« バカとテストと召喚獣 | トップページ | アパシー学校であった怖い話 »

バカとテストと召喚獣 2

バカとテストと召喚獣 2 (ファミ通文庫 (い3-1-2)) バカとテストと召喚獣 2 (ファミ通文庫 (い3-1-2))

著者:井上 堅二
販売元:エンターブレイン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【8/10】

・あらすじ
学園祭も間近なある日、極貧設備なF組の環境を許さない瑞希の父親が転校を仄めかしたと明久は知る。転校断固反対な明久は、学祭の出し物の売り上げで、設備改善のための費用捻出、さらに召喚大会で優勝、学園長に設備の改善の直談判を目論むが…

・相変わらずのバカ
前回程の威力は感じられないものの、
バカ野郎達のやり取りは変わらず楽しいものでした。
中華喫茶にヨーロピアンなんてネーミングセンスも、召喚大会での汚い勝ち方も、翔子に追い回される雄二が逃げ込んだ女子更衣室で明久と「奇遇だね」なんて語り合うのも、教師から見事なコンビネーションで逃げ切る二人も、実に素敵なバカっぷりを披露してくれましたよ。
特に召喚大会二回戦の雄二の汚さは最高。普通に感心してしまった。

・キャラ紹介 追記

吉井明久
深まる同性愛者疑惑の他に、ロリ疑惑も追加された気の毒なバカ。
でも前回より、より男らしいとこを魅せつけてくれたため、ヒロインがこいつに惚れるのもわからんではないと思えるほどの主人公らしさは兼ね備えている。

島田葉月
今回の学園祭でバカなお兄ちゃんに会いにきたロリっ娘。
F組のとある肉体言語使いの妹さん。
「バカなお兄ちゃんのバカぁっ!バカなお兄ちゃんに会いたくて、葉月、一生懸命『バカなお兄ちゃんを知りませんか?』って聞きながら来たのに!」
とのたまったり、バカなお兄ちゃんにロリ疑惑をもたらしたりして、バカなお兄ちゃんを泣かせる自覚なき罪人。

姫路瑞希
F組。元々はA組の学力があったものの、試験本番の体調不良によりF組に。
最近は想人に対して肉体言語を使用するようになったり、嫉妬むき出しの独り言を繰り出したりとF組に染まりつつある。

霧島翔子
脳内では恐らく、結婚式、新婚旅行~出産、その他もろもろまで想定済みと思われる。終わりない愛情を雄二に捧げる学年主席の才女。
黒髪クールビューティーと彼女の愛からひたすら逃げまくる雄二との関係は、某群青な太一と曜子さんとの関係に似ている気がしないでもない。

木下秀吉
性別は「秀吉」。男とか女とかではない。
カラーページでのチャイナ姿は誰よりも良かったと思います。

・感想リンク
いつも感想中さん

|

« バカとテストと召喚獣 | トップページ | アパシー学校であった怖い話 »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/7869609

この記事へのトラックバック一覧です: バカとテストと召喚獣 2:

« バカとテストと召喚獣 | トップページ | アパシー学校であった怖い話 »