« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

放課後プレイ

黒髪ロングの黒スト彼女と、ダウナー系彼氏のゲーマーカップル
による、エロ四コマ漫画です。

黒ストの艶かしさだけに費やす四コマ漫画とかあり得ないよ!

とにかく、彼女さんの容姿がストライクすぎた。
黒スト穿いた足でぐりぐり責めてくるんでS気質と思いきや、
彼氏さんのちょっとした反撃で、泣きそうになったり、
嫌われてしまってないかきょどったりというメンタル面の弱さが
多々あり実にそそるものがあって困る。

というか頭なでられただけで感じないでよ!
キス一つにしても、なんでこうえろいのか・・・・

というわけで、彼女さんにそそられるものがあれば、
買って損はないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワールドエンブリオ 5巻

携帯電話を媒介に感染する化物「棺守」と戦い、
失踪した義姉の面影を残すマユから生まれた不思議な少女
を守る嘘つき少年の物語、第五巻。

出張から帰ってきた父親からネーネを育てることの覚悟を
問われるリク、着々と無乳ヒロインとフラグを積み重ね、
もいっこのフラグはと思ったら、アレだよ!

いやーこれは痛い。この予想外さは面白かったけど。

タカオの再登場、あの子の突如の参戦、
レナの失われた過去の端緒が見つかったりと、
萌え要素を絡ませながらも非常に濃密なストーリー展開
をこなしているなーと思ったら、最後にデカイ落とし穴。

この突き放し感にぞくぞくする!
決してストーリ展開は緩慢ではなかったけど、最後に比べれば
及ぶべくもない。あーこれまた、9ヶ月待ちなんですか…

というわけで、オススメ。アワーズで連載中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月の百舌谷さんはヤヴァかった

笑と感動を両方もってくるっていうのは凄いな!
しかもあのカーテンの演出とカラーのもってきかた!

99パーセントの人間は番太郎の頭を疑うけど、
残り1パーセントにはクリティカルな名台詞でした。

ドルアーガの塔 4話

不死の呪いを受けたギルガメスは、長年人間の暗部を見つめてきて絶望してしまいダークサイドに堕ちかけてる、と。完全な暴君になる前に、塔の最上階にいる分裂したギルを殺すことで呪いから開放することがカーヤの目的だったのか。元英雄が悪の道に堕ちるっていうのは結構好きな展開です。

ニーバの目的は明らかにならなかったけど、ギルを殺すことで自分が不死者になろうとか?俺が新世界の英雄になる!的な悪役になるとは思えないけど。しかしギルの堕ち方はナウシカのドルクの皇帝みたいだなぁ。もっともたかだか100年で英雄が暴君になるにはちょい早い気もするが。

Cherry Berry Strawberryさんとらドラ!より大河

影の宴さんうたわれよりユズハ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生徒会の四散 碧陽学園生徒会議事録4

【7/10】

生徒会室でハーレムを目指す阿呆な男と美少女四人がひたすらぐだぐだトークを繰り広げる変なラノベ第四巻。アニメ化かよっ!

今回も相変わらずですが、深夏&真冬姉妹に転機が訪れて…
と、若干姉妹メインの構成だったかな?
真冬の告白はズルイナw
でも、こうやって一人一人それぞれの杉崎に対する愛の形を示すことで、調和のとれたハーレムエンドを形作っていきそうかもしれない。

全体的に会話の面白さは今までと比べるとちょい微妙。
でも、ナツメロは面白かったね。いや、共感するでしょ?あれは。

妙にシリアスな企業編はいらん子扱いする読者が多いみたい
ですが、うん、僕もいらないかな。

・感想リンク

好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!! さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハニカム 2巻

ファミレスラブコメショート漫画、第二巻。

もー鐘成さんが可愛すぎる!
御手洗くんが好きだけど好意を素直にだせないその意地っ張り
具合ときたら!そのくせ、すぐ自分の行動に落ち込んだりしてね!

御手洗くんの一挙手一投足に一喜一憂したり、
笑顔の練習したり、相合傘の距離感にきょどったり、とね、
例を挙げたらきりがないほど可愛らしいわけですよ。

そして、今回から金持ちお嬢様の守時さんが新登場。
世間ずれした喘息もちの15歳な守時さんは小動物ちっくな
可愛らしさ。御手洗くんと鐘成さんの仲を応援しようとするも、
笑いあう二人を見て胸がズキッと、これは良いラブコメの予感。

というわけで、オススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドMの道は一日にしてならず 「百舌谷さん逆上する」 2巻

ツンデレが病気として実在する社会で、ツンデレ病にかかった少女と、彼女に振り回される薄幸の少年との青春物語第二巻。

のっけからクライマックス過ぎてお茶吹いた!
微笑みデブこと番太郎くんはまだ小学生なのに、いったい何処まで進んでしまうのか?夏休みの間中、肉体的に責められ続ける彼はいつしか本当のアレな人になってしまいかねないか甚だ心配である。一方、百舌谷さんは非常に良い笑顔を見せるようになってきていて、普段鬱屈せざるを得なかった愛情表現を惜しみなく発揮しております。

師匠のエヴァネタといい、ドM論といい、天国の鐘といい、この脳内おっさんが登場すると毎回笑わざるを得ない。

そして、弟勇次郎と阿呆ナースの登場でますますおもろくなってきた!
黒髪の百舌谷さんのがビジュアル的には好みだなー

というわけで、超オススメ。アフタヌーンで連載中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うさぎドロップ 5巻

じょっ!じょじょじょ女子高生になっとるー!?

5巻目からは数年後スタートとは聞いていたけど、まさか十年後とは。小一だったリンが高校一年生、大吉が40歳ですよ。しかしあんまり見た目が変わってないなぁ。相変わらず独身のようだし、二谷さんともどうにもなってなくて残念。

つーか、コウキがイケメンになってる!優男でモテオになるとは・・・
そんな十年後の世界は、大吉メインだった昔と違いややリンとコウキがメインになりつつあるのかな?ずっとコウキのことが好きだったリンに心変わりをもたらしたコウキの黒歴史が残念すぎる。更生した後で再び猛アプローチをするものの、これは微妙な気配だな…

いきなり十年たったので、その間にあったエピソードがちらほら。中学生でグレルあたりまでは読者の知るコウキの面影だったので、2、3年で顔変わりすぎだろー

わかりやすいコウキの反抗期に、わかりやすい大吉の制裁が大変微笑ましかったですね。なんだかんだで大吉の云うとおり中身は結局かわってないんで、またヨリが戻ってほしいなとは思います。

まぁ、それより二谷さんと大吉ですよ。なんだこのプラトニックさは。二谷さんが可愛すぎる。お互い簡単に踏み込めない状況にある以上しかたないんですが、早いとこどうにかなってほしい二人ですね。

というわけで、相変わらず超オススメ。FEEL YOUNGで連載中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GIANT KILLING 9巻

表紙カッコイイ!

VS.大阪ガンナーズ戦も、いよいよ終盤へ。達海監督の思惑がじわりじわりと効果を発揮し始めて、己の哲学と目の前の勝利に揺さぶられるダルファー監督、スポットが当たらなかったあの選手の活躍と密かな達海の期待と、長い長い戦いにも関わらず密度の濃い見所たっぷりな試合でした!

で、試合後は椿の原点を追うことにした藤澤記者の話へ。廃校となった小学生の時代の行動から判明する椿選手の原点。他の選手と違って珍しいその志望動機といい、面白い選手ですなー

というわけで、やっぱ面白い。多面的にサッカーの面白さを伝えてくれるし、均等にキャラクターの魅力を引き出しているのが良いですよ?

モーニングで連載中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドルアーガの塔2期 3話

かつては猛吹雪で、ここまで到達する登頂者もわずかだった場所がスキーの観光施設に!ドルアーガを倒した影響でモンスターが消えたけど、こういった環境そのものも、落ち着いたみたい。

んで、ネズミ溝と観光事業でメルト大金持ちに。
ギルガメスがドルアーガを倒したのを誰も信じてはいないようだけど、メルトが倒したってなぜみんな信じてくれたんだろう?ケルブ隊長が口ぞえしてくれたんかな?

幼女カイの世話をかいがいしくするウトゥは父性に目覚めちまったらしい。あっさり仲間を売って、挙句の果てに黄金騎士団の案内役になったメルトは完全に二軍落ちくさいですね。

で、まぁ、オチなんですけど、あれはない、ない。

Cherry Berry StrawberryさんTOP絵に蒼崎青子
おおぅサイトデザインがかわっとる!

まるたぁ小屋さんマフラーにジャージ娘

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬼切様の箱入娘 2巻

なんか、2巻でるのに1年近くかかってないか?

鬼退治一族の末裔伏緒綾史が、鬼と人とのハーフである千沙耶に振り回されるコメディ?漫画なわけですが、登場する千沙耶を始め、登場女性キャラがみんな黒髪ってのが何気に良い。

今回は、千沙耶を狙う針使いが登場してきたけど、6でいうところの心に折り目がついてしまったのであっさりシリアス路線から脱落。しかもだったとは。うん、確かに変態お兄様の云うとおり従順な頃のがハァハァするね。

鬼切術で散々パンチラが炸裂してたけど、明らかにモブキャラとは思えなさそうなのが二人ほど。マンホールからでてきるしなぁ。

というわけで、面白いんだけどもうちょっと刊行ペースがあがらないもんかな。月刊少年ガンガンで連載中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラノベ部 2巻

【8.5/10】

ラノベ読者が親近感湧きまくりな、第二巻。
相変わらず会話主体で場面移動はほぼありません。

ライトノベルの意義に関するあれこれ、メタ考察、
ラノベを貶める人に対する強烈な反撃等など、ラノベに
対するキャラクターの想いには感心と同意がしばしば。

ブリーチ式驚きや、既存ラノベのタイトルもじりに、実在する
サイト名のあれこれといった小ネタも楽しめましたが、
なんといっても、合間合間に語られるラノベ部創設の話が良い。

一筋縄ではいかない幼馴染竹田と美咲の関係が!
非常に甘酸っぱいよ!
二つ名を付け合って心の抉りあい合戦を始めるあたりでは
笑わせてもらいましたけど。

というわけで、オススメもオススメ。
厚さといい読みやすさといいお手軽なラノベなので、
是非、一読をば。

好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!! さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神様ドォルズ 4巻

ゲェー!でかいっ!と、何をしていても日々乃さんのおっぱいに
目がいってしまう凄まじい乳力だった第四巻。

限界までジーンズ下げられたり、○の穴に指突っ込まれたりと
ヒロインABには大変セクハラな回だったけど、
前巻のシリアス具合を考えれば、読者的には喜ばしいこと
この上ない。

ストーリー上は、国会議員のおっさんという新キャラが登場し
たりで、ますます登場人物の思惑が入り乱れてきましたな。
主人公に目指すべきものが見当たらないのでどうにも、
ストーリー上の終着点が見えないのがもどかしい。

阿幾のいう匡平の大きくて黒い力が、天照素を動かす
フラグになってるんかな?

まぁ、それはともかくやはり日々乃さんと詩緒の表情がいいね。
コミカルなのもシリアスなのも。
阿幾に匡平が好きなのか?と問われた時の日々乃さんの
なんともいい難い表情が個人的にはツボってます。

というわけで、オススメ。サンデーGXで連載中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年の良かったゲーム&エロゲソング

さして、聞いたわけでもないけど大体こんな感じ。

「Never More」
「Reach Out To The Truth」

やっぱまずはペルソナ4ですね。何度聞いたか分からない。
Never MoreはED曲、Reach Out To The Truthは通常戦闘曲。
ペルソナ3に続いて目黒さんはホント良い仕事してくれました。

【ニコニコ動画】Reach Out To The Truth

「(a)SLOW STAR」
「アイノコトバ」

スマガはゲーム内容も面白かったけど、曲もえがったよ。
特に、ポップな「(a)SLOW STAR」とバラード曲の「アイノコトバ」
の二曲が大好きすぎる。シュールなデモ映像との雰囲気が
最高にマッチしてました。

【ニコニコ動画】Nitro+ スマガ demo

「ゼロの調律」
「NOISE」

2曲とも、零 ~月触の仮面~から。天野月子さんの歌手活動
停止は非常に残念。
ドスの聞いた歌声が心震わせます。

「アイの庭」

落し神を泣かせる程のゲームだったらしいけど、
曲は素晴らしい。

【ニコニコ動画】【MAD】雲のむこう、約束の場所 (アイの庭)

「瑠璃の鳥」

エロゲ、殻ノ少女より。イントロでもってかれました。

【ニコニコ動画】殻ノ少女 瑠璃の鳥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

C75 同人誌感想

「ぺるよん」 ジャンル/ペルソナ4 サークル/猫娘亭

ペルソナ4の四コマギャグ本。夏コミのP4本といい、
相変わらずギャグのキレがいい。主に下の方向で。
ま、下ネタだけでなく「りせとななこ」のスキー、大スキー
な奈々子の可愛さとネタの面白さも秀逸ですが。
一応時系列順?になっていて、ラストの締め方も最高です。
まだ、委託されてないけど、そろそろかな?

「やんなぎ」 かんなぎ 楊柳屋

かんなぎの一般向本。アニメ第7話を元に話を広げられた
ストーリー作りが実にうまい。仁がちょい欲望に素直にな
っている以外キャラクター像は自然に感じられます。
仁のビデオに纏わるつぐみの教育的指導、ざんげちゃん
の誘惑、ナギの策略と、三人がそれぞれ活躍してくれますよ。

メロン通販ページ とらのあな通販ページ

「リス姦~完全版~」 クイーンズブレイド 沙悟荘

18禁同人誌の中で最もお世話になった「コト輪」を出した
サークルさんの同じく輪姦もの。おっぱいたゆんたゆんで
最初いやいや、でも気持ちがいい!とストーリー自体は
いたってシンプルだけど、それだけに実用性に特化した作り
になっています。しかし、個人的にはまだ「コト輪」のが
上かなと思ったり。その差は説明ができそうもないけど。

とらのあな通販ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋愛ラボ 2巻

三年生メンバーも加わり、面子の揃った生徒会メンバー。
内輪で妄想し続けた恋愛研究も相談事が舞い込んだりと
ちゃくちゃくと実践編へ移行した模様。

やー相変わらず会長真木のお花畑な思考具合が良い感じ。
リコの突っ込みと真木のボケだけでも楽しいですね。

三年組では真木に次いで残念具合が高い榎本先輩が好き。
まさに恋に恋する女子中学生らのやりとりが微笑ましい。

こんな甘々がほとんどだけどたまに酸味が利いてるのもよし。
誰だけ分からない相談者にどうやって伝えるかのエピソード
とかね。

そしていよいよ、リアル男子学生の登場ですよ。
リコは失恋人生と思ってるようだけど、本人の自覚していない
ところでモテモテだった臭いですね。まー普通に可愛らしい
ですし。

というわけで、オススメ。まんがホームで連載中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドルアーガの塔2期 2話

2期になっても、毎回お風呂はやり遂げるらしい。
田中敦子ボイスで喘ぎ声とはやってくれる。目を閉じれば
少佐の姿が…みえない!やーしっかり太ったおばさんの声
になってるぅ。さすがプロ。

ロリカイが突き刺したアナはどちらのアナか気になるところ。
つーか、なんだあの悲鳴はw
何気に間接キス?だなあの黄金騎士団は。

飛び降りて、ジルにお姫様だっこされるファティナは、
正ヒロインのポジションにあるといってよいだろう。
これでホント兄弟そろって道具として利用されたら
許しがたいよ。

ケルブ元隊長の下で働いている女の子二人は1期に
登場していたのかな?黄金騎士団の側近が元親衛隊の
生き残りだったりもしてたから、いそうではあるけど。
美肌に拘にある女性グループ登頂者の人達?

新装備を披露して俺はレギュラーだといわんばかりの
ウトゥのこれからに期待。ジルの新盾は扱いやすそう
だけど、1期の方が個人的には好きだなー

舞子海岸迄五分さんFate漫画024

殆ど死んでいるさんC75レポその5

| | コメント (0) | トラックバック (1)

神のみぞ知るセカイ 3巻

女の子に憑りついた悪人の魂を回収するべく、ドジっ娘悪魔エルシィと無理やり組まされることになった二次元至上主義者桂木桂馬のリアル女の子攻略も早二ヶ月。

毎回毎回一人の女の子を落としにかかるパターンがマンネリにならないよう、途中に桂馬の日常を入れてくるのはいいね。流石の落とし神もあんなバグゲー攻略は無理すぎるだろ。現実でも決して冗談ではないバグ設定がギャルゲ業界の凄まじさをリアルに語っていました。とりあえず自分はおたくま…を思い出したよ。

さて、三巻は武道娘の先輩とエルシィの同僚ハクアの登場。早く駆け魂集めから開放されたいとはいえ、桂馬のハクアに対する気の使い方にはニヤつきますね。しっかり嫉妬していたエルシィも可愛くてよし。

ハクアの説明で、地獄世界と駆け魂の正体が判明したけど、地獄が真っ当になってるなら天国はどうなってるんだろ?つーかそのうち天使とかでてくんのかな?

そして相変わらず軸のぶれない我らが落とし神はかっこいいね。そんな桂馬の微妙な変化がこの漫画を決してマンネリたらしめない所ですかね。

というわけで、オススメ。少年サンデーで連載中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年明けアニメ

いつの間にやらサンレッドしか見なくなっていた…
年明けアニメは、ドルアーガの塔2期は待ちに待っていたので、
当然視聴続投。宇宙をかける少女は1話みたけど、
内容がさっぱり。ルル山さんはルルーシュすぎるw

ドルアーガの新OPはまたまた現代パロで良いね。
1期ラストから半年たって、すっかりファティナのヒモに
なっていたジル。傷の舐めあう関係が実にエロイ。

というか、最終的にハーレムエンドでいいから、
ファティナが斬り捨てられる結末は勘弁して下さい。

舞子海岸迄五分さん Fate漫画023

殆ど死んでいるさん C75レポその4
こーいうイベントレポ読むの大好き。楽しさが伝わってくる
よね、ホント。

こんがりぱすた定食さん 冬コミ上京日記
同じくイベントレポ。

漫画家(仮)さんみんミュー!106話

影の宴さんうたわれるものよりアルルゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とらドラ・スピンオフ!2 虎、肥ゆる秋

【8.5/10】

本編が佳境に差し迫り重い雰囲気の中、飛び出た明るいノリ
のとらドラ短編集。個人的にアホの春田と独身の話が非常に
良かった。

春になったら群馬に行こう!

前巻、美人女子大生の彼女を連れていた春田とその彼女と
の馴れ初め話。愛が…重い!
春田の言動はホントアホすぎるけど、要所要所でよく廻る口
に、相手の行動の真意にすぐ気づく辺り、只のアホではない。
うーん、でも男の子だったら、溺れた女の子を助けて…って
妄想ぐらいするよなーしかもそれが現実化したら浮き足だつ
のも無理はない。

先生のお気に入り

恋ヶ窪ゆり先生、人生ドツボの22歳の思い出ボロボロ話。
ストーカー気味の生徒や、八つ当たりする彼氏に振り回
されて、泣いても、喚いても、みっともなくても立ち上がる
先生に惚れる!
いやーなんで独身なのだろう?結婚してください。

というわけで、本編キャラのエピソードよりもサブキャラ
メインの話がダントツだった短編集。
10巻もあまり間を置かずでるそうなので楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぬらりひょんの孫 3巻

のっけからクライマックス牛鬼編。

自分の愛した奴良組を守るために命を賭けてリクオを試した
牛鬼のバックボーンの描写、彼の覚悟を受けて、
妖怪の総大将の孫であり跡目でもある人間リクオが
その責任を自覚し決意を固める流れは実に
かっちりはまっていて地味に熱くなる展開でした。

妖怪リクオがぶっとんでるだけで、人間リクオも決して
へたれではないんだよね、そもそも。
人間リクオのままで幹部衆をだまらせた手腕も見事だった。

カナ、13歳ー

在りし日のぬ~べ~を思わせるストーリーが実に懐かしい。
こういう話も、今後はちまちま欲しいところです。
人間リクオが気になる男の子だったはずなのに、
命を助けられてからは妖怪リクオに惚れるカナ、13歳。
これも一種の寝取られなのか?しかし、つららがメイン
ヒロインであるこの漫画にとっては些細なことではある。
旗をふりふりしているつららが可愛すぎるね!

風の妖怪。

四国の妖怪が攻め込んできたということで、過剰なバトル
路線に移ってしまいかねないかやや心配。
無駄口叩かない敵キャラには好感がもてた。
お金がないのか制服を買えず、体操着なままのゆらは
じいちゃんとフラグを黙々と建設中。
こいつは食べ物で簡単に釣れそうだ!
じいちゃんのメレオロンもしくはノトーリアスI.C.E.的な能力は
反則だよねー

というわけで、面白い!キャラといいストーリーといい、
作画といい、つららといい、隙のない漫画ですよー

少年ジャンプで連載中~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙兄弟 4巻

宇宙飛行士選抜試験、第三次審査も後半戦。

突如壊れる時計、夜中になるアラームに空気の悪くなる
チーム一同。犯人を見てしまった六太の行動は―

こういう不測の事態における六太の行動は、やはり大した
ものですね。彼には命を預けて宇宙にいけそう。

一方、せりかさんの残念具合はどうだろう…
いや、最初の食べすぎで食料足りなくなるのは許せても、
足りなくなってからもおかわりするなよ!と突っ込まざるを
得ない。宇宙空間で食糧問題が起きたときに絶対ご一緒
したくない方ですよw

ケンジチームの一人、溝口くんはホント駄目な子でした。
さすがのケンジも危うかったものの、とーちゃんは強かった。

自分の好きな話題についてこれるチームメイトとの会話に
楽しさを感じる六太の気持ちはオタなら皆、頷くものだろう。

という流れで、いよいよ三次審査の終わりが見えたと思った
ら以下続くと、非常に気になるところでおわっとる。

うーん、やはりオススメもオススメ漫画です。面白い。

モーニングで連載中ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お陰様で。

20万HIT達成しました。見てくださってる方々ありがとー!

ブログ始めて2年8ヶ月。今年の五月で丸3年。
なんだかんだでよく続いてるなぁーと思います。

これからも、閲覧者様にとって良い本との出会いの
橋渡しができれば、良いなと思ってやっていこうかと。

では、これからも宜しくお願い致しますー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謎の彼女X 4巻

冒頭からいきなりおっぱい鷲づかみとか、どんだけー

これは高校生なら押し倒しちゃってもしょうがないね。椿くん。
「よだれ」で相手の気持ちが伝わる謎な彼女卜部さん。
っても、四巻も付き合ってくればあんまり謎には感じなくなった
一方、甘酸っぱい青春模様の色合いが強くなってきましたね。

よだれだけでもマニアックプレイなのに、
髪の毛をぐしゃぐしゃにされると気持ちいいとか、ホントこの
漫画は独自路線を突き進んでいくなー

卜部さん似のアイドルとか、瞳が小さくかかれがちなのに、
充分かわいく見えるっていうのは最近の漫画ではなんか
珍しい気がする…

しかし、エロ本をハサミでバラバラは高校生には無体な
仕打ちですねw めげずにまた買ってる椿くんに好感が
もてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家族ランドマーク

地味だけどすんごいハートフルなホームドラマ漫画です。

他人より少しだけ髪が伸びるのが早い麻子は、しっかりもの
で心優しいお姉さんだけど、他人と接するのが苦手。
弟の駆は、お調子者で、ただいま反抗期の真っ最中。
母の奈津子は気が強く、駆を叱り飛ばす毎日。
そんな家族を笑顔で見守る父、泰博は飄々としてるが
一度凹むと取り返しがつかない人。

そんな家族四人の物語…なんですが、実に暖かい。

駆は姉と比較する母の説教にイラついて、自分の部屋に
引きこもるものの、母の干した布団の匂いで安心してしま
うことに悔しがる辺りが可愛らしい。
朝食を食べないことで些細な反抗をしてみたり、
家出をしたあとで、追いかけてこいよ!とつっこんだりと、
駆の反抗期は素直なので大変微笑ましいですね。

姉の髪は感情の起伏で一気に伸びるため、親しい人間から
みるとどれだけ凹んでるのかがわかったりと、犬の尻尾の
ような感じで可愛いな。

バカにされることを恐れて一人の友人に依存しきっているの
だけれど、その友人の心の内を描いたエピソードもえがった。
うーん、いい子です。

というわけで、オススメ。
怒って、泣いて、喧嘩して、取り返しのつかない言葉を
吐き出してしまっても、また元の鞘に戻って笑い合える…
それが家族ですよねーとほっこりできる良作漫画。

つーかこれ、一巻で完結なのか・・・もったいない。
麻子の恋愛話とか盛り込んで欲しかったのにナァー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弱虫ペダル 4巻

カコクさも 困難も 失敗も 自転車はゼンブ楽しサにかえてくれる まだ見たコトのナイ道を 海を 山を 前に進むというスバラシサを カレが魅せているのは

自転車の根源的なオモシロサデスヨ!!

という魅力が全開の自転車競技漫画、第四巻。

一年生ウエルカムレース一色の構成で、最後までホント熱い!
上の監督の台詞が実に素敵だ。

坂道の能力の高さにちょっぴり「それはねぇだろー」という
ややテンション下げ気味な気持ちがなかったかというと、
否定しきれないが、それを充分覆いつくすものが確かにあった。

クールな仮面を脱ぎ捨てた今泉の爽やかな熱血っぷりと、
追い詰められた時のがむしゃらな熱血さが実に良い。

後ろから見守る先輩や、寒咲さんの驚きようっぷりは、読者の
興奮を煽る一方、やや笑いも頂戴したり。部長は驚愕しすぎw

山岳賞の結末、レースの顛末の核は、ここでは語らず、
是非読んで欲しいですね。ただ、杉本くんは経験者を連呼
するだけあって何気に初心者とは1時間近く差をつけている
のが興味深かった。まぁ、今泉達には同じく1時間差つけ
られているけども。

しかし、これでようやく本格的な部活動が始まるかと思うと、
このテンションが維持できるのか期待と不安で一杯ですな。

まぁ、連載で読んでるぶんには、杞憂ですがね。
つーか、巻島先輩いいよ巻島先輩。

というわけで、オススメもオススメ。

少年チャンピオンで連載中ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“文学少女”と恋する挿話集

【7/10】

文学少女シリーズの外伝的短編集。重い話に繊細なキャラが
非常に多く登場する本作ですが、今回の短編は比較的ライト
に読めたのが良かった。MVPはボート部一同ですね。

一話ごとに、本編と同じく実在する小説をモチーフとして語られ
るもんだから、文学少女の「語り」にやや胸焼けしそうにもなる
が、そこは話のおちゃらけさで相殺か。
ただ蟹工船のやつは行き過ぎだろー

個人的には、“文学少女”と扉のこちらの姫が良かったかな。
遠子先輩のナチュラルに人の精神を救ってしまう性質が、
よく現れていた話ですね。

それにしてもななせさんが全く登場しないのはどうしたことか!
2巻から…かな?竹田さんは…まぁ、いいか。

というわけで、本編の重さを幾分やわらげてくれる短編集でした。
はっちゃけようとしていても、随所随所にずしりとくるのが垣間見
える辺り、やはり文学少女だなぁ、とは思いましたが。

・感想リンク
好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バクマン。 1巻

デスノートコンビ小畑健×大場つぐみがジャンプに帰って来た!
今回は中学生二人が漫画家を目指す物語。

真城最高(あだ名サイコー)は作画担当、高木秋人(シュージン)
は原作担当で始まる漫画道。

二人が漫画家を目指す動機は、意中の子と結婚したいだの、
金だの名声だけど、根底には漫画愛があるから無問題。

ジャンプ連載漫画がジャンプの編集や打ち切りシステムを
語ったり、実際に存在する作品名を挙げたりと、リアルな業界
ネタとして興味を多いにそそられる一方、

サイコーの叔父が、昔一発当てた漫画家だったものの、過労死してしまっていて彼の動機も、好きだけど思いを告げられない女の子を振り向かせたい一心で、頑張っていたというその生き様のピュアっぷりが現在のサイコーとシンクロしていて遺志を継ぐ的な展開は、特に思い人の運命的な繋がりはできすぎだけれどもロマンがあって非常
に良いですな。

中学生にしては、二人とも異様に高スペックで18は無理でも
成人するまでにアニメ化してしまいそうな気配は感じるが、
このさくさく進みそうな勢いの良さは○

しかし、おまけとして大場つぐみのネームと小畑健の原稿が
載っているのだけど、どう見てもラッキーマンだ!
前々からネットで噂されていたけど本当だったんだなぁー

それと新人の原稿をシュレッダーにかけた編集者は、
どことなく鳥嶋編集長に見えるのだけど…

駄目な編集者を語るサイコーの様は生々しすぎて、
誰かの思いを代弁しているようにしか見えないのが笑えます。

というわけで、オススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008冬 エロマンガ10 

昨年に続いて、今年も参加します酔拳の王 だんげの方さん
主催の2008冬 エロマンガ10。

2008年に出版されたもの縛りにしようとも思ったのですが、
先日やったエロマンガBEST10 A面エロマンガBEST10 B面
を足して2で割るだけの結果になるんで、2008年に読んだ
126冊からの10本とします。

集計用は一番下です。

10位 エロマンガみたいな恋しよう

2006年もの。軽いノリで明るくラブいえろ漫画短編集。
パロネタの使い方が非常に秀逸で、おっぱい大きな娘
ばかり。おっぱい星人とギャグが好きな方は買い。
当時の感想

09位 Gift

LO作家期待の新人東山翔先生の初長編もの。天才少女の
孤独と救済を描いたほっこりする暖かいエロマンガ。

08位 おませで御免

H時の激しい表情が秀逸のロリ漫画。プレイは激しく、
みんな淫乱だよ!
当時の感想

07位 扉をコジあけて

先月一般誌で期待の新人としてデビューした方の長編もの。
ドS男の純愛エロマンガです。ラストに語られる男の舞台裏
を描いた話が実に良いw 2004年もの。
当時の感想

06位 妹バカ一代!

タイトル詐欺漫画。妹系は1本だけ。絵柄は一般受けしない
ものと思うけど、不思議と女の子が可愛らしい。
個人的には横目がポイント。2007年もの。
当時の感想

05位 ツンデロ

周囲から注目される美少女が自分に好意をもってる挙句に
ドスケベだったという男の妄想を具現化したアへ顔短編集。
とにかくねちっこくてエロエロ。

04位 相思相愛ノート

前巻と大して絵柄が変わったはずではないと思うのに、
自分の中では評価が急上昇。なんでだ?
水着か?水着なのか?そんなお手軽短編集。

03位 いつも君を感じてる

一般紙では削除されるラブコメ漫画のHシーンの一幕
だけを抜き出したようなラブコメ短編集。2007年もの。
鉛筆書きのようなやわらかいタッチが非常に良い。
当時の感想

02位 ラブでれ

絵柄は一般受けしそうにないし、今風ともいえないが、なぜか
エロイのはそこに愛があるからー!ハーレムエンドを最後まで
幸せに描いたお話が超好き。
当時の感想

01位 美~ちく

大好きだけど、イマイチ性転換ネタとかが合わなかった作家
さんが手堅いラブコメ短編集を書いてくれたのだから嬉しくない
はずがない。なかだし描写が肉感いっぱいで大変エロイ。

以上、大体こんな感じ。
それと今回の追加企画、
「これさえあれば、どんぶり3杯分は出せる」という
シチュエーションを一つ書いてください。

は割と悩みました。

まぁ、なかだし孕ませ系ですかねー
人×人も良いが化物×人でも断然可。シチュ的には
最初嫌々、でも気持ちいい!という王道的展開から
ラヴい和姦系まで明暗どちらも好き。

・集計用

ヤスイリオスケ,エロマンガみたいな恋しよう
東山翔,Gift
御免なさい,おませで御免
ZERRY藤尾,扉をコジあけて
くどうひさし,妹バカ一代!
武田弘光,ツンデロ
フクダーダ,相思相愛ノート
葉雨たにし,いつも君を感じてる
尾野けぬじ,ラブでれ
DISTANCE,美~ちく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SKET DANCE 6巻

困った人を全力で応援する青春学園漫画、第6巻。

ここぞという時は頼りになる主人公ボッスンだけど、
基本メンタル面が弱めで、すぐいぢけるわけですが、
それを見てオカン力を発揮して慰めるヒコメとのやりとりが
すんごい好き。

つーか結婚発言で照れてるヒメコが可愛すぎるっ!

それはさておき、今回のメインは音楽祭編。

現実に存在するバンドの歌を真正面から話の核に
盛り込んできたのは割と新鮮に感じた。

この漫画のギャグが好きだけどこーいう青臭さも良いね。

にしてもまた濃いキャラがでてきたなーw
そのうちまた絡んでくるだろうからこの漫画は恐い。

つーわけで、面白い。オススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それでも町は廻っている 5巻

日常系コメディ漫画、第五巻。

今回はミステリな雰囲気が話が多め。どの話もとにかく、
ストーリーの作りが素晴らしい!

歩鳥の小学校に対する感想は、意外な聡明さを感じました
が、次話において森秋先生に対する将来のビジョンでちゃんと
落としてくる作者は意地が悪いw

小学生の頃の歩鳥のほうが女の子っぽいなぁ。

紺先輩の父親の名前をなんで歩鳥が知ってるのかが、前
話でさりげない伏線として登場しているのは流石。

にしても、歩鳥の弟は精神年齢が高すぎるだろ。
そりゃもてるよなー

非日常が存在する世界だけどギリギリで主人公たちには
何ら影響していない構成は、現実にもロマンを期待
させる感じで個人的には好き。

というわけで、相変わらず面白すぎる。
今回は真田の出番がほぼなかったんで、甘酸っぱい青春
さが少な目だったんで次回はそっち方面に期待。

しかし、クリーニング屋はむかつくねw
奥さん美人だし。

アワーズで連載中ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年のご挨拶

まずは明けましておめでとうございます。
今年も当ブログを宜しくお願い致します。

ってなわけで、2009年始まりましたねー

とりあえず近所の神社にいって、参拝して、ミカンもらって、
甘酒飲んで、と正月らしいことをしてから、元旦そうそう、
メロンブックスに行って、買い逃した冬コミ本とうみねこ
GETと今年もまー相変わらずに生きていきそうです。

昨年は、更新量が激減してしまったので、
なんとか、毎日更新を胸に頑張りたいナァ。

一年の目標としては、ダイエットと、もっとネット間の交流を
図ると、例年通りを掲げたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »