« むっちりしていってね! 「ヘタコイ」 3巻 | トップページ | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない »

この度は御愁傷様です

坂上徳三、享年78歳。
残されたのは三人の子供と、面識のない孫一人。

遺言内容。
総資産一億円の遺産配分は…ダーツで決めること。

というわけで、破天荒なじーさんの遺言から始まる
ドタバタホーム?コメディ漫画。

生前なんの職業をやっていたか定かではなく、
その行動は予測不可能な徳三祖父さんの生涯が、
死後、子供と孫の家宅捜索により徐々に明らかに
なっていくのですが、破天荒すぎるだろw

死んだはずのじーさんに散々振り回されながらも
子供達や、徳三じーさんの友人たちらが仲良く?
騒動に絡んでいくのがなんだか微笑ましい。

毎回毎回大金を手にしそうで、手に入らない展開に
いい年した大人たちが子供のようにはしゃいだり、
落ち込んだりする中、一人冷静な孫との関係も
面白い。

というわけで、なかなかオススメ。一巻完結です。

|

« むっちりしていってね! 「ヘタコイ」 3巻 | トップページ | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない »

漫画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/26204605

この記事へのトラックバック一覧です: この度は御愁傷様です:

« むっちりしていってね! 「ヘタコイ」 3巻 | トップページ | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない »