« バクマン。 1巻 | トップページ | 弱虫ペダル 4巻 »

“文学少女”と恋する挿話集

【7/10】

文学少女シリーズの外伝的短編集。重い話に繊細なキャラが
非常に多く登場する本作ですが、今回の短編は比較的ライト
に読めたのが良かった。MVPはボート部一同ですね。

一話ごとに、本編と同じく実在する小説をモチーフとして語られ
るもんだから、文学少女の「語り」にやや胸焼けしそうにもなる
が、そこは話のおちゃらけさで相殺か。
ただ蟹工船のやつは行き過ぎだろー

個人的には、“文学少女”と扉のこちらの姫が良かったかな。
遠子先輩のナチュラルに人の精神を救ってしまう性質が、
よく現れていた話ですね。

それにしてもななせさんが全く登場しないのはどうしたことか!
2巻から…かな?竹田さんは…まぁ、いいか。

というわけで、本編の重さを幾分やわらげてくれる短編集でした。
はっちゃけようとしていても、随所随所にずしりとくるのが垣間見
える辺り、やはり文学少女だなぁ、とは思いましたが。

・感想リンク
好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!さん

|

« バクマン。 1巻 | トップページ | 弱虫ペダル 4巻 »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/26909752

この記事へのトラックバック一覧です: “文学少女”と恋する挿話集:

« バクマン。 1巻 | トップページ | 弱虫ペダル 4巻 »