« 鉄球姫エミリー | トップページ | やっぱ女は恐ええぇ »

修道女エミリー

【7/10】

・あらすじ
幼い頃、グレンの尊敬する護衛騎士が語った鉄球姫エミリーに憧れたグレンは、修道院の院長に就任したエミリーの下へ護衛騎士として赴くが、目の当たりにしたエミリーは下品で粗野な姫の品性のカケラも無い女性だった。おまけに護衛騎士として認められないといわれてしまい…

・主人公交代?
新たに登場した護衛騎士グレン。今回は彼がほぼ主人公的な位置にいたため、客観視点で語られるエミリーが魅力的でしたね。前回同様、厳しい内容でしたが、人死にの観点からはまだまだ明るい内容だったかな。

グレンはエミリーを暗殺しようとした黒幕の息子っていうのも今後どう話が展開していくか見ものですね。最後の展開とグレンのキャラクターからすると、今後厳しい展開を迎えようとも、1巻のような凄惨なことにはならない気がしますが、そうなるとこのラノベの面白みが減ってしまうようなと思うのはどうなんだ。

・というわけで、
戦闘シーンを斜め読みしてしまいがちですが、楽しめたかな。

・感想リンク
積読を重ねる日々さん

好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!さん

|

« 鉄球姫エミリー | トップページ | やっぱ女は恐ええぇ »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/10324113

この記事へのトラックバック一覧です: 修道女エミリー:

« 鉄球姫エミリー | トップページ | やっぱ女は恐ええぇ »