« アーネンエルベの一日 | トップページ | バカとテストと召喚獣 2 »

バカとテストと召喚獣

バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫) バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)

著者:井上 堅ニ
販売元:エンターブレイン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【8.5/10】

・あらすじ
文月学園では、成績ごとにクラス分けテストを実施し、Aクラスには冷蔵庫からクーラーまで至れり尽くせりな一方、最下層Fクラスではちゃぶ台に腐った畳と待遇をシビアにしていた。
しかし、最下層F組にも希望はあった。テストの点数に強さが比例する召喚獣を使ったクラス対抗戦。これに勝てばまるまる相手の設備と交換できるのである。
主人公の明久は、親友で組代表の雄二を炊きつけ、クラス対抗戦を始めることにしたが…

・正直すまんかった
2007年上半期ライトノベル杯にて最多得票を得た本作。
今までスルーしててホント愚かでした。いや、これは面白いですよ。
とにかく、主人公の馬鹿っぷりが楽しすぎですし、クラスメイトのノリもアホすぎて最高。単純に彼らのやり取りだけでもう満足できるので、化物語に近い威力を誇ってます。

一番ツボだったのはもちろん左利き
馬鹿っぷりのほかに、ラブコメもなかなか秀逸。
主人公は例によって、好意にまったく気がつかない設定ですが、まぁ馬鹿だからしょうがないね!と非常に説得力がある点、宜しい。

・キャラ紹介
吉井明久

この世全ての馬鹿。でも本人に馬鹿という自覚はあまりない。
まぁ、とても馬鹿なキャラなんですが、とても主人公として好感のもてる男です。馬鹿で、結構卑怯で、かなり神経図太いですが、いざという時には他人のために熱くなれますし。親友、雄二との殺し愛的な友情も笑えます。
因みに、同性愛者疑惑を持たれてたり。本人は否定するものの、特定の人物に対してだけはぶっちゃけ微妙。いや、気持ちは痛いほど分かる。

坂本雄二
F組代表。策士。かつては神童と呼ばれた馬鹿。
見た目はボクサーのように引き締まった体型で、喧嘩も強い。知恵の巡りは早いが、いかんせん使用目的があかんかった。
吉井とは殺し殺されなベストカップルですが、
ホントのところ親友想いの良いやつ。

島田美波
ドイツからの帰国子女。
同じF組クラスのとある男子に好意をもつが、まったく気づいてもらえないどころか、嫌われてると思われてる為、報われない目に会う事が多い。
想いが伝わらないストレスは想人との肉体言語で解消する素敵っ娘。
追記。貧乳。

木下秀吉
F組、真のヒロイン。
演劇部期待のホープ。A組に双子の姉がいる。
時代がかった喋り方をするが、むしろそこがかわいい。外見はともかく、本人は至ってノーマル。しかし、そのノーマルさゆえの無防備な振る舞いに、男性諸君は新たな道を開眼する他なし。

姫路瑞希
F組。元学年次席。
本来当然の如くA組行きな彼女だったが、試験中の高熱により退席したことで無得点扱いに。同じクラスのとある男子に好意を寄せるが気づいてもらえないどころか、本人に色々色恋の相談をするなんて始末で僕らを萌え転がす娘っ子。食べ物から毒物を精製する現実的には稀有な、二次元的には標準的な特技を持つ。
追記。乳は大きめ。

土屋康太
体はエロスで出来ている。
真名はムッツリーニ。エロスの権化のような男だが、バレバレでも指摘されると断固否定する無口ムッツリ男。

・というわけで、
大変面白かった!ストーリはしょっぱなからフルスロットルでストーリーの流れもいたってシンプル。あっという間に読めました。オチもしっかりあったのがなお良し。
ただ、電車内では決して読めませんね。危なすぎる。

・感想リンク
いつも感想中さん

|

« アーネンエルベの一日 | トップページ | バカとテストと召喚獣 2 »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、お久しぶりです。

私も完全にスルーしておりますこの作品。2007年上半期の人気作だったんだ?っていうか、井上堅ニさんの名前すら初めて・・^^;

>これに勝てばまるまる相手の設備と交換できるのである。

クイズ番組みたいな設定ですなあwこれでもう興味持ちましたが、キャラの設定見るとさらに面白そうですね。自覚のない馬鹿とかいもいいですが、土屋康太ってどんなヤツかと(笑)私も買って読んでみます。

投稿: まつ | 2007年9月 9日 (日) 01時36分

まつさん。お久しぶりです!

バカとテストと召喚獣は、シリーズ部門で最多得票を得た作品です。確か、今年登場の新人さんだと思うので、まつさんが知らなかったのも無理はないかと。

>土屋康太ってどんなヤツかと(笑)
もう渾名そのまんまなヤツですよ(笑)
何気に見せ場もしっかりあるから侮れません。

>私も買って読んでみます
興味を持って頂けたようで光栄です。
あのノリが嫌いでなければ間違いなく楽しめる一冊ですよ。

投稿: ツキノモリ | 2007年9月 9日 (日) 14時46分

誰がムッツリーニだ(笑)確かに合ってる(笑)いきなりすいませんでした

投稿: | 2007年9月10日 (月) 01時02分

ムッツリーニという渾名は作中、校内では女子に軽蔑され、男には畏敬の念を抱かれてます。そんな通り名に相応しい人物ですよ。彼は。
盗聴器なんかも持ってるので、若干将来が危惧されますね。

投稿: ツキノモリ | 2007年9月10日 (月) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/7846080

この記事へのトラックバック一覧です: バカとテストと召喚獣:

« アーネンエルベの一日 | トップページ | バカとテストと召喚獣 2 »