者と当時の自分の恋愛に関する態度の格差に複雑な思いを抱えて落ち込んだりと、案外情動の激しい人だったというのがかえって魅力的に見えました。

それと、今回戦時中の描写がかなり気合入ってましたね。
小林尽のこういう描写がみれたのも意外でしたよ。

というわけで、結構物語的に内容の濃い巻でした。
意外と早く終るかもしれません。
スクランを途中で投げてしまった人にもオススメしたい一冊です。

・掲載 ガンガンWING

・イラストリンク
影の宴さんうさみみかがみん

野良さんハルヒ

サプリズムさんタイガーころしあむ仕様の桜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みなみけ 4

みなみけ 4 (4) (ヤングマガジンコミックス) みなみけ 4 (4) (ヤングマガジンコミックス)

著者:桜場 コハル
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

祝☆アニメ化!

ゆったり不思議空間なショート漫画もようやっと四巻目。

1巻から変わらない空気を保ってます。
カナは、藤岡にあててんのかましたり、風呂場で裸を見られるなんてベタなラブコメやらかしてますが、まったくそういう展開に流れないのがこの漫画の凄いとこですね。
特に、裸見られた後の話がまったく別の話になってる辺りが凄すぎる。

個人的には、カナのツッコミというかボケというか、彼女の台詞が結構ツボ。
私の寝顔をみてほしい→最近はやりのプロポーズ?
なんてあたりが好きですね。

でも少しはラブコメして欲しいなぁ。
ハルカとナツキあたり、どうにかならんだろうか?

・掲載 ヤングマガジン

・雑記 ひっそりと…
こんなん始めてみました。
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=14036681

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 2

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 2 (2) (電撃文庫 い 9-2) 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 2 (2) (電撃文庫 い 9-2)

著者:入間 人間
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【8/10】

・あらすじ
僕は入院している。殺人未遂の被害者として。
マユもまた入院している。自分で頭に花瓶をぶつけた自傷者として。
この病院では一人の若い女性患者が失踪中。
もちろんそんな事件、僕には関係ないと思っていた。
マユが「死体をみつけた」なんていうまでは。
そんなマユが今度は他人に頭を花瓶で殴られていて。
さぁ、
自分の為に、またマユを助けよう。この現状から、まーちゃんを。

・ヤンデレっぷりは相変わらず
今回も見事なヤンデレ振りを披露してくれました。まーちゃん。
みーくんと離れるのが嫌で自分の頭を花瓶でどついたり、死体の女の子にまで嫉妬してみーくんに会わせようとしなかったり、挙句の果てにみーくんの漫画だと思っていた漫画が他所の女の物と知るや、ハサミでザクザク。おまけに匂いがついたといって自分の手もザクザク。うーん、ヤンデル。
ただ、主人公そのものを気にしているような描写がちらりと見え、ほんのわずかでも正常への可能性がちらりと見えたのは気のせいか?まぁ、ほんのわずかな感じですけど。

・というわけで、
今回もまーちゃんのヤンデレっぷりを楽しめたので満足。
ストーリーも悪意だらけ、裏だらけの展開が多少出来すぎに思えもしましたが、予想外を味わう?という点ではなかなか良く出来ていたかと。
ただ、キャラ同士の妙な会話は前巻のが面白かったかも。

・うたわれるものリンク
ごがつ屋さんばってんぽーずなエルルゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ感想

瀬戸の花嫁 23話
メモれ、メモれ、本物と~!
相変わらず永澄のリアクションは笑える。
今回は、永澄のファーストキスの相手、政さんの過去が明らかに。
っていうか、ひでーな豪三郎。殴ったことはともかく、その後に真相を本人に教えないどころか、引継ぎの役人に嘘までつくとは。
それにしても政さん。記憶喪失前とは顔どころか、声まで違って吹いた。
しかも、ディーさんじゃないっすか。終盤の展開はハクオロさんとディーさんのやり取りを思い出してしょうがなかったよ。
続いて悩まし番長も、燦によって幼児退行化。親子そろってとんでもねぇ。
燦が今回不知火明乃を明乃っちと呼んでたけど、あれは今回から?豪三郎も、永澄も「ち」をつけてたから今回限定の呼び方だったんだろうか。
最後のオチは委員長。
先生萌え、アフロ萌え、ヒゲ萌え…
映像が出なかっただけでも救いがありますね。

らき☆すた 23話
キャラが一通り出揃ったせいか、絡むメンバーにバリエーションが。
こなた、パティ、ひよりのオタ連合が微笑ましいですね。
一般人の友人に見られたくない同人誌を見せるこなたは外道すぎw
真面目で不器用な南もそれを笑うみゆき母、どっちもかわいかった!

精霊の守り人 23話
もう利害が一致しているだろうとのことで、狩人にバルサと戦うことを禁じるシュガ。
しかし、シュガのその後の指示が気になるところ。
すべてが一段落してバルサとチャグムが別れた後に、暗殺しようとしてるのかしら?
先週、バルサに玉砕してしまったタンダにもっと攻めていけと助言するチャグム。
チャグムに対するタンダの答えはへたれてるかもしれませんが、
納得しちゃいますね。
次回はタンダが活躍ということで期待大。

DTB 黒の契約者 22話
ノーベンバーの笑に始まり、ノーベンバーに泣かされて終った22話。
まさか、しっかり全裸を披露してくれるとは(笑)
その後のスーツ姿は、ギャップ効果もあってかやたらかっこよかった気がする。
猫のあせり具合が某魔女宅の猫を思い出せるような感じでやたらかわいかった。
しっかし、すっかり仲良くなった黒チームを見てると、頬が緩むなぁ。
黄のおっさんのデレはたまらんね。

・うたわれるものリンク
Gu+さんTOP絵に6万記念絵でカミュ

影の宴さん愛情1杯エルルゥドリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界平和は一家団欒のあとに 3

世界平和は一家団欒のあとに 3 (3) (電撃文庫 は 9-3) 世界平和は一家団欒のあとに 3 (3) (電撃文庫 は 9-3)

著者:橋本 和也
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【8/10】

・あらすじ
家族全員が特別な力を持ち、世界を救ってばかりの星弓家。
そんなある日、普段忙しく家を空けがちな元勇者で父親の耕作が帰ってくることに。
大はしゃぎだったのが、元異世界お姫様の母親、志乃。
豪華な夕食のため、食材を買いに行かされた長男、軋人は帰る途中で20歳前後の女性に出会う。
彼女は母親と父親との異世界での友人というが――

・父登場
星弓家で今まで登場していなかった唯一の人物…はエロイおっさんでした。
とにかく、軋人の父親に対する感情がとても良く分かるというか、親近感が湧きましたね。「父さん」から「親父」に呼び方を変える時のタイミングにまごついたり、今でも使い方がごっちゃになってたりとか、「流し」のスタイルで生きてきた父親の違う側面を見せ付けられたときのショックとか、普段穏和な父親しか見ていないだけにどこか父親を侮って見てしまうとことかが特にって感じですかね~

そんなわけで、今回は軋人と耕作との親子の物語+軋人の初恋と失恋の物語。
これが腹黒僧侶という人物を繋ぎに実にうまく絡んでました。

それにしても、軋人のとった行動も、耕作のとった行動もどちらも正しいと思えるだけに、最後の展開は非常に熱が入りましたね。どっちも譲れないものをかけて親子で勝負なんて実に熱い展開じゃないですか?

・ようやっとヒロインらしく?
今までいまいち影の薄かった柚島さんですが、今回は結構活躍しました。主に嫉妬関係で。一方、星弓家長女の影の薄さは相変わらず。
四女、真ヒロイン美智乃のムッツリ加減には笑えました。一体どんな発言をしたんだこの娘はw 軋人とのやり取りも微笑ましいんですよね。

・というわけで、
大変良く出来た家族ものライトノベルでした。
終りの親子の会話もなんとも気持ちが良かったです。

・うたわれるものリンク
Gu+さん日記にカミュ&カルラ

朱の音さんTOP絵にエルルゥ、アルルゥ

・イラストリンク
Cherry Berry StrawberryさんTOP絵にセイバー

MozHAMさん士郎×バゼット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アパシー学校であった怖い話

10年ちょっと前、スーパーファミコンで、「学校であった怖い話」
というサウンドノベルゲームがありました。

登場人物にも実写が使われた、なんて珍しさから、
当時プレイした私も、そこそこ記憶に残っているゲームでした。
どのぐらい怖かったか?なんて記憶は曖昧ですが、最終シナリオである殺人クラブの選択肢の多さの異常性に慄いた記憶は今も深々と残ってます。
あれはマジで異常。

そんな学校であった怖い話を、同人ゲームとして復活させたのが、
本作、「アパシー学校であった怖い話」です。

この同人ゲーム。小説版に新シナリオを追加してサウンドノベル化したものなんですが、製作スタッフに、学怖のメインシナリオライターである飯島多紀哉氏が参加されているので、もうオリジナルといっても良いかと。

簡単にストーリー紹介しますと、新聞部に所属する高校生の坂上修一は、先輩に学校の七不思議に纏わる話を7人から聞いてそれを記事にしろと任される。怪談当日、場に集まったのは予定より一人少ない6人。彼ら、彼女らの話す学校で「あった」怖い話は坂上の予想するものよりもずっと異質なものだった・・・という感じ。

プレイ時間は約6時間。シナリオは本編7話におまけシナリオ1話。
おまけシナリオは昔プレイしたことのある方ならクスリとする、ファンサービス的なシナリオで、まぁ殺人クラブネタです。
それとBGMはたぶん当時と同じものが多いかと。一通りプレイし終わると音楽室がでてくるのでファンには嬉しい仕様ですね。

さて、面白かったかというと…うーんちょっと微妙かも。
全体的に怖いというよりもグロイ、気持ち悪い系の印象が強いです。
とあるシナリオでは結局それで?と思うほど単調で予定調和的な話が二話。
1本のシナリオが短いせいもあるのですが、どうにも狂気に至る過程が唐突すぎな場合が目に付きました。じわじわ感を味わいたい人は回れ右。
ただどの話も、聞き終わると他人事でなく、聞き手の安全や安心、立ち位置に揺さぶりをかけてくる傾向がある点は昔と変わらず良いとこです。

ビジュアルはかつての実写ではなく、二次元絵。
なかなか雰囲気にあってましたし、うまい。
語り手の一人、岩下明美が個人的にはお気に入り。
人に裏切られる前に自分から裏切るという性格の歪み具合も最高。

個人的に一番面白かったのがギャグ系の話だったというのがなんか切ない。
恐怖って、不意打ちに襲ってきたり、未知だったりするとこから湧き上がる感情かと思うのですが、このゲームには不意打ちさがいまいち足りませんでしたね。
ただ、ギャグ系の話が良かったのはある種この未知の恐怖を最後まで演出して、最後にネタバレすると、それまでの嫌悪がなぜか愛嬌に感じさせれるというのが実に見事でした。あのオチは読めんかった。それとこの話の主人公だけは狂気に至る過程も良く出来てましたね。最後の最後まで主人公に感情移入してしまう話でしたよ。
あれで気がまいらないはずがねぇ。

というわけで、個人的には懐かしさを覚えつつもちょっと微妙だったかも。
怖さはいまいちでしたが、グロイのは結構きついのが2話はあるので、そっち系が好みの方は買っても損はないかも。例えば生きたまま人を解体して子宮を食べる話とかありますし。値段も1500円と手に取りやすい価格設定です。

興味のある方は公式サイトで体験版が配布されてますので、試してみては?
http://www.takiya.jp/78/

・うたわれるものリンク
影の宴さん喝采!

ごがつ屋さんトラ虎なエルルゥ、ハクオロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バカとテストと召喚獣 2

バカとテストと召喚獣 2 (ファミ通文庫 (い3-1-2)) バカとテストと召喚獣 2 (ファミ通文庫 (い3-1-2))

著者:井上 堅二
販売元:エンターブレイン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【8/10】

・あらすじ
学園祭も間近なある日、極貧設備なF組の環境を許さない瑞希の父親が転校を仄めかしたと明久は知る。転校断固反対な明久は、学祭の出し物の売り上げで、設備改善のための費用捻出、さらに召喚大会で優勝、学園長に設備の改善の直談判を目論むが…

・相変わらずのバカ
前回程の威力は感じられないものの、
バカ野郎達のやり取りは変わらず楽しいものでした。
中華喫茶にヨーロピアンなんてネーミングセンスも、召喚大会での汚い勝ち方も、翔子に追い回される雄二が逃げ込んだ女子更衣室で明久と「奇遇だね」なんて語り合うのも、教師から見事なコンビネーションで逃げ切る二人も、実に素敵なバカっぷりを披露してくれましたよ。
特に召喚大会二回戦の雄二の汚さは最高。普通に感心してしまった。

・キャラ紹介 追記

吉井明久
深まる同性愛者疑惑の他に、ロリ疑惑も追加された気の毒なバカ。
でも前回より、より男らしいとこを魅せつけてくれたため、ヒロインがこいつに惚れるのもわからんではないと思えるほどの主人公らしさは兼ね備えている。

島田葉月
今回の学園祭でバカなお兄ちゃんに会いにきたロリっ娘。
F組のとある肉体言語使いの妹さん。
「バカなお兄ちゃんのバカぁっ!バカなお兄ちゃんに会いたくて、葉月、一生懸命『バカなお兄ちゃんを知りませんか?』って聞きながら来たのに!」
とのたまったり、バカなお兄ちゃんにロリ疑惑をもたらしたりして、バカなお兄ちゃんを泣かせる自覚なき罪人。

姫路瑞希
F組。元々はA組の学力があったものの、試験本番の体調不良によりF組に。
最近は想人に対して肉体言語を使用するようになったり、嫉妬むき出しの独り言を繰り出したりとF組に染まりつつある。

霧島翔子
脳内では恐らく、結婚式、新婚旅行~出産、その他もろもろまで想定済みと思われる。終わりない愛情を雄二に捧げる学年主席の才女。
黒髪クールビューティーと彼女の愛からひたすら逃げまくる雄二との関係は、某群青な太一と曜子さんとの関係に似ている気がしないでもない。

木下秀吉
性別は「秀吉」。男とか女とかではない。
カラーページでのチャイナ姿は誰よりも良かったと思います。

・感想リンク
いつも感想中さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バカとテストと召喚獣

バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫) バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)

著者:井上 堅ニ
販売元:エンターブレイン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【8.5/10】

・あらすじ
文月学園では、成績ごとにクラス分けテストを実施し、Aクラスには冷蔵庫からクーラーまで至れり尽くせりな一方、最下層Fクラスではちゃぶ台に腐った畳と待遇をシビアにしていた。
しかし、最下層F組にも希望はあった。テストの点数に強さが比例する召喚獣を使ったクラス対抗戦。これに勝てばまるまる相手の設備と交換できるのである。
主人公の明久は、親友で組代表の雄二を炊きつけ、クラス対抗戦を始めることにしたが…

・正直すまんかった
2007年上半期ライトノベル杯にて最多得票を得た本作。
今までスルーしててホント愚かでした。いや、これは面白いですよ。
とにかく、主人公の馬鹿っぷりが楽しすぎですし、クラスメイトのノリもアホすぎて最高。単純に彼らのやり取りだけでもう満足できるので、化物語に近い威力を誇ってます。

一番ツボだったのはもちろん左利き
馬鹿っぷりのほかに、ラブコメもなかなか秀逸。
主人公は例によって、好意にまったく気がつかない設定ですが、まぁ馬鹿だからしょうがないね!と非常に説得力がある点、宜しい。

・キャラ紹介
吉井明久

この世全ての馬鹿。でも本人に馬鹿という自覚はあまりない。
まぁ、とても馬鹿なキャラなんですが、とても主人公として好感のもてる男です。馬鹿で、結構卑怯で、かなり神経図太いですが、いざという時には他人のために熱くなれますし。親友、雄二との殺し愛的な友情も笑えます。
因みに、同性愛者疑惑を持たれてたり。本人は否定するものの、特定の人物に対してだけはぶっちゃけ微妙。いや、気持ちは痛いほど分かる。

坂本雄二
F組代表。策士。かつては神童と呼ばれた馬鹿。
見た目はボクサーのように引き締まった体型で、喧嘩も強い。知恵の巡りは早いが、いかんせん使用目的があかんかった。
吉井とは殺し殺されなベストカップルですが、
ホントのところ親友想いの良いやつ。

島田美波
ドイツからの帰国子女。
同じF組クラスのとある男子に好意をもつが、まったく気づいてもらえないどころか、嫌われてると思われてる為、報われない目に会う事が多い。
想いが伝わらないストレスは想人との肉体言語で解消する素敵っ娘。
追記。貧乳。

木下秀吉
F組、真のヒロイン。
演劇部期待のホープ。A組に双子の姉がいる。
時代がかった喋り方をするが、むしろそこがかわいい。外見はともかく、本人は至ってノーマル。しかし、そのノーマルさゆえの無防備な振る舞いに、男性諸君は新たな道を開眼する他なし。

姫路瑞希
F組。元学年次席。
本来当然の如くA組行きな彼女だったが、試験中の高熱により退席したことで無得点扱いに。同じクラスのとある男子に好意を寄せるが気づいてもらえないどころか、本人に色々色恋の相談をするなんて始末で僕らを萌え転がす娘っ子。食べ物から毒物を精製する現実的には稀有な、二次元的には標準的な特技を持つ。
追記。乳は大きめ。

土屋康太
体はエロスで出来ている。
真名はムッツリーニ。エロスの権化のような男だが、バレバレでも指摘されると断固否定する無口ムッツリ男。

・というわけで、
大変面白かった!ストーリはしょっぱなからフルスロットルでストーリーの流れもいたってシンプル。あっという間に読めました。オチもしっかりあったのがなお良し。
ただ、電車内では決して読めませんね。危なすぎる。

・感想リンク
いつも感想中さん

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アーネンエルベの一日

タイプムーン初のドラマCDであり、初のまっとうなクロスオーバーもの。
約150分という収録時間にCD三枚という大ボリューム。
ブックレットもきっちりついてタイプムーンの遊び心みなぎる作品でした。

しかし、笑所の8割は譲治がもっていった気が…
そりゃあんだけ一人何役もやってれば笑わないほうがおかしい。
なかでも言峰が凶悪に最高。

奈須さん曰く、
「重度のタイプムーンユーザーに対して、ど真ん中のストレートで勝負したものです。挑戦的です。すべての踏み絵が分かるものなら分かってみろ、という踏み絵です。」とのこと。

そんなわけで、リアルタイムで活躍中のバットエンド大好きなあの人が出してる小説もバッチリネタバレされてるので、未読の方は一応ご注意。

因みに、軽度のタイプムーンユーザーな私はメルブラネタを始め結構わからないネタも多々ありました。むぅ。

ところで、このドラマCD何気にうたわれ声優率が高い。
アルクェイド&ネコアルクは柚ねぇだし、
遠野志貴&七夜志貴はマンゴーだし、
※訂正
遠野志貴&七夜志貴役はマンゴーの弟さんでした。
訂正してお詫びいたします。
ご指摘してくださったまーむーさんに大感謝。

白レンはサクヤの中の人、水橋かおりさんだし、
観光客は裸王だしで、うたわれ尽くし。
何気に裸王出番多いです。

そんなわけで、譲治祭り、うたわれ尽くし、自虐ネタ尽くし、あっと驚くオチもあり、と大いに楽しめました。しかし、白レンは見本的ツンデレだなぁ…良いね。

以下、ネタバレ感想なんで反転。

内容は、アーネンエルベに集まるタイプムーン各メインヒロイン。三人はだれがもっとも魅力的なヒロインかを公平な第三者である観光客を司会に巻き込みつつ討論。
一方、アーネンエルベの店長殺害→犯人が代わりの店長&ウェイターの流れを繰り返すというおかしな流れをやりつつ、背後で蠢くネコ精霊の陰謀と教会の戦いを描く他に、タイプムーンキャラが他にも登場ドタバタとカオスなことこの上ないコンテンツ。

やっぱり中田譲治さんが笑えましたね。
「育たない胸、減らない体重、増えない出番、噛まない呪文詠唱等など、気兼ねなくご相談下さい」に爆笑。
もうあの渋い声であほなこと言われたら太刀打ちできん。

それと気になったのがあの観光客。
なんでステンノ&エウリュアレ&ライダーと前にあったことがあったっけ?とかいうんだろ?ライダーもなんであんなに観光客に突っかかったのだろう?
あれはタイプムーンネタなのか、中の人繋がりネタなのか?
そこだけ分からないネタの中で特に気になりましたよ。

なんとなく秋葉の出番が少なかった臭いのが残念。
アルクのカレー人いぢりが聞けたのは良かった。

氷室とカレーの人が面識ありというのは意外な事実。
でも案外どうでもよかったりする。

しかしヒロイン3人の会話よりも他のメンバーのドタバタのほうが面白かったというのはどうなんだろう?

ネコ27キャット
猫派な私も是非入りたい。
「馬鹿じゃないの、ねぇ馬鹿じゃないの」のツンデレボイスは最高だったよ。

遊戯王ネタ。
奈須さんもニコニコ中毒なんでしょうか(笑)

そして最後のオチ、観光客の正体。
まさかあの人だったとはなぁ。最後の最後まで気がつかんかったよ。

・雑記 祝辞
MozHAMさん100万HITおめでとうございます!
それと10万HITの祝辞ありがとうございます~
ふふっ、買いに来たときはお二人ともいらっしゃいましたよw
その後、何度かちらちら覗いた時は、暑さで生ける屍になっているにょぶながさんお一人見かけましたよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アニメ感想とか

らき☆すた 22話
つかさの「でもそんなの関係ねぇ」には笑った。
私語はアドリブを意味してたんですかね?
それにしても不意打ちもいいとこの家族ネタには思わず涙が零れそうになりそうで、危ない、危ない。こなた母、かなたの声優はクラリス&ナウシカってのは中々のサプライズ。お焚き上げないで~には萌えたw

瀬戸の花嫁 22話
ルナの芸能活動を前半は燦が、後半は巻が手助けする?話。
燦が生肉かじった時は後ろにドーラ婆さんがみえたよ…
にしても自分が男装をした以上、女装するとーちゃんをもはや責めることはできないんじゃないだろうか?まぁ、燦パパは逆に燦の気持ちが分かって二度と女装しないかもですが。
しかしこのアニメ、誰を主役に据えても面白いなぁ。
巻とルナは案外良いコンビでしたね。

精霊の守り人 22話
タンダ告白いったー!!でも駄目だったー
まぁ、脈なしではないんだけどタイミングが悪かったです。
それでもタンダは責められません。散々、焦らされてでしょうし。
過去のジグロの戦闘シーンはすごかった。短槍を短めに持ち替えたり、動きが非常にトリッキーでかっこよかった。多対一の戦闘描写もやたらリアルな戦い方で生々しかったのも良い。
チャグムのあのシーンは見ているこっちも鳥肌もの。このアニメ効果音が何気にあなどれねぇ。そりゃ、あんな蟲?みたいのが飛んできたらパニクリますよ。

漫画ナツ100集計結果!
酔拳の王、だんげの方さんの企画漫画ナツ100の結果が発表されました。
なんと参加者総数191サイトだそうで、うへぇ。
本当に集計お疲れ様でした。

1位~99位まで
TOP10から私が入れた作品は8作品。
1位はかなり有名な上、おそらくみんな投票するだろうからなんて感じで、あえて回避した方も多いと思いますがそれでもぶっちぎりの第一位!
因みにおおきく振りかぶってはちゃんと読んだことがない。

TOP11から99からは30作品。
ケロロ軍曹、孤独のグルメはいつか読もうと思っているのですがなかなか手がつかない。ドロヘドロが56位でにんまり!19名の同志がいたことが嬉しいですね。
ジャングルはハレのちグゥ&銃夢は入れようか悩みましたが、続編が個人的に微妙になっていたので、いれませんでした。

100位~300位まで
TOP100から300までは24作品。
海猿が思った以上に低い順位がちょっとショック。

・雑記 遅まきながら…
Cherry Berry Strawberryさん影の宴さん
10万HIT、お祝いの言葉大変ありがとうございました~
特にCherry Berry Strawberryのりゅんさんからは、記念絵としてうたわれ絵を頂いて、嬉しさのあまり死にそうになりました。
こういう繋がりをネットでもてたことに非常に喜びを感じます。
どんな絵かって?それは秘密ですよん。

・雑記 たまにはジャンプ感想
ってもネウロだけですが。
傍からみればシックスの所業に怒るネウロの姿は正義の味方のようですが、あれは養殖された謎の差し出され方がまるで家畜に与えた餌みたいな扱いに感じられたんで、それに怒ってるんでしょうね。もちろんちょっとだけはそれ以外の理由で怒ってるんでしょうけど。そんなネウロが大好きだー
シックスの語る自分の中身。私はこういう単純でもっともらしい理屈をつけてとんでも理論を展開するノリが大好きです。ジョジョとかでもあるけど、こういう要素は少年漫画にとても大事だと思います。

・イラストリンク
野良さんグレンラガンよりシモン
あ~もうすぐこのアニメも終ってしまうんですね。切ない

| | コメント (0)

魍魎の匣

魍魎の匣―文庫版 (講談社文庫) 魍魎の匣―文庫版 (講談社文庫)

著者:京極 夏彦
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【7/10】

・あらすじ
クラスに友達もいなかった楠本頼子は、唯一気の許せる柚木加菜子の誘いで家出旅行に出る。しかし出発間もなく、駅のホームで加菜子は電車に轢かれて重症を負うことに。
現場に居合わせた刑事、木場は病院へ付き添うと、加菜子の姉と称する陽子を見て驚愕する。陽子は木場の憧れの女優だった。
陽子の希望で搬送されたなんとも奇妙な研究所で治療を受ける加菜子。そんな予断を許さない彼女に対し誘拐の脅迫状が届く。
一方、バラバラ殺人事件を関口と鳥口は取材していた。犯人は被害者の手足を箱にみつしりと詰めていた…

・京極堂シリーズ二作目
今年映画として公開予定の本作。…うーん、映像化して大丈夫なんだろうか?
と思わずにいられない程グロイ描写があるんですけど。
バラバラ殺人事件に、加菜子が電車で轢かれた事件、その他立て続けに事件は起きるわけですが、それら複数の事件に絡み合う人や箱。様々な伏線が明かされるラストは中々見事でしたが、なにより「匣」に憑かれた犯人の犯行のきっかけからその顛末はなかなかおどろおどろしかったですね。

・しかし、
分厚い。どうも自分は一気に読みたがる人間なんで、分厚くとも一気に読もうとするんですが、そうなると最後はヘロヘロでたとえ面白くてもいまいちになってしまう感が否めませんでした。やっぱ分厚い読み物は向いてない。

・そんなわけで、
非常に分厚いこの一冊。ミステリや人の狂気が受け付けられるかの前に、京極堂の話す独自の詭弁漂う長々とした理論、主張を読むのが苦痛だとかなり厳しい。
にしても彼は関口に対してものすごいツンデレを発揮しますね(笑)
ツン8デレ2ぐらいのある意味私の理想に近いツンデレです、この方。

因みに本作のお口直しにはすたひろBOXさんの描く、魍魎の匣漫画がオススメ。
う~ん、和む。ほう。

・うたわれるものリンク
ごがつ屋さんコミケレポ漫画続き
結構、うたわれコスの方おられたんですね。

影の宴さんカルラとアルルゥ
確かにあのシーンは印象的。そーいやうたわれキャラには子供と接するの苦手そうな人があんまり見当たらない。

・イラストリンク
くるぐる。さんDTB絵で黒、銀、猫
この表情乏しい二人が良い!

Cherry Berry Strawberryさん
TOP絵にうみねこの真理亜&C72新刊おまけハガキ絵
この真理亜はとてもかわいい真理亜。

・WEBコミリンク
MozHAMさんコミケレポ漫画
皇帝龍さんがかわいすぎる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屍鬼

屍鬼〈1〉 (新潮文庫) 屍鬼〈1〉 (新潮文庫)

著者:小野 不由美
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

屍鬼〈5〉 (新潮文庫) 屍鬼〈5〉 (新潮文庫)

著者:小野 不由美
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【6/10】

・あらすじ
外界からほぼ隔絶されたとある山村、外場村。
土葬という古い風習をもつこの村に最近、洋館が移築されてきた。
しかし、転居人はいまだ現れず、不振に思う住民達。
その後、立て続けに起こる原因不明な人の死、死、死。
気づけば、村は死に囲まれ始めていた…

・登場人物三桁超えてる?
もう、とにかく登場人物が多すぎて人物関係の把握が大変でした。
主人公が不在というのもなかなか堪える。
内容は、タイトルと土葬設定を考えればお察し頂けると思いますが、あまりホラー&スプラッタな作品ではなく(終盤はあれでしたが)、価値観の共有できない相手に善悪を問えるか?とか、強制的に価値観を変えざるを得ない立場におかれた人間のそれぞれの態度、淀む人間関係に憎悪増々な心理、それぞれの住民の生き様を重視した作品だったかな。
因みにこの作品を読むきっかけは、漫画「それでも町は廻っている」三巻で、主人公の歩鳥が読んでいた小説、怪々屍鬼のパロの元ネタだったり。

・フラストレーションが…
何分長い上に、登場人物も多く、中々話が進みません。
しかも、ほぼ主人公格のキャラクターが原因が判明したにも関わらず、事態を放置するというとんでも行為をやった挙句、そいつは何気にハッピーエンドを迎えるという結末が腑に落ちず、最後までイライラしてしまいました。それと主要登場人物の中にやや短絡的な行動が目立ったのも原因だったかも。
それに屍鬼は人を生きるために殺さざるを得ない存在として描かれてましたが、あの設定だと人を殺さずに生きてけるんじゃないかな。一回の吸血で、止めればいい訳ですし。

・各登場人物雑感
室井 静信
主人公格キャラその1。そして多大なるフラストレーションを私にくれた男。
致命的だったのが終盤。大川が室井の母親達を惨殺したことが分かった後の彼の台詞。何が絶望ですか。事態を掴んでいたのにそれを放置し、村が滅ぶことを是とし、その是とした中には当然彼の母親や光男も含まれていることは、武藤の採った行動と比較すれば明らかなわけですが、静信と母親、寺のほぼ身内に近い連中との付き合いは良好でしたし、事実母親の死に彼は悲しんでいます。だからこそ簡単に崩れた秩序に絶望するより、簡単に身内の死を招くことをよしとしたこの男自身に彼は絶望すべきです。他にも色々この男には思うところがあるのですが、うまく文章化できそうにないので、断念。

尾崎敏夫
主人公格キャラその2。屍鬼に対して手段を選ばず立ち向かおうとした医者。
うーん、どうにも手段がうまくない。どうして女房にすらあそこまで思い切った覚悟があった割にはまるで生かせてない。というかなんで生きた証拠をあっさり殺しちゃうのさと、突っ込まずにはいられませんでした。そしてなぜ病院のスタッフ達に真相を告げなかったのか。途中や終盤でも語られてましたが、確かに彼は事態の中心にいて自分の存在意義を確かめたかったんでしょう。やる気のないクラスで一人頑張る、文化祭実行委員という立ち位置な人に見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »