« だめよめにっき | トップページ | 量産型はダテじゃない!2 »

図書館革命

     こちらは関東図書隊だ!あたしたちは、ここだ――――――!

【9/10】

・あらすじ
日本初となる大規模原発テロ事件が発生。犯人らの手口は「原発危機」という本にそっくりで、メディア良化委員会による作者、当麻蔵人への身柄拘束の危険が高まった。もし、これを許せば次々と作者狩りが始まるだろう。不当な検閲から本と作者を守る、図書隊の大きな戦いが始まった。

・あまーい!
しょっぱなから堂上と笠原のデート描写が10代中高生の初々しさより初々しくて胸焼けしそうになるぐらい甘かった。とにかく笠原が挙動不審すぎで、女の子すぎる。
服装とか、化粧とか、下着とか、ベタなとこで悩んでだり、慌てたりしてたわりにはやたら新鮮な可愛さがあったですよ。

・びっくりしたのは
柴崎のあの行動でしょうか。まさか自ら手塚にキスをするとは…その後の手塚兄とのやり取りをみると末恐ろしい女です。もう尻に敷かれる人生しか見えないよ手塚。

笠原も堂上に自分からキスしにいくとか、女性陣が積極的で笑った。

どちらかというと笠原のようにキャラ読みに走りがちな図書館シリーズですが、今回はストーリーも最初の裏をかきあう戦いから法廷闘争、最後のスピーディな展開とかなり楽しく読めました。にしても序盤の稲嶺司令のかっこよさは異常だろ。
言葉の重みがダンチ。

・というわけで、
大満足エンタメ小説でした。主要キャラみんな好き。
エピローグに到る物語がどっかで補完されてほしいところ。

・イラスト~
影の宴さんアルルゥとおと~さん

・ニコニコ動画~

電脳コイルの世界もすぐそこにっ!!

なんでもこういう方向にもっていく人たちが大好きだ!

2007年ベストエロゲー投票結果上位ランキング
確かに1位の作品は面白かったけど、傑作とか名作には及ばないと個人的には思うので、2007年は豊作とはいえない年だったのかなぁ、とエロゲー下級戦士は思ったのでした。にしてもカタハネはなんでこんな評価高いのに、980円で売られてるんだろう?音楽の良さ、ココの可愛らしさだけでもかなりのもんなのに。

|

« だめよめにっき | トップページ | 量産型はダテじゃない!2 »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/9958628

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館革命:

« だめよめにっき | トップページ | 量産型はダテじゃない!2 »