« コミケ74 お疲れ様でした | トップページ | 戦利品紹介 その2 »

戦利品紹介 その1

コミケの新刊も一通り読み終わったので、オススメなヤツをいくつかピックアップして紹介してみる。で、本日は珍譜堂さんの「のとぼん」18禁、です。

スクランの塚本八雲と似て非なる存在で同人作家のヤクモちゃんは、新刊のネタ出しに苦しんでいた。そこへ、ヤクモちゃんの味方で、某妄想代理人から出張してきた不思議マスコットキャラ、マロミちゃんと一緒に声優、能登麻美子という中の人つながりでネタ出しにあれこれ四苦八苦するというギャグ漫画?です。

能登さんの演じたキャラのかなりの多くをヤクモちゃんが数ページ漫画で、案を提案しつつ、マロミちゃんが「ヤクモちゃんは悪くないよー」と前面味方の様相を呈しつつ、しっかり毒を吐くという二人のオタトーク漫才がとにかく最高。

かなりディープな声オタのヤクモちゃんと、危険な発言をやったり、毒は吐いたり、キモイ動作をするマロミちゃんコンビが本当に嵌る嵌る。

ネタダシのキャラ、ページもかなりのもので、100Pという大ボリューム。
ウイッチブレイドとドラゴノーツネタの混じった既刊も再録されていたりで大変豪華。

しっかりエロイのに、二人の漫才のせいで、実用性はかなり低下しますが、そんなことは実にささいなことなのです。

というわけで、オススメ。委託があるのかはまだわかりませんので、要チェックです。

|

« コミケ74 お疲れ様でした | トップページ | 戦利品紹介 その2 »

同人誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/23120057

この記事へのトラックバック一覧です: 戦利品紹介 その1:

« コミケ74 お疲れ様でした | トップページ | 戦利品紹介 その2 »