« とある飛空士への追憶 | トップページ | さよならスーパーダッシュ »

狼と香辛料 Ⅷ

【8/10】

狼の骨の話の真偽を確かめるために、とある町にたどり着いたロレンス一行だったが、そこは三角州を挟んで南と北の町が微妙な膠着状態にあるところで・・・

と、またまた面倒ごとに巻き込まれそうな予感ぷんぷんで終わり、続きは下巻へ。
今回から新たに旅に加わった少年コルが実にいい。

なんつーか、熱々夫婦の逢瀬をタイミング悪くジャマしてしまう子供のような役割を担ってますよね。、ホロとロレンスの夫婦漫才に観客が登場したせいか、二人のイチャイチャぶりにバリエーションが増えた感じがします。

しかし、相変わらずよく考えて会話する人たちだ。まぁ、それが面白いんだけれど。

エーブと縁があることで町の事情に引き込まれそうなロレンスですが、今回はエーブと商会のキーマンの迫力にやれっぱなし。下巻で主人公たるところを是非見せてほしいところ。

というわけで、下巻に期待。腹の探りあいな会話が好きな方は今回も十分楽しめるかと思います。

|

« とある飛空士への追憶 | トップページ | さよならスーパーダッシュ »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/21120627

この記事へのトラックバック一覧です: 狼と香辛料 Ⅷ:

« とある飛空士への追憶 | トップページ | さよならスーパーダッシュ »