« ドラゴンキラーあります | トップページ | とらドラ6! »

図書館戦争

図書館戦争 図書館戦争

著者:有川 浩
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【8.5/10】

・あらすじ
前略、お父さん、お母さん。お元気ですか。
私は念願の図書館に就職でき、今は軍事訓練に励む毎日です。上官は私にばかり厳しくて嫌なやつですが、こんなことではへこたれません。私の憧れた王子様みたいにいつか必ず立派な防衛員になってみせます。

・月9だよ
とあとがきで書かれているように連続ドラマを意識しているせいか、登場人物全員ライトノベルと比べて、現実にいる人々よりに近い言動をとってますね。
それでも一見大人らしい厳しい言動をしたかと思えば、なんだかんだで子供っぽい部分を上官、部下、おっさん、ヒロイン問わずもっているところに魅力を感じました。

主人公でヒロインの笠原郁は猪突猛進、元気溌剌な体力バカ娘で、直属の上官である堂上に反発してばかりなんですが、その反発が甘えだと知って反省したり、たまに堂上に優しくされて涙ぐんだりとかわいらしいことこの上ない。

一方、堂上は堂上で厳しい上官としての郁とのやり取りが面白いんですが、郁に対しては扱いずらい事情があって彼の胸の内を知るとニヤニヤしてしまいます。

他の登場人物も最初嫌われ役と思われた奴がそうでもなかったりと、一人一人キャラとしての役割ではない人間味が感じられたのが良かったかも。

・しかし、
同じ国の機関同士で本の奪い合いで殺し合うっていうのはさすがにどんなに説明されても馴染めませんね。

・というわけで、
面白かったです。来年4月ではノイタミア枠でアニメ化が決定しており、今のもやしもんのクオリティなんかを鑑みますと期待。っていうか、プロダクションIGじゃないか!

・感想リンク
ウパ日記さん

booklines.netさん

・今日のニコニコ動画
ペルソナ3エンディング キミの記憶 ピアノアレンジ
駄目だ名曲すぎる…

|

« ドラゴンキラーあります | トップページ | とらドラ6! »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/9302471

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館戦争:

« ドラゴンキラーあります | トップページ | とらドラ6! »