« ねくろま2 | トップページ | 有頂天家族 »

瀬戸の花嫁&グレンラガン 最終回

瀬戸の花嫁 最終話

あ~非常に素晴らしいアニメでした。
最終回、イケメンDQN義魚に攫われた燦を救うという比較的シリアスな話でも、
しっかり笑いどころは抑えられてましたし、終盤、永澄の超越っぷりが
実に爽快でハッピーエンドなラストがもう最高。

つか、銃弾を歯で止めたり、気合ではじいたり、素手で止めたり、
マジ、ありえない。

それにしても、義魚の中の人、浪川氏の演技はかなりうまかった。
この人ついちょっと前はモーホー僧侶をやってたりと芸の幅が広いですね。
さすが裸王。

藤代さんは待ち受けを永澄にしてたり、永澄君を食べていいのは僕だけ?
とかいったり、どんだけ永澄好きなんだよ(笑)

それと豪三郎に永澄の心意気が認められるシーンも良かった良かった。
燦の永澄と会話する時と、直後の義魚との会話のギャップもまた堪らんですな。

モブキャラのフルボッコにしてやんよ!や地元じゃ最強ネタにも笑った笑った。

最後は、元に戻らないままの永澄でしたが、こんなオチが実にこのアニメらしかった。

というわけで、今期のアニメの中でダントツに笑えるアニメだったのは間違いない。
笑を前面に出しつつ、何気に感動も狙ってくるとこがさらに侮れませんでした。

因みに今期のアニメで最も気に入った声優は主人公、永澄役の水島大宙さん。
彼の声芸が永澄の顔芸をより笑えるものに昇華していたのは確実で、
ラブレター回の「それがこれだYO!」はいまだに脳内リフレインが可能。

グレンラガン 最終話

これほど規模のでかい戦いはあっただろうか?
アンチスパイラスの道理もなく!の件がスゲーかっこよかった。
良い声だすなぁ、中の人。

原点回帰で最後はラガン単騎で突っ込むのも熱い熱い。
エンディングはハッピーエンド好きな私にはちょっと酷。
ご都合主義が好きなわけでもないけど、なんとか生かせなかったのかなぁ。
アンチスパイラルにあんだけ啖呵きった割りに、あっさり後続に全てを任して去るシモンに疑問を感じずにはいられませんでしたけど、これは英雄はただ去るのみの美学を優先した結果かな?
でも20前半でもう後続に任せるって、世代交代早すぎだろ(笑)

20年後、シモンの片目がロージェノムと同じになっとりましたな。
ブータはどんだけ長生きなんだ。

ってなわけで、今期最も熱いアニメであったのは間違いない。
サントラ欲しくなってきたー

|

« ねくろま2 | トップページ | 有頂天家族 »

アニメ感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸の花嫁&グレンラガン 最終回:

» 「天元突破グレンラガン BEST SOUND」本日発売 [えぬぱすどっとねっと]
最終話を迎えたTVアニメ・天元突破グレンラガンの音楽の集大成として、「天元突破グレンラガン BEST SOUND」【AA】が本日2007年10月3日に発売されました。 [続きを読む]

受信: 2007年10月 3日 (水) 15時55分

« ねくろま2 | トップページ | 有頂天家族 »