« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年 エロマンガBEST10 A面

今回は、成年コミックのエロから選ぶ2008年ベスト版A面。
キャラとストーリーから選ぶB面もヨロシク。

12月月末にビックタイトルがいっぱいでたから選ぶのが
ギリギリになってしまったよ。

よし、あとはだんげさんとこのだ。

10位 しょーぱん!!

ローレグフェチロリ作家。巻数を重ねるごとに上手さが格段に
あがり、三巻目でフェチとエロがかなりの高さに。

09位 ペットライフ

人妻系の作家さんなんですが、個人的には本巻に収録されて
いる女子高生寝取られの話が好き。
相手の男のあけっぴろげな性格がなんだか憎めなくて、この手
のタイプが苦手な方にも受け入れやすそうではある。

08位 思春期は発情期

恋愛ものばかりの熱々和姦オンリー。非常に万人受けし
やすそうなエロマンガ。幅広くオススメできますね。
でっかいおっぱいとお尻が好きな人にはよりオススメ。

07位 Daisy!

エロスは明るく仲良く元気よく!ついでに阿呆な方向で、
といった感じのノリの軽い短編集。B面に入れようか、
ちょい迷うほど、コミカルな男女のやりとりが好きなんだ。

06位 ふたりでできるもん

この作家さんはエロだけならトップクラス認定だったけども、
今巻ではコメディの面白さも増してきてより良いエロマンガ
になってきました。

05位 ラブ・ハン

愛のある寝取り系とボンテージ系が特色の作家さん。
衣服の締め付け具合といい、肉感の描き具合といい
、万人受けはしやすそうではありませんが、エロエロ。

04位 ツンデロ

アへ顔作家。でもほとんどラブ和姦もの。
本番に到る前までの盛り上がりはダントツ。
本番もその域を保っていればSS級エロマンガになって
たと思う。

03位 相思相愛ノート

前巻と大して絵柄が変わったはずではないと思うのに、
自分の中では評価が急上昇。なんでだ?
水着か?水着なのか?

02位 お嬢様はHがお好き

前巻から実用性が増しエロイことこの上ないのに、
水着分が足りない!という人こその初回限定版。
水着といい抜け忍といい好みが合いすぎる。

01位 美~ちく

この作者大好きなんだけどイマイチジャンル的にソリが
会わなくて残念無念だったんですが、今回は一般受け
しやすい手堅い短編集できてくれたのでヨシキター!
とでたときは思いましたよ。

以上実におっぱいムチムチなランキングでした。

B面と同じく非常に僅差なんで、統合する時は
下克上が有り得そう。しかし今年を振り返ってみると
非常に豪華だな、これ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミケ75 お疲れ様でした

参加された皆さんお疲れ様でした。幸い三日間とも天候
に恵まれ、三日目はそれほど寒くも無く助かりました。

今回はなんと某サークル様のご厚意により、サークルチケット
が一枚余ったとのことで初めてサークル参加で入場させて頂
きました。

当日は1時からのサイレントヒルを見てしまったがために、
寝る機会を放棄してそのままおき続け、5時半に出発。

待ち合わせの7時半5分前に、駅に到着。入場。
設営のお手伝いをするも俊さんの時のような重いダンボール
にはほど遠く、ポスターの設置ものたりくらりとしてしまったので、
どうにもお役に立てずで無念。

9時ごろには既に、噂に聞く開場前行列とやらがかなりの
人数で形成されてました。9時半になるとシャッターがしまり、
別ホールへの出入りが不可能に。

開場時にはダッシュはみられなかったものの、ナウシカ
EDの怒りを静めてお帰りになるオームの行列のような
現象が延々とホール入り口から大手のシャッターの方まで
を繋ぐ大通りを埋め尽くし、ホール間の移動が遮断される状態。

これが解消されるまで15分ほどかかり。さぁ行動開始。

今回はやはりペルソナ4に力を入れて、
猫娘亭さんのギャグ本、むむむ印さん、内々けやきさん、
MozHAMさん、lifeさん、LongHornTrainさん、アーマード銀閣寺
さん、なみなみ爆弾さん、ぺぱくらさんイケダウサオさんを購入。

イケダウサオさんはノーチェックだっただけに嬉しい発見。

18禁系では、沙悟荘さん、藤ますさん、月野定規さん、
まひる亭さん、マンガスーパー&ピリストローイカさん、
Xrationさん、んでもってさん、ツン研さん、珍譜堂さん、
Finecraft69さん、DaHootchさん、JACK-POTさんらを。

Cあたりの地獄っぷりは異常すぎる。スタッフさんがグロッキー
になってましたし。サイクロンさんとこの混みっぷりはギブ。

一般向けでは、つぶあんさん、舞子海岸迄五分さん、
Cherry Berry Strawberryさん、Favorite・Heartさん、
楊柳屋さんあたりを。

大体こんな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年 エロマンガBEST10 B面

2008年に発売された成年コミックの中から、ストーリー又は
キャラクターに優れたエロマンガ10作を選んだ、B面。

エロから選ぶA面はまた今度。年内にいけるか…
だんげさんのエロマンガ10には、両方から選んで10本に
絞る予定。

当然ながら18歳未満の人はみちゃ駄目よ。

10位 LILLIPUTIAN BRAVERY 完全版

ほぼ復刻版なので、2008年に挙げるのはどうかという点も
あるが、気にしない。寝取りものという宣伝だけど、最終的に
ヨリが戻るのなら違うんじゃないかと思ったり。見た目が小学
生の女子大生だって、中身は普通の女の子なのだよという
当たり前のことを当たり前に描いた長編良作です。

09位 あったかく、して。

コメディからシリアスまで、作画も可愛らしいものから、町田
ひらく先生ばりの濃い作画もありとバラエティにとんだロリ
漫画。個人的にはコメディ系のがオススメ。元カノが姉だと
知ってショックを受けたり、対抗意識で緊縛プレイをするロリ
のお話が好き。

08位 Lovable

どこか大人びた少女や少女らしい少女が登場するロリ短編集。
兄を誘惑した後でこづかい請求する妹や、酒の勢いで朝チュン
してしまった兄妹がお互い好意があったのか今一度確かめ合う
ためにHしようとする話がお気に入り。

07位 満開乙女

冬コミの雪子本も素晴らしかっためいびい氏のラブコメ短編
集。とにかくでてくる女の子が皆可愛らしい。
個人的には好きな男の子から告白→即Hと暴走するジャージ
娘のテンパリ具合とキャラデザが非常に好き。

06位 YOUR DOG

女に捨てられた過去を引き摺り、罪悪感を感じながらも
少女を買春してはDVDにして商売する男と、客となった孤
独を抱える少女の純愛エロマンガ。一巻丸々使っているの
で展開が非常に丁寧。しかもエロイんだよなー

05位 少女マテリアル

非常にレベルの高い画力で、シリアスからコメディまでを描い
た短編集。個人的にはストーリーもキャラもエロも良かった
記憶を保てない女子高生のお話が素晴らしすぎた。

04位 Gift

LO作家期待の新人東山翔先生の初長編もの。天才少女の
孤独と救済を描いたほっこりする暖かいエロマンガ。
義理の兄は一見バカだけど妹の望むものをなんなく与えて
やれてる意外と良い男。スピンオフで友達でハーフのちこの
話を補完して欲しい。

03位 年刊中年チャンプ

表紙はネタ度とは裏腹に意外と堅実なラブコメ短編集。
基本的に、嫌いだの何だのといいつつも大好きなことがバレバ
レな意地っ張りタイプと、ストレートにかまってかまってとじゃれ
付いてくる女の子の2タイプに別れてて、そんな女の子が好きな
人は買って損なし。

04位 おませで御免!

女の子の表情変化が大変秀逸なロリ作家。中編の妹の友達
と順にHしちゃって、バイオレンスに嫉妬する妹の話がエロもコメ
もバランスがとれていて素晴らしかった。小悪魔的ながもHでは立場
逆転する友達も良い感じ。

01位 ラブでれ

絵柄は一般受けしそうにないし、今風ともいえないが、なぜか
エロイのはそこに愛があるからー!ハーレムエンドを最後まで
幸せに描いたお話が超好き。

以上こんな感じ。正直僅差なんで、A面と統合する時には
下克上するかもしれん。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年 ラノベBEST10

今年はあんまり読まなかったな…

10位 ゼロの使い魔

キャラクターがそれぞれ熟してきたせいか、安定した面白さ
を誇ってます。長くシリーズ続けてきた威力というのは確か
にあるものです。

09位 とらドラ!

アニメの方は、まったくの手付かずに終ってしまった。
最近のシリアスさは面白いのだけれど、なんだか腑に落ちない
ところもあってもやもやする。でも面白い。

08位 狼と香辛料

もういちゃいちゃ夫婦っぷりも大分板についてきたw
相変わらず会話で魅せるラノベです。

07位 傷物語

化物語からすればイマイチであるのは否めませんが、
それでもやっぱり大好き。羽川さんの痴態がみれただけ
でも満足さ。

06位  BLACK BLOOD BROTHERS

最終局面に至っての敵味方の攻防が熱い。
各人の生き様と絆が素晴らしいのよね。

05位 きみとぼくが壊した世界

世界シリーズはあたりはずれがでかいけど、この巻は
多いにツボッた。作中作とかそーいうの好きなんでー

04位 文学少女と神に臨む作家

完結ということで、この巻だけでなくシリーズ全体を加味
してのランクイン。最後のオチにはやはり主人公をひっぱた
きくなるものの、シリーズごとに泣かされましたからナァ。

03位 バカとテストと召喚獣

やっぱりラブでコメでバカで秀吉は最高ですよね。

02位 戦う司書と終章の獣

もうとにかく次を早く出してくれの一言に尽きる。

01位 偽物語(上)

物語の本筋を吹っ飛ばすほどに主人公と女の子らの
どーでもいい会話が最高すぎるライトノベル。
何度読んでも面白い。

つーわけで、以上こんな感じでしたー
むー変わり映えがないなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年 漫画BEST10

今年も去年のように新刊の部、既刊の部で分けます。
新刊の部は今年初めて1巻目がでた単行本ってことで。

・新刊の部

10位 ねこむすめ道草日記

妖怪と人間が住む片田舎を舞台にしたほのぼの漫画。
自由気ままなねこむすめ黒菜が実に可愛らしい。

09位 つぐもも

ロリババアが好きなら読んで損はなし。
少年と付喪神の物語。帯を使ったバトルの汎用性
の高さが見事。

08位 ハニカム

ファミレスラブコメ漫画。貧乏貧乳ツンデレな鐘成律子
が素晴らしい。

07位 神のみぞ知るセカイ

この漫画だけ唯一感想挙げてねぇorz
二次元至上主義者の現実娘攻略記。といっても、現実
にツンツンしてる主人公が徐々にデレていくのが一番
の見所でもある。

06位 聖☆おにいさん

世間的にこれほど受けるとは思いもよらなんだ。
仏とキリストの親しみ溢れるギャグ漫画です。

05位 トリコ

ただただ美味い物を求めた世界中を旅する漫画。
最近のバトル色の強さにはちょい眉をひそめがちに
なりかけたが、あれ…面白いじゃない。

04位 ネムルバカ

目的を持つ人の苦悩と目的をもたない人の苦悩。
大学生という人生の分岐点で、揺れる先輩後輩
の日常物語。

03位 Boichi作品集Hotel

まさに圧巻というほか無いSF短編集。
ギャグと泣ける話とバランス取れててお勧め。
個人的にはマグロが一番好き。

02位 宇宙兄弟

弟に先に夢を叶えられた兄六太の物語。
六太のキャラクターと選抜試験の過程が非常に
面白い。

01位 弱虫ペダル

文句なしの一位です。自転車の魅力と、主人公
坂道の熱に完全にやられた。最近は先輩のかっこよさ
にまいってます。

・既刊の部

10位 ユーベルブラッド

最近この復讐ファンタジー漫画がツボってますね。
お色気があるのもいいよねー

09位 もやしもん

やっぱフランス編がよかったですよー
上野のアレにも行こうかな…

08位 うさぎドロップ

30歳独身男性の大吉と6歳児りんの共同生活漫画。
子育ての大変さをリアルに描きながらも決して重くなら
ないバランス感覚が良い。大吉のキャラも好き。

07位 鋼の錬金術師

単行本でもいよいよ最終章開始。
二度目の兄メカが楽しみすぎるー

06位 SKET DANCE

この漫画の怖いところは一見、出オチと思われた個性的
すぎるキャラがゲストに終らずレギュラー出演し、あまつさえ
人気投票でTOP10以内に入り込むところだと思う。

05位 よつばと!

もうTOP10入りは不動の漫画。まだ読んでない方は
いますぐに読むべし。

04位 GIANT KILLING

多面的にJリーグの魅力を伝えてくれる漫画です。
基本何考えてるかわからんが達海監督の言葉はマジ熱い!

03位 ドロヘドロ

もっと世間に広まれドロヘドロの輪!
グロい描写なんてないよ!ファンタジーなんだよ?

02位 惑星のさみだれ

くそ・・・泣かされたー!この漫画はみんなが主人公。

01位 それでも町は廻っている

最新刊があまりにも素晴らしかった。
歩鳥はアホなのか天才なのかわからんなーw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

C75 サークルリスト

さぁ、今年もいよいよ残りわずかということでやってきました
恒例の冬コミサークルリスト。今回はP4祭りだよー

なお、作者が成年コミック作家の場合は、サークル名でなく、
作者名になっているか、後ろに名前が付記されてるので
あしからずー漏れてる場合もある…かも。つーかきっとある。

<ペルソナ4>

28日 日曜日

シ9a おいる屋

ス19b 三日月ライト

ス31a 三番町

セ11a キャベツ畑でつかまえて

セ16a SWAT企画

セ19a 午睡堂

セ22b おかゆクラブ

セ23b M-RNA

セ28b 春の家

セ29b clear glass

セ33b 妄想カタルシス

セ35b zodiaX

セ38a 小紅堂 八十八良

セ54a ツダくろ屋

セ55a 猫月堂

ソ48b Strangelove

チ30b ジュリエット計画

30日 火曜日

A12b&A47a しもやけ堂&あかぎれ堂 里中千枝メイン

A70a 猫娘亭 オール四コマ漫画

F23b GENOCIDE 里中千枝本

F54a んみゅ 唐辛子ひでゆ

J8b むむむ印

M02a 内々けやき

V46a 極道大元帥

W49b MozHAM

シ23a life

セ5a 無間堂 

セ6a UK-WORKS

セ10a LongHornTrain フルカラー

セ22b ねことはと

テ9a 愛は暗闇

テ36a X.T.C

テ50b くまたんFlash!

ハ01b くすり箱

ハ02b gos to vi

ハ07a だらぶち堂

ハ08b 我儘堂

ハ09a 睦月 雪子本

ハ11b アーマード銀閣寺 雪子本 めいびい

ハ15a はみ部屋

ハ15b ぺぱくら 

ハ19a モノノフノウタゲ ギャグ本

ハ22a 北見サイクル本八幡支店

パ01b なぐもカレー部

ヒ19b あぼかど茶屋 ギャグ&エロ

へ15a にのこや 直斗合同本

へ20a イランイラン りせちー

ヘ35b なみなみ爆弾

<その他> 30日 火曜日 東 18禁

A14a 沙悟荘 クイーンズブレイド本

A17a 偽MIDI泥の会 かんなぎ本 石恵

A18a 武田弘光

A36a SAZ とある魔術の禁書目録本&オリジナル本

A60a Fountain's Square ひぐらし本&かんなぎ本

C05a 藤ます

C07b 黄泉比良坂 セキレイ本

C10a 不思議庭園 

C12a ヤスイリオスケ コードギアス カレン本

C13b 月野定規 ラインバレル本

C17b ケンソウオガワ とらドラ!川嶋亜美本 フクダーダ

C19b まひる亭 コードギアスR2C.C.本

C20a SASAYUki

C24ab マンガスーパー&ピリストローイカ 胃之上奇嘉郎

C28b Soundz of Bell エルフでふたなり本

H36a Xration

H36b Fatalpulse コードギアス本

H41a さめだ小判

H51a STUDIO TRIUMPH

J48b Floating Wreckage  ざんげちゃん折本 しのぎ鋭介

L46a やがみだい エヴァ アスカ本

M39b おりもとみまな かんなぎ本

O36b 比較的シンプルなパンティ 瀬戸の花嫁本

O48a maniac street デスノート

P13a 空しき流れ

R16a ヴェロニカの歯 戦国ランス

Y20a ハイスイノ陣 リトバス!本

Z10b studio z.m かんなぎ つぐみ本

Z36b みたらし候成 春夏さん本

Z42a 永深ゆう かんなぎ本

エ16a 流弾屋 アニメドラクエ合同本

ク27a Count2.4 アイマス美樹本

ク29a FOMALHAUT アイマス本

コ16a やまぐちほむぺ

シ36b 六道塾

セ10b イシガキタカシ マヴラヴオルタナティブ本

セ24ab U.R.C

セ25b たくみなむち

セ47b りりこけ とある魔術の禁書目録 白井黒子本

セ60a バッドボーイズ

ソ31a from SCRATCH かんなぎ本

ソ46a ひぢりれい 涼宮ハルヒの憂鬱 長門本

タ15b んでもって バカとテストと召喚獣本

タ41b AMBIVALENCE らき☆すた かがみ本

タ60a ツン研 ToLOVEる本

チ02b ばななじゃむ

チ21a いのまる 喰霊本

チ45a 上野龍也 ハヤテ本

ツ60b ひょこ道 ターンAガンダム ソシエ本

テ04a 鴨ローサーズ

テ44b 紙切ればさみ モンハン本

テ47a 水龍敬 モンハン本

テ58a 珍譜堂 ToLOVEる本

ト39a Studio Tiamat ストライクウィッチーズ本

ナ43a apricot かんなぎ本

ナ58a 山下クロヲ プリキュア

二45b TNC

二52b 蛮天69 

ヌ24a FlyingCat コードギアス本

ヌ32a ひらつらまさる ターンAガンダム本

ヌ39a 血色蜜柑 ガンダム00 王留美メイン

ヌ46b 舞原マツゲ ガンダム00 ネーナ本

ヌ48b 大塚子虎 ガンダム00 ネーナ本

ヌ54a あきやまけんた ガンダム00 スメラギ本

ネ05a サイクロン なのは本

ハ38b&C07b(委託先)  Finecraft69 ドラクエⅢ本

ハ42a R2 ドラクエⅢ女戦士本 らっこ

ハ53a D-SLASH FF5 レナ本

パ31b Primal Gym RO ハイプリ本

パ45a 悪性真性物 ケメコデラックス!本

ハ51a Quick kick Lee ドラクエⅤ デボラ本

ピ13b LEYMEI 御剣姉妹本

ピ53b ヒデボウハウス 春香本

フ15a るくーぷしゅコードギアス カレン本

フ31b CHIBIKKO KINGDOM  グレンラガン本

プ20b Ash横島

<その他> 30日 火曜日 東 一般

A55b つぶあん

T55b 舞子海岸迄五分 とらドラ!本

V46b ヒゲナシさん Fate

V48b Cherry Berry Strawberry Fate

X32a Favorite・Heart 空の境界

W50a かしわぎ達也 Fate

ウ60b Gu+ うたらじ本

ツ29b 楊柳屋

ツ34a ホルベイン

ヌ22b こんがりぱすた定食 コードギアスR2

メ53b ItamiWorks オリジナル

メ59a PawnDead Inc. オリジナル

マ07b AltitudeAttitude

リ12a TONKOTUYA オリジナル

レ44b NURSERYTALE ひだまり

| | コメント (0) | トラックバック (1)

がらくたストリート 1巻

期待の新人、ZERRY藤尾山田穣先生がキター!!

緑溢れる片田舎を舞台に、素直で裏表の無いリント少年を
中心に、リントの姉、兄に、個性的な友人、果ては宇宙人やら、
山の神まで巻き込むけど、まったりしている不思議な日常漫画。

小学生のリント、中学生の姉、大学生?の兄の友人らが
出てくるので、年齢層に幅があるのがよい感じ。

宇宙人と対面してもまったく動じないリントや友人らは
ちょっと変わってるどろこじゃねぇー

リントの幼馴染の少女、知識量が半端じゃない友人A、
なぜか孔子ネタが豊富な太めの友人B、どこにでも
現れては妹に嫌がられ、アニオタだけどアウトドアで破天荒
なリントの兄に、中身は美少女だった宇宙人と、なんだか
カオスな雰囲気なんだけど不思議と調和がとれてるから
あら不思議。

グレンラガンネタっぽい絵やら、兄とその友人のオタ会話
やらジャス○ックネタやらの小ネタが良い刺激。

というわけで、オススメー。オモロイよっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辣韮の皮 6巻

いつもと変わらない内容のはずなのになんだろうこの面白さ。
2年ぶりだからか?いやぁ、笑う笑う。

部長の捻くれ具合と滝沢いぢりは相変わらずだし、
滝沢の痛さ、泉先輩のかっこよさ、牧ちゃんのコスプレ、
月子の禍々しさも、いや懐かしく面白い。

さりげなく新キャラが登場してましたが、いまいちパッとは
しませんでしたねw

つーわけでオタ漫画として非常に好き。
時代は進んでも登場人物は老けないこち亀時空って、
上手くいっていると本当に安定感が凄まじいなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨシキター!

あの…あの個人的に凄く大好きな「モン娘のいる日常シリーズ」
を描いてる方が…Pixivに光臨されている!
http://www.pixiv.net/member.php?id=267014

最新作つきですよ!もう、このシリーズ大好きなんで発見した
瞬間超興奮した!知らない方は是非見てみましょう。

ついでにPixiv繋がりで、お気に入りを曝け出すと
ペルソナ4では、一色さんと雨云田さんの漫画が超絶好きです。

一色さんは→http://www.pixiv.net/member.php?id=388151
番長たちの日常のやり取りが本当に自然でかつ面白い。
もーすんごいオススメ。

雨云田さんは→http://www.pixiv.net/member.php?id=377722
こちらは女装番長特化の方で、女装番長の可愛らしさが異常。
内容もしっかり笑える四コマ漫画なんでこちらもすんごい好き。

んで、冬コミですが、探してみると三日目でもペルソナ4本
がかなり多く嬉しい誤算。

あーペルソナ倶楽部も買わなければっ。

Cherry Berry StrawberryさんTOPに冬コミ新刊案内

舞子海岸迄五分さんFate漫画021

影の宴さんアルルゥ&ハクオロさん

サプリズムさん思いつきP4まんが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もやしもん 7巻

及川探検隊は樹教授の隠された秘密を暴くのだーの巻。

フランスから帰ってきて久々の教授の長講がくどいやら懐かしい
やら。お米は削れば削るほど日本酒としてうまいのかー

酒は全く飲まないけど、こういうマメ知識はやっぱ好き。
新装開店の日吉酒店をプロデュースした蛍。
二代目に対する罵詈雑言と直保に対する言葉使いのギャップ
にハァハァする。つーか普通に周囲から彼女認定されててw

久々に沖縄のあの子も登場。なんだか腰つきが色っぽい。
因みにムトーは全然だな…

ヒゲと長谷川さんの何気ないツーショットがいい感じ。
必死に否定する様子がまた実にいい!
進展して欲しい二人だけどこの微妙な距離感を保っていて
欲しいとも思う…

あ、主人公は相変わらず。でも、暗闇が怖いよーとか
どんだけ可愛いさアピールするつもりなんだ…
もやしもんはやはり男性陣の可愛さが目立ちますな。

というわけで、今回も面白い。オススメー

イブニングで連載中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼の錬金術師 21巻

祝!二度目の兄メカ!単行本は作者によれば最終章開始。

ってなわけで、グラマン爺さんの東軍と、アームストロング姐さん
の北軍との合同演習を警戒するブラッドレイさん。

この裏で画策する軍人さん達がかっこいい!
あの容赦の無さも実に素敵すぎる。

一方エドは父と再会。キメラのおっさん達とグリードらのやり取り
というか、この不思議な混成部隊がすんごい好き。
つーか、キメラのおっさん達がスゲー好き。なんでだろう?

ピンチの時にも漫才になってしまっていたシーンではホント吹く。
エドの焦りっぷりが完全にギャグになってたよなぁw

今回はある人物があっさり退場してしまいました。
なので、背表紙ネタバレ全開だから先に見ては駄目。

おまけマンガは相変わらず二次創作泣かせです。
というわけで、マジ面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とめはねっ! 4巻

縁くん、フラグ折りすぎだろ!あぁー意中の人に夢中なあまり
モテ期に気づかず、チャンスをスルーする男がまた一人…

縁は外面がガチャピン似なだけではなく、何気に能力面でも
ガチャピン似臭い。まぁ、本家は体育会系ですが、こっちは文系
ってことで。

縁が選んだバイト先は先週合宿で一緒になった鵠沼高校の
女生徒の蕎麦屋で、休憩中二人で歩いているところを見た
望月さんが後々不機嫌になっているところでニヤニヤする。

その後も、意外な程に嫉妬してる望月さんが非常に良い味
出してました。書の甲子園での悩みの話も、悩む理由も解決する
過程も非常に理論整然としていて、話の流れが実にうまい。

というわけで、相変わらず地味だけど面白い。
書道に興味がない人も楽しめると思うのでオススメもオススメ。

ビックコミックスピリッツで連載中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オニデレ 2巻

ヒロインのまずい弁当はお約束イベントだけど、一回限りのはず
だと思ったら日常業務になっていて泣いた。

サヤの黒い茶をおいしそうに飲むあの子を見ていると、
子供の頃から常飲したせいで味覚がおかしくなってしまったんじゃ
ないかと邪推すると悲しくなってくるなぁ…
正少年もそのうち美味しいとか言い出したら切なくなる。

んなわけで彼はサヤの愛情を正面から受けきれる器のでかい男。
で、まぁ、今回も正少年に会う度会う度、一喜一憂するサヤが
可愛すぎる。うん、画力なんて関係ないっすよ!

正少年が落ちてくる瞬間を待ち構えている動物的な行動が
今巻一番のツボ。ネコねたもベタすぎるけど、ベタが実に似合う
漫画だから困る。

というわけで、今回もサヤのストレートな愛情が実に愛い。
貧弱むっちり会計女子も出てきたことですし、3巻も楽しみです。

少年サンデーで連載中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 2巻

【7/10】

むーちょっと微妙だったかも。話の展開が前回の焼き直しだった
上に、文量がかなり増えたせいか冗長に感じてしまった。

個人的には幼馴染にスポットのあたる前半の方が面白かったか
なぁ。オタ仲間の二人についても掘り下げ話がいつかは欲しい。

後半のオタバッシングの話は、よく聞く話なんで今更感強し。

というわけで、ちょっと個人的にはトーンダウン。
でも3巻でたらきっと買う。

感想リンク
好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人類は衰退しました 4巻

【7.5/10】

「妖精さんの、ひみつのこうじょう」と「妖精さんの、ひょうりゅう
せいかつ」と、今回は2本収録。個人的には前者のお話が好き。

まぁ、普段食肉として加工されてきたものしか見てない現代人
にとって、チキンをアレしてしまうのに躊躇するのは多いに同感。
意思なきものに見えても、それは伝える手段がないだけで本当
は意思が存在しているかも、っていうのは確かにあまり
考えたくないことではあるが、頭の片隅には入れとこう。

相変わらずシュールでのほほんとした世界ですが、微妙にグロ
でもあるところが素敵です。パンのアレには吹かざるを得ない。

そして今回も何気にサバイバー。主人公はどんどんたくましく
なってってますな。精神的に。

神の見えざる手の正体は完全に不意打ちでした。

というわけで、まぁまぁかな。あとがきによると来年は新展開
があるとこのこと。なんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネムルバカ

プロデビュー目指し、バンド活動に励む先輩と、
特に目標もなく、先に進む先輩を遠くに感じ始める後輩との
女子大生日常漫画…でも、読み手に何だかずしりとくる。

駄サイクルはぴくっとくるなぁ…いや、まんまなわけじゃないけど、
似たようなことを自己完結的にやっているんじゃないかな、と。
妄想の話といい、先輩の厳しい台詞にはドキリとくる。

先輩みたいな目標もない自分に落ち込む後輩ですが、
先輩は先輩で、厚さの見えない壁との戦いに思い悩むんでいる
わけで…人生ままならねーもんです。

普通であることに、やりたいことがわからないことに悩む
ということでは大学生っていうのが一番しっくりくる年齢ですよね。

つーわけで、面白い。大学生以上の読者の方なら、
どこかの部分で共感し、どこかの部分で痛みを覚える漫画かな。
嬉しくもあり、刹那的で寂しくもあるラストが実に良い。

一巻完結。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷宮街クロニクル1 生還まで何マイル?

【8/10】

大地震により京都に突如出現した穴ぐらには、怪物たちがわんさか。
怪物たちの体は貴重な資源らしく、一攫千金を夢見て、今日も探検
者は迷宮に挑む。

ここは、迷宮街、割と簡単に人が死ぬ場所らしい…

というわけで、和製版ウィザードリィライトノベル。一応の主人公は
いるものの、複数人の視点から描かれるので群像劇的ですね。

どんなに訓練をつんでもゲームのようにHPがあがるわけでもなく、
熟練者もあっさり死ぬというリアルさがいい感じ。それでも地味に
訓練や装備を整えていく過程が面白い。

迷宮街に挑む以外にも、現代日本としての日常もあるという日常と
非日常の乖離さも良い感じ。

というわけで、全体的に淡々としているものの、なかなかの面白さ。
三巻構成っぽいらしく次巻も楽しみです。

しかし銃を使っちゃいけない理由がしょぼすぎる…
これだけはちょっといただけなかったかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワールドエンブリオ 4巻

「消されるな、この想い 忘れるな我が痛み」
なーんて、別アニメのキャッチコピーが微妙に当て嵌まらんでも
ない気がしてきた、天音姉との過去が明かされる第四巻。

この漫画の良いところは、人の死というか大切な人の存在の
重さをじっくり描いてるとこだと思っとります。敵である「棺守」に
殺害された人間は他人の記憶から消えてしまうこと、前作の主
人公的ポジションであった洋平兄の早々たる退場、一緒に暮ら
していた天音姉の失踪の三点が非常に物語に重みを与えてい
るのがいい。

今巻では、「棺守」に殺害された人間の関係者は自分の
記憶が抹消されたことで記憶障害を起こしてしまうという二次被
害が判明したり、主人公の陸は洋平に影響を受け続けてい
たり、天音姉との大切な日常と壮絶な別れを描写してくれたり
でさらにずしりときてます。

それと主人公の天音姉に会いたいという願望が、必ずしも
世界平和?に繋がってないかもしれないという危うさもGJ

まぁそういう重さの一方、レナの無乳ネタやら霧島兄妹の登場
で萌えやら明るさのバランスもしっかりとれてるのも良い感じ。

というわけで、なかなかのオススメ。アワーズで連載中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏のあらし! 4巻

祝!アニメ化。つーわけでまだ4巻しかないのにアニメ化ですよ。

今回は重々しいエピソードもほぼなく、まんべんなくキャラがいい味
だしていて比較的気軽に楽しめる巻でした。

それにしてもいつの間にやら大所帯になってきたなぁ。

やよゐの意外な芯の強さが見れたり、潤の女として成長する苦悩と
女扱いされない苛立ちのダブルバインドがあったり、はじめの現代
っ子ではありえないほどの純情さにあらしが逆に照れてしまったり
と各キャラの掘り下げが実に良かった。

というわけで、面白い。スクラン途中で挫折した人にもオススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロッテのおもちゃ! 2巻

葉賀ユイさんのはいてない漫画というだけで満足してしまうのは
どうしたことだろう…?今回はロッテが非常に空気でしたねw

というのも母親であるメルチェリーダが登場したせい。
明日葉と直哉との関係が判明したことで、一歩間違えば重い
話になるところを二人の器量のでかさで心温まるエピソードに。

これで明日葉とロッテが異父姉妹ということがわかったけど、
肝心な理由、どうして直哉に預けっぱなしにしてたかは不明。

セオリーだと後継者問題とかなのかもしれないが、
この漫画であんまり政治臭い話になるのも考えられないし、
望んでもないなぁ。

次回からは学園編になるということで、楽しみが増えました。

しかし、あのユーディットのドSっぷりはあかんわー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

【8.5/10】

あーこりゃ、面白い。ネット上での高評価が気にはなってて、
ようやく手をつけたんですが遅すぎた。

昨今のライトノベルによくいるお兄ちゃん大好きっ子とは一線を
画したそのリアルすぎる兄妹冷戦の状況がある意味新鮮。

ちょっとしたことで妹の意外な秘密を知ってしまい、仕方なく、
妹の人生相談に関わる兄、高坂京介のお人好しっぷりが素敵。
ちゃんと相手の立場にたって考えられる理性と、いいたいことと
いうべきことをわきまえてるあたり、私的に好感度高い主人公。
キョンっぽい独白語りが多いのもツボですね。

ツンツンな妹の癒しとしてほんわか幼馴染がいることもGJ。

物語的にはいたってシンプルでわかりやすいのも良いですね。
共感しやすいですし。

というわけで、オススメもオススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この度は御愁傷様です

坂上徳三、享年78歳。
残されたのは三人の子供と、面識のない孫一人。

遺言内容。
総資産一億円の遺産配分は…ダーツで決めること。

というわけで、破天荒なじーさんの遺言から始まる
ドタバタホーム?コメディ漫画。

生前なんの職業をやっていたか定かではなく、
その行動は予測不可能な徳三祖父さんの生涯が、
死後、子供と孫の家宅捜索により徐々に明らかに
なっていくのですが、破天荒すぎるだろw

死んだはずのじーさんに散々振り回されながらも
子供達や、徳三じーさんの友人たちらが仲良く?
騒動に絡んでいくのがなんだか微笑ましい。

毎回毎回大金を手にしそうで、手に入らない展開に
いい年した大人たちが子供のようにはしゃいだり、
落ち込んだりする中、一人冷静な孫との関係も
面白い。

というわけで、なかなかオススメ。一巻完結です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

むっちりしていってね! 「ヘタコイ」 3巻

じじむさい性格で渾名がご隠居様な男、駒井静のラブコメ第三巻。

今回は温泉旅館でバイト編、というかRDにゲスト出演できそうな
小西くるみ嬢編。せっかく惚れてる流香と一緒のバイトでも、朝7時
から夜10時という激務のため、一緒にいれる時間は極わずか。

それでも確かな距離の縮まりを感じるご隠居様だったが、
当人の知らぬ間にくるみ嬢にフラグ乱立。
つーか、ナチュラルスマイルがイケメンすぎるw 
確か設定上三枚目だったはずなのに…
これで三枚目なら僕は枚数足りるんだろうか…

くるみ嬢の猛アタックにデートと色々美味しい思いをするご隠居様。
でも当人が鈍い為好意と気づかない。流香はそんな二人を見て、
気持ちを揺さぶれるという非常に王道なラブコメ展開でニヤニヤ。

それに流香とくるみ嬢に同じアクセをプレゼントして、
多大な揺さぶりをかけた後、流香を唖然とさせる静の本意が
実にズレていて素晴らしく笑えた。
マイナス要素を見事好感度UPに変換させる落とし神も真っ青な
ご隠居様の老獪な手口には戦慄を覚えたよ。

というわけで、なかなかの面白さ。
ラブコメ漫画に飢えてる方は是非とも読んでみませう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の冬コミは

むー初めて最終日以外も参加するかも。
28日にペルソナ4があるっていうのが理由なんだけれども、
まだ未確定ですね。

たくさんあるといっても、BLものは興味がないし…
とりあえず今はリストを作ってる段階なんでなんともいえない。

しっかし、pixiv見てるとすんげー同人誌作って欲しいのに、
個人サイトすらなかったりで非常に惜しい方がかなりいますね。

そういう方の間口を広げてるpixivはやっぱ貴重だなぁ。

Cherry Berry Strawberryさん空の境界より式

サプリズムさんペルソナ4よりりせ&くま

影の宴さんアクアプラスフェスタ&ライブ感想漫画

舞子海岸迄五分さんFate漫画020

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社会人だって恋は不器用 「リカってば!」

両思いなんだけど、誤解とすれ違いの連続でこじれにこじれて
あー、もう!的な感情に読者を落とし込む良作ラブコメ漫画です。

二十代だけど十代にしか見えない童顔男、塚田は同僚の佐倉利夏
に恋をしていた。一方、180センチで塚田をチビ呼ばわりする佐倉
も無意識的には塚田を意識していたが、そこに塚田のことを好きに
なるカワイイ系の女の子安曇千華子が入社してきて…

という展開は序の口で、こっからさらに佐倉のことを好きになる男性
も登場してきてこじれにこじれていきますよん。

塚田も佐倉も、過去に恋人がそれぞれいたにも関わらず、それまで
喧嘩仲間として、仲の良い同僚の関係を続けてしまっていたせいか
相手の気持ちを確かめることに非常に奥手になっているのが、実に
初々しくニヤついてしまいます。

本命以外の女性にはいかんなく優しさを振りまける塚田の不器用っ
ぷりと、好意に鈍感な佐倉のコンビがホント微笑ましい。

塚田に恋してしまう安曇さんも実に性格の良い子だけに、最終的に
傷ついてしまう展開になると思うと作者が憎い!
いや、たまに黒くなってしまいますけど、恋してるからしょうがないん
ですよ…

というわけで、オススメもオススメ。
くっつきそうでくっつかない、あーなんでそーなるかなー
と焦らしプレイを楽しみたい方には是非オススメですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「トリコ」は何気に面白い 1&2

美食屋トリコは未知なる食材を求めて世界中を探検する!

っていうワンフレーズで済むシンプルなストーリーですが、
これが少年漫画として非常に良くできてる上に面白い。

現実に存在する動物の生態を基礎に、少年漫画らしい
ケレン味たっぷりに装飾された動植物らが実に良い感じ。

もちろんキャラクターも魅力的。
主人公であるトリコは世界トップクラスの美食屋。

食材のグルメ度は、対象の凶暴さ、発見の難易度に
比例して美味しいことが多いため必然的に肉体的な強さが
求められるんですが、トリコは異常に強いく、動植物に関する
知識も豊富。

食べるため以外には正当防衛等の例外を除いて殺生を
禁じていたりとその戦闘力に見合わない理知的な面もある一方、
美味しいものをひたすら求める貪欲さ、食事中には夢中になり
すぎて人の話しを聞かないなんていう豪快な性格が基本的で
優しさとわんぱくさを併せ持った、見ていて気持ちの良い男です。

それと読者の代弁的に、トリコの異常な能力に驚くための
リアクション要員として登場する料理人小松。

当初は、存在意義が上記だけだった彼もトリコと同じ四天王の
一人であるココの登場で、他人を思いやる優しい面が見れたり、
一流の料理人として成長が期待されているフラグがみれたりと、
のびしろが一番期待されるキャラになっていたりで面白い。

ストーリーの展開も意外と伏線をまめに敷かれている丁寧さ。
美食屋にはそれぞれ個人の理想とするフルコースメニュー
というのが、対外的にはその美食屋のステイタス的な意味合いも
かねてあるのですが、トリコは1巻の初め一つだけ決まっていると
発言していて、それが虹の実かと思いきや、その後のココの発言
で、どうやら主菜だったことが判明なんて細かな伏線から、
ココの登場時あたりのわかりやすいものと等、色々仕掛けがなさ
れていたりするのが本当に巧みに感じられます。

捕獲レベルなんつー数字で表現するわかりやすさもGJ

ストーリー序盤は、食材の入手がバトル重視の方向だったのが、
フグ鯨の登場で単に力だけではどうにもならない場合も、
出てきたりと捕獲方法にバリエーションがでてきたのも良し。

今の所、一つ文句があるとすれば、捕獲した食材をそのまま
食べてる事が多く、料理するっていう面がちょい希薄なところか。

まぁ、その辺は小松君のこれからに期待すればよいでしょう。

というわけで、個人的にはかなり面白い少年漫画だと思います。
オススメ。

少年ジャンプで連載中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後まで恐面白いは難しい

自分は、サイコ系やら、ホラー系、サスペンス系なんかがそこそこ
好きではあるんですが、最初の状況にわくわく恐がるものは割と
多くても、最後までそういう感情を維持できるものとなると、
意外と作品名があがってこないなと、ふと思った。

理不尽な状況、現象、人間に遭遇して右往左往する主人公を
見ていて、面白がってはいても、終盤の展開になって謎が明らかに
されると拍子抜けしてしまったり、恐いとは別のものに置き
換えられてしまったりすることが多い気がする。

前者の例としては、スティーブン・キングの「IT」ですね。
殺人ピエロが実に不気味で気持ち悪かったのに、
終盤明かされたその正体にはポカーンとしてしまった。

因みに、映画「ゲーム」は良い意味でポカーンとするラスト。

後者の例なら、「ひぐらしのなく頃に」「サイレントヒル2」ですかね。
ひぐらしは前半のサイコ的な雰囲気から、後半の少年ジャンプ的
展開への展開にはがっかりしましたが、サイレントヒルのように、
悲しい系への転換は、割と好き。

「サイレントヒル4」のような設定なんかは大好物なんですが、
最終的には前者と後者の複合系だったかな。

ただ、ジョジョでも誰かがいっていたように、恐怖の根源の一側面
は「未知」からくるもので、原因、正体が判明する後半で、
面白さが失速してしまうのはやむ得ないかもしれない。

だからこそ、悲劇的な要素なんかが代わりに入ってくるのかな。

それなら、最後まで原因がわかなければいいじゃない?かとも
思うのだけれど、やっぱりそこは明かしてくれよと思ってしまう。

映画「CUBE」はそんなタイプの一例ですが、個人的にはすごく
つまらなかったです。一方、同タイプの映画「激突」はすごく好き。

で両作に感じた違いは何かと思ったら、たぶんオチが明かされる
期待感の有無だったんじゃないかと。「CUBE」はストーリーの展開
からオチ的なものを期待していた自分がいたと思う。逆に、そういう
のを期待せずに見れた人は面白かったんじゃないかと。自分にとっ
ては「激突」がまさにそういう作品だったと思う。

ところで、オチが判って恐怖が消えてしまうほかに、主人公の設定
から、序盤の恐怖感が消えてしまうこともある。

和製ホラー映画「ほの暗い水の底から」では、主人公であり、母親
でもある彼女の子への愛の深さ>恐怖、になってしまったり
するように、あんまりホラー系では主人公がけなげであったり、立派
な人間だと思うように恐がるのは難しい気がする。

ついでにギャグ>恐怖になってしまうことが多々あるが、
それは、それで非常に美味しい。

さてさて、ではオチが明かされてもおぞましく、かつ、悲劇やらに
変更されず、主人公に問題?がない作品はなにかあったかなぁ
と思うと、「リング」かな…

終盤までミスリードをして、明かされる気分の悪いラスト。
大ヒットする前に、テレビドラマで流された「リング」の面白さは
いまも色褪せません。
「らせん」「ループ」なんて作品は僕は知りませんよ、えぇ。

というようなことを眠れない夜にぽつぽつと考えてしまったので
ここで吐き出させていただきました。
後半がっかりする作品は多い。それでもその時感じた、恐怖が
いまだ新鮮に感じられるのならば、結果的に面白い作品かも
しれません。だから、ひぐらしも…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バカとテストと召喚獣 5

【8.5/10】

姉、襲来。頭は良いが常識が悪い明久の姉による生活チェックから、
一人暮らしを死守するため、勉強に頑張るの巻。

まぁ、いつも通りのおバカなやり取りに笑う笑う。
クールにおかしい明久の姉も良い感じでしたが、
やはりいつもの面子の方が面白い。

現実を直視できない姫路さんが素敵だw
小学生時代の二人のやり取りが気になります。
二大ヒロインのアプローチがかなり積極的になってきていて、
流石のバカも気づきそうな勢いですね。

というわけで、相変わらずの面白さ。
次巻も非常に楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペルソナ4 キリノアムネジア

【7/10】

ペルソナ3のノベライズを2本担当された作者だけあって、
キャラの台詞には特に違和感を感じる内容ではなかったものの、
もうちょっとはっちゃけて欲しかったというのが本音ではある。

内容は、雪子救出直後の話で陽介がメイン。主な登場メンバーは
陽介、雪子、千枝で、クマはほんのちょびっと。物語序盤退場して
しまったあの先輩の物語で、本編でも気になっていた点ではある
ため、そこの補完をされたのはよかったんですが、
やはりどうにもいまいち起伏がとぼしかったような気も。

というわけで、全体的にそつのない作品でしたが、
物足りなさはあるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして僕らは家族になる

ある日突然、現役女子高生と女子小学生との同居がスタートする
それなんてエロゲ?な展開から始まる四コマ漫画。

控えめで、おとなしい性格な女子高生、大野彩子と
9歳児とは思えぬほどの家事万能っぷりを披露する、松居鈴音。

そんな二人といきなり一つ屋根の下で暮らすことになった家長代理、
高内幸助。父親が事前の連絡もなしに家に引き取ってしまう辺りが
よりエロゲちっくであるのだが、二人には重い事情が…

あるかはまだわからない。しかしこの作者ならばシリアス要素の一つ
や二つは入れてくると思われる。

とはいえ、とりあえず、いきなり余所様の家に転がり込んで
色々気を使う、二人の女の子のアレコレが妙に和む。
釣り目がちなビジュアルなのに、
気が弱く、あれこれ慌てる彩子が大変かわいらしい。

むー保護欲を掻き立てられる娘だな…

暮らし初めを結構丁寧に描いているのは好印象。
お風呂でドッキリなんてベタもきっちり入れてくるのもGJ

ゲーム店でバイトする幸助のバイト仲間と、彩子の同級生をまじえた
メンバーと物語を転がす模様。基本まったり路線なんだろうけど、
二人が同居を始めた理由にまだ予断を許さないなんかがありそうな
背景事情はある感じ?

作者サイト→ http://nnbomb.blog119.fc2.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DOG LIFE &DOG STYLE 3

キノを逃がすため、撤退中の友軍にヴァンツァー部隊を、
近づけさせないため、おじさまは一人、
武器弾薬もないヴァンツァーに乗り込むのであった・・・

って!熱い!おじさまかっこよすぎ!
山とこさえた死亡フラグを乗り越えて、5対1という圧倒的不利の中、
魅せれくれますヴァンツァー戦。

電子戦を使いこなすおじさまのかっこよさは異常。
そしてラストシーンに感動せずにはいられない。
たとえ読者が覗き見趣味の変態パパラッチ野郎だとしても!

というわけで、非常に面白かった!
今回はこのエピソードで締めくくったのが実に心憎い。

あんまりネット上で感想見かけないのがちょい寂しい。

ヤングガンガンで連載中

サプリズムさんペルソナ4で雪子
間違いなく教えてもらえてないだろうなぁw

影の宴さんうたわれよりエルルゥ

舞子海岸迄五分さんFate漫画018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »