« 阪急電車 | トップページ | くらしのいずみ »

イマジン秘蹟 2

              あれが恋だというのならば
         俺の初恋はまさしく、人でなしの恋…だった

【8/10】

・あらすじ
学園の“魔女”を祓う変人美少女集団<イマジン>に強制入部させられた俺は、相変わらず先輩達に酷使される毎日を送っていた。そんなある日、クラスメイトから渡された果たし状に従って図書室に行くと車椅子の儚げな美少女がいて俺と友達になりたいという。半径3メートルの世界にひょっとしたら入れてしまうかもしれない魅力を彼女はなぜかもっていて…

・正直設定が忘却の彼方に
魔女がどういったものか、世界は何気に浸水しつつあるとか、3ヶ月前ぐらいに読んだはずなのに、もうまるで覚えてなかったんですが、<イマジン>部長の大道寺先輩が自分のストライクキャラなんで普通に楽しめました。

大道寺先輩は黒髪長髪でヤンデレ、ツンデレのハイブリッドキャラなんだぜ?イラストが狼と香辛料の支倉氏というのもグッドです。

前回弱みを曝け出してしまった先輩が、今回からどうなるかと思ったら、なかったことにする態度で落し所を見つけたようでした。それでも、穿いてるか穿いてないかで勝負したり、随所に主人公に対する誘い受けな姿勢が目立ってニヤニヤ。

最後のあのパニくりようがまたツボなんだよなぁ。

・車椅子の少女
大道寺先輩がいるのに、急速に気になり始めた主人公には少々違和感を感じましたが、彼女との物語もおおむね楽しめました。途中わけがわからん展開もありましたが終ってみれば納得。ただ、もう少し親切設計にして欲しい。

・というわけで、
面白かったんですが、登場するヒロインが皆電波で、主人公が中二病というか、作者自身小二病を自称してるんで駄目な人は駄目な作品かも。

|

« 阪急電車 | トップページ | くらしのいずみ »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/10214824

この記事へのトラックバック一覧です: イマジン秘蹟 2:

» [ラノベ]イマジン秘蹟(2)人でなしの恋[本田透] [しばいてぃてぃ]
イマジン秘蹟 2 (2) (角川スニーカー文庫 204-2)posted with amazlet on 08.02.15本田 透 角川書店 (2008/02/01)売り上げランキング: 5922Amazon.co.jp で詳細を見るイマジン秘蹟 第02巻「人でなしの恋」 / 著者:本田透 / イラスト:文倉+ 学園の“魔女”を祓う...... [続きを読む]

受信: 2008年2月15日 (金) 21時04分

» 本田透 イマジン秘蹟 2.人でなしの恋 [たかいわ勇樹の徒然なる日記]
 最近の記事はFlashやPBMの話題ばかりでしたけど、ちゃんと本も読んでるんですよ。て言うか、一年のうち本を読んでない日は圧倒的少数派なんですよ、私。まあここによく来ている方なら多分ご存じのことと思いますが。まあたかが1週間本の感想が開いたくらいで書くことではないと思いますが、そこは枕ということで。  というわけで、今回の感想は本田透先生の小説「イマジン秘蹟」の最新巻「イマジン秘蹟 2.人でなしの恋」です。... [続きを読む]

受信: 2008年2月16日 (土) 22時30分

« 阪急電車 | トップページ | くらしのいずみ »