« 命でパンツと等価交換 「まじもじるるも」 1巻 | トップページ | 両手に友達。 「弱虫ペダル」 2巻 »

文学少女と神に臨む作家 (下)

【8/10】

うあーそういう結末か。流人はとんだへたれでしたね。
というか、とんだ寂しんボーイでしたよ。個人的には、あれだけのことをしようとして、なんら落とし前もなく、終ってしまったのが許し難いのだが。

主人公も最後の最後までへたれてましたが、ようやっとラストでは主人公っぷりを魅せてはくれましたけど、やはり琴吹さんを振ったのは許しがたい。完全に都合の良い女扱いじゃないですか。自分が責められない一時の安全場所として彼女に縋っていたようにしか見えないだけに、立ち直って振ってしまうあたりがなおさらね。そりゃ森さんも泣きながら殴りますわ。エピローグでの言動が真実であって欲しいものです。

真相や過去の登場人物たちのその後を交えつつ物語を展開させていくのは相変わらず上手いなと思いつつも、正直上巻のことすら記憶の彼方だった私にはいまいちピンとこなかったのが残念。ラストの遠子先輩の手紙にはにんまりしましたが。

何はともあれ、愛と憎悪渦巻く物語もこれでようやっと完結。後は外伝として短編があるとかないとか。

|

« 命でパンツと等価交換 「まじもじるるも」 1巻 | トップページ | 両手に友達。 「弱虫ペダル」 2巻 »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/23497170

この記事へのトラックバック一覧です: 文学少女と神に臨む作家 (下):

« 命でパンツと等価交換 「まじもじるるも」 1巻 | トップページ | 両手に友達。 「弱虫ペダル」 2巻 »