« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

おませで御免!

成年コミック感想文第9回は、御免なさい先生の初単行本「おませで御免!」です。

短編6本に、3話構成の中編1本+おまけ漫画1本という内容で、ほぼ全話和姦。まぁ、追認的なものが1本と、騙されてるだろ的なものも2本ありますが、嫌悪感とかが生じるようなものではないと思うのでご安心を。

登場する女性はオールロリ。基本全員Hに積極的な子が多く、H描写も激しめ。
男女共通して局部もしっかり描かれているので実用度は結構高めかと。

お話的には、中編の「夏休みが終ったら」が一番ですかね。
妹のおませな同級生達に大好きなお兄ちゃんが誘惑されてしまうという話で、生意気でSっ気のあるあゆみと関西弁のさっちゃん、ツンデレバイオレンス妹のすずと一話ずつ致してしまうのですが、小悪魔を装いつつも、酒を飲んで豹変したすずの兄、かずまの前には立場逆転してしまうあゆみが一番のお気に入りかな。ギャグと子供らしさが垣間見れるオチも笑えましたし。

さりげなく母親が亡くなっている事情が伺えたり、家の中の張り紙など設定や背景が何気にしっかり書かれているあたりに続編をつい期待してしまいます。

おまけ漫画の「魔法少女みかん」もなかなか。
魔法少女に憧れる電波幼女を篭絡するド腐れ外道クマのショート漫画なんですが、クマの爽やか過ぎるほどの外道っぷりが笑えます。騙されてる、騙されてるよ。

他には、妹型ロボットロリボの話、犬の散歩をするお兄ちゃんとワンワンプレイ、淫乱幼女の話や、学校の先生に恥ずかしい現場を押さえられて無理やりに・・・でも気持ちいい的なものなんかが収録。

というわけでオススメ。女の子の表情が大変秀逸な作家さんだと思うので是非ご一読をば。しかし、ロリボは100万でも普通に安いと思うけど。どうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涼しい7月が続きますね

ヒャッコ公式サイトオープンしてますね。漫画と比べてあまり違和感ない感じでGJ

虎子の声は、シャーリーの中の人ですか。自分の知ってる役だとサムライ7のキララ、
ドルアーガのカーヤといった落ち着いた感じの印象が強いキャラなんで、虎子ボイスが
あまりイメージできないのは、これはこれで楽しみというもの。

ペルソナ4もついに発売と。ちょっと動画サイトで見たところ、今回も音楽が
期待できそうで、サントラが非常に待ち遠しい。眼鏡属性はないけれど、
眼鏡をかけた方がかっこよく見える主人公のキャラデザには感心。

Cherry Berry Strawberryさんスイカを食べる水着セイバー
セイバーに白はやっぱ似合うなぁ

MozHAMさんモンハン4コマ
そうなんです。未プレイの私もキリン娘には参ってます

RRRさんSOS七日間戦争12
ネウロ式虐待キターw

くるぐる。さん描き散らし版にねったいや
首を絞めてるように見えてしまうのはうたらじのせいに違いない

影の宴さんうたらじ2周年記念絵
これほどまで熱中したらじおはないですね、確かに

漫画家(仮)さんみんミュー!特別編最終回
これは良いラブコメでした。海の水着回が早くも気になります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つぐもも

母の形見で桜の香りのする帯を一日に二度かがないと落ち着かない加賀見一也は、
ある日、学校の屋上で髪の毛の妖怪に襲われる。
命が無いと思われたその時、彼を救ったのは帯びの付喪神、桐葉。

突如現れた、着物姿の美少女に命を救われた一也は、そのまま押しかけてきた、
桐葉と同居することに…

のっけから始まる妖怪とのバトルから急転、桐葉との添い寝、お風呂イベントへと
メリハリの利いた展開で良い感じに興味を引き付けられました。

桐葉の見た目ロリで、中身がバ○ァというのはもう私の好みストライクすぎです。
裸を見られて動じないどころか、和也をアレを大人にしてしまうあたりが堪りませんな。
高慢な性格でありながらも、一也を大切に思っていて、一也が傷つけられるとマジギレするとか、性格設定が完璧すぎる。

バトルの方も、応用の利く帯びを使った戦い方が多彩で見栄えが大変良い。
女性陣は、一緒にお風呂に入ろうとする姉や、委員長の中の委員長キャラな近石千里、天然巨乳大食い巫女さんと、個性豊かな面々ぞろい。

しかし、何よりもぶるまくらですな。なにこの桃源郷?電気あんまも捨てがたいですがw

というわけで、面白い。オススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弱虫ペダル

      昨日までフツーだった人が突然 開花するってことがあるんだって

ママチャリで、斜度20%以上の激坂を鼻歌まじりで平然と登り、秋葉原までの往復90キロを毎週通うオタクな高校1年生、小野田坂道の自転車ロードレース漫画第一巻がついにでました!もう、面白くて熱くて大変素晴らしい漫画ですよ!

高校入学を期に、アニ研に入ろうとするも、既に休部していたことで意気消沈する坂道。そんな彼を尻目に、アキバ通いを知った自転車オタク少女、寒咲幹は坂道に興味を持ち始め、中学時代ロードレースの大会で準優勝という経歴をもつ同級生今泉は、坂道の激坂登りを目の当たりにして彼を試そうとして・・・といった感じで、二人の登場人物の介入で今まで当たり前に乗っていた自転車の魅力に気づき始める展開が実に良い。

何より、本人に自覚はないのに、周囲はその異常性(毎週往復90キロ自転車走破)に面食らう流れが小気味よくてしょうがないですね。

サドルの高さを変えるだけで漕ぎやすさが全然違うという、非常に身近なものから、専門的な部分まで分かりやすく自転車の魅力を随所に魅せてくれる所も良い感じ。

というわけで、超面白いので超オススメ。チャンピオンにはシャカリキ!という大先輩がいますけど、それに負けず劣らずなものになっていくのは間違いないと思います。

しかし、人物配置にどことなくスラムダンクを連想してしまうのは気のせいか。

少年チャンピオンで連載中~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイモンド

ちょっと男勝りだけど平凡な女子小学生、倉橋瑞希の机の中から、突然現れたのは未来から瑞樹を守るためにやってきたという海兵型ロボットその名もレイモンド。

突如現れた外国人に警戒心剥き出しの倉橋家であったが、紆余曲折を経て、英語しか喋れないマッスルな黒人男性レイモンドとの奇天烈な日常が始まるのであった…という、ラブやんの作者田丸浩史先生よるギャグ漫画。もう、設定的にはドラ○もんとター○ネーター丸パクリなのはいわずもがな。

正直、ラブやんは3,4巻あたりで読まなくなっていたので、このレイモンドもスルーしていたんですが、ふと読んでみたら思いのほか面白かった。

序盤の繰り返しオチもさることながら、怪しげな未来グッズによる歴史改変ネタに笑う笑う。瑞希の母の駄目翻訳も下品な方向にパンチが効いていてGJ。

合間合間に挿入される担当編集とのインタビューはかなりの読み応えでしたね。

というわけで、2巻も手を出そうっと。

月刊ドラゴンエイジで連載中。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

デラ面白いWEB漫画「みんなミュージカル!」

漫画家(仮)さんのオリジナルWEBコミック「みんなミュージカル!」がデラ面白い。

高校生&教師のドタバタ漫画なんですが、女性陣の勢いが凄く良い感じ。

主な登場人物はこちら。

高杉マコト
見た目はヤンキー、成績は優秀のそばかすっ子。気性は荒いが、特別編での幼馴染佐藤大助とのラブ展開に萌え転がってしまったよっ!マコト→(弄る)→エリス

秩未乃エリス
両親がアメリカから帰化した国籍日本人、外見アメリカ人の美少女。しかしおつむの方は残念だぎゃー。若干百合気味である。どうでもいいが、名古屋っていうとパプワくんを思い出しません?エリス→(揉む)→マコト

九城リエ
如何にも成績優秀っぽい眼鏡っ子であるが、勉強は駄目。マコト、エリスのストッパー。バカップルの片割れであり、推定非処女。

零余子(ぬかご)温子先生
20代後半の女教師。独身。恋人なし。しかし、その心は勢い余って女子高生の制服を着てしまうほどに若々しい。独り身を弄ると手痛い言葉が返ってくるのは致し方なし。煽ての言葉には割りと弱い。

カオリ先生
体育教師。温子先生の後輩。体育会系であるため温子先生には逆らえません。異性との交際経験恐らくなし。もうちょっと出番が増えて欲しいキャラである。

と大体こんな感じ。男性陣は省略してますが。
女性陣の中では、高杉が一番好きですかね。とにかくキャラ同士のやりとりににんまりしてしまうこと受けあいなので、是非リンク先で一読をばオススメします。

というか、同人誌で読みてぇー!

ろくでなしの詩さんキョン子漫画ハッピー・スレイヴ
あれ、一緒にいる以上のこと既にやってたような・・・w

舞子海岸迄五分さん化物語より戦場ヶ原ひたぎ
ガチで最初はビビッタのも今はただ懐かしい

鬼武致さんドルアーガの塔よりクーパ
もっと評価されていいアニメです

なみなみ爆弾さんマクロスFよりランカ
最近はランカが猛追してますな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »