« 世界平和は一家団欒のあとに 4 | トップページ | 不気味で素朴な囲われた世界 »

本の姫は謳う 2

【7/10】

前回の設定とか色々忘れていて、たまに話の流れについていけなくなりそうに。それはそうと、前巻で示された重要な問題が、今回ではさらっと解決していて、しかもそれに対して登場人物のリアクションがなかったような気がしたのがやや気になった。

今回も過去と、現在を交互に語っていくんですが、割と過去の結末は示されてしまった感じですかね。それよりも、あのセラの言動がかなり意外でびっくりした。ついでにアンガスの彼女に対する感情も、えっ?そうだったの?と二度びっくり。こっちとしては「あれ姫は・・・?」とも思ったのですが、まぁこれはこれでありですかね。

しかし、終り方が実に気になる…セラとアンガスがどう会話するのか実に楽しみですよ。

・リンク

影の宴さんうたわれるものよりカミュ

・気がつけば、
昨日でブログ2周年迎えてました。初見の方も、常連の方も、見てくださってありがとうございます。3年目に向かって何か目標と考えてみると、もう少し他サイト様との交流を頑張ってみたいかな。せっかくブログやってんだからそういうのも積極的にいきたいところ。もちろんうちのブログのコメントや拍手がもらえるよう頑張っても行きたいですね。
しかし、めんどくさがりで飽きっぽい自分がよくもまぁ、続いたもんだなと改めて思ったり。

|

« 世界平和は一家団欒のあとに 4 | トップページ | 不気味で素朴な囲われた世界 »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/20518796

この記事へのトラックバック一覧です: 本の姫は謳う 2:

« 世界平和は一家団欒のあとに 4 | トップページ | 不気味で素朴な囲われた世界 »