« 福音の少年 王立図書館十字軍 | トップページ | タザリア王国物語 影の皇子 »

ドラゴンキラーいっぱいあります

ドラゴンキラーいっぱいあります (C・NovelsFantasia う 2-2) ドラゴンキラーいっぱいあります (C・NovelsFantasia う 2-2)

著者:海原 育人
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【8/10】

・あらすじ
ドラゴンキラーのリリィと少女アルマ+黒猫との同居生活を送ることになった便利屋のココ。大喰らいのリリィのおかげで家計は火の車。にも関わらず、なぜか減っていく仕事。そんな中、偶然街中で出会った人物は、ココの軍人時代の上官で…

・すっかりやさぐれた
リリィの罵詈雑言にココが言い様にあしらわれるようになってきたのを読んでいると頬がニヤニヤしてきます。
昔の上官の前で次第に自分の調子を見失っていくココですが、そんな彼を立ち直らせるリリィの言葉が彼らの関係に似つかわしく、なんだかんだで良い腐れ相棒関係が成立してるなぁと微笑ましかったですね。
終盤は、ココのアルマへの言葉に父性が感じられて、リリィとココの相棒もの+アルマを絡めた擬似家族ものの様相を呈してきた感がありました。リリィは過保護な母親、ココは厳しくも理解ある父親といったところかな。

・というわけで、
なかなか面白かったです。タイトルがネタバレになってるのには笑った。

・感想リンク
booklines.netさん

|

« 福音の少年 王立図書館十字軍 | トップページ | タザリア王国物語 影の皇子 »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/9367561

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴンキラーいっぱいあります:

« 福音の少年 王立図書館十字軍 | トップページ | タザリア王国物語 影の皇子 »