« ドラゴンキラーいっぱいあります | トップページ | きつねのはなし »

タザリア王国物語 影の皇子

Photo 影の皇子

著者:スズキ ヒサシ
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【7/10】

・あらすじ
貧民街で盗みを糧に、幼い少年少女と暮らしていたジグリットは、とある事件を契機に出会った騎士からこのタザリア王国の皇子と自分が瓜二つであることを理由に王宮へ連れて行かれることとなった。
皇子の影武者として教育を受けるジグリットは文武ともにめきめきと才能を伸ばしていく一方、本物の皇子は部屋からでなく、臆病な性格で――

・皇女が凄すぎる
ヤンデレ大全にも挙げられていたタザリア王国の皇女の極悪さは聞きしに勝るものでした。ジグリットが故郷を懐かしんで帰りたがろうと察知すれば、故郷の貧民街を放火し、共に暮らしていたかつての仲間をほぼ皆殺し。ジグリットと仲の良い侍女がいれば階段から落とさせて半身不随にし王宮から放逐とやりたい放題。
日常での言葉と暴力によるジグリットへの苛めが生優しくみえてくるから困る。
そんな彼女もジグリットが死んだという知らせを受けると食事も喉を通らないほどに憔悴しきってしまうあたりかわいいと思…わない。

・というわけで、
皇女のインパクトが凄すぎた。
終盤の展開から皇女が次にどう動くのかが実に見ものでありますね。

・感想リンク
booklines.netさん

うぱ日記さん

・イラストリンク
MozHAMさんひぐらしのなく頃に

ぶれいくびーとさんちょっと休憩中なサンタ

|

« ドラゴンキラーいっぱいあります | トップページ | きつねのはなし »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/9335614

この記事へのトラックバック一覧です: タザリア王国物語 影の皇子:

« ドラゴンキラーいっぱいあります | トップページ | きつねのはなし »