« 夏のあらし! 4巻 | トップページ | 迷宮街クロニクル1 生還まで何マイル? »

ワールドエンブリオ 4巻

「消されるな、この想い 忘れるな我が痛み」
なーんて、別アニメのキャッチコピーが微妙に当て嵌まらんでも
ない気がしてきた、天音姉との過去が明かされる第四巻。

この漫画の良いところは、人の死というか大切な人の存在の
重さをじっくり描いてるとこだと思っとります。敵である「棺守」に
殺害された人間は他人の記憶から消えてしまうこと、前作の主
人公的ポジションであった洋平兄の早々たる退場、一緒に暮ら
していた天音姉の失踪の三点が非常に物語に重みを与えてい
るのがいい。

今巻では、「棺守」に殺害された人間の関係者は自分の
記憶が抹消されたことで記憶障害を起こしてしまうという二次被
害が判明したり、主人公の陸は洋平に影響を受け続けてい
たり、天音姉との大切な日常と壮絶な別れを描写してくれたり
でさらにずしりときてます。

それと主人公の天音姉に会いたいという願望が、必ずしも
世界平和?に繋がってないかもしれないという危うさもGJ

まぁそういう重さの一方、レナの無乳ネタやら霧島兄妹の登場
で萌えやら明るさのバランスもしっかりとれてるのも良い感じ。

というわけで、なかなかのオススメ。アワーズで連載中。

|

« 夏のあらし! 4巻 | トップページ | 迷宮街クロニクル1 生還まで何マイル? »

漫画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/26246373

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドエンブリオ 4巻:

« 夏のあらし! 4巻 | トップページ | 迷宮街クロニクル1 生還まで何マイル? »