« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

エロ漫画家全選手入場

先日見たレビューサイトの全選手入場ネタと、へどばんさんのロリエロ漫画家全選手入場ネタを見たら、ムラムラしてきてついやってしまった。今は反省はしている。
ツッコミ所満載ですし、へどばんさんのを参考にして作ったため、パクリインスパイアしまくりですが、ご勘弁を。それでは・・・・・

全選手入場!!

貴女殺しは生きていた!? 更なる研鑚を積み銀竜の黎明が甦った!!?
陵辱神!! 向正義だァ――――!!!

ローレグはすでに我が完成している!!
しょーぱん!!朝木貴行だァ――――!!!

読みしだい抜かせまくってやる!!
実用性ルーキー代表 武田弘光だァッ!!!

ロリのエロマンガならLOの持ち込み大賞受賞者の経歴がものを言う!!
超絶背景 ただひたすらに圧倒的 雨がっぱ少女群!!!

真のロリコン漫画を知らしめたい!! おじょうさまのひみつ 犬星だァ!!!

モノクロは3階級制覇だがカラーなら全階級オレのものだ!!
ホットミルクの鉄板 石恵だ!!!

本番対策は完璧だ!! Lord of Trash A-10!!!!

全獣姦のベスト・シチュエーションは私の中にある!!
獣姦の神様が来たッ 栗田勇午!!!

黒ストなら絶対に敗けん!!
催眠術の奥義見せたる 独蛾 月吉ヒロキだ!!!

エログロ系ならこいつが怖い!!
四肢切断の猟奇絵描き 氏賀Y太だ!!!

韓国から分類の鬼が上陸だ!! Lovers in Winters Boichi!!!

消しの薄いエロが描きたいから成コミ作家になったのだ!!
プロの技巧を見せてやる!!鳴子ハナハル!!!

事後の土産にぶっかけとはよく言ったもの!!
男達の射精が今 実戦でバクハツする!! 白濁流精液 エレクトさわる先生だ―――!!!

世界ヘヴィ級おっぱいこそが地上最強のエロマンガだ!!
まさかこの男がきてくれるとはッッ 天太郎!!!

アナルセックスを描きたいからここまできたッ 前の穴など一切不要!!!!
思春期のクレイジーファイター 紺野あずれだ!!!

オレはサブカルエロマンガ最強ではないサブカル漫画で最強なのだ!!
御存知下水街シリーズ 掘骨砕三!!!

エロマンガの本場は今や同人にある!! オレを抜かせる奴はいないのか!!
沙悟荘・瀬浦沙悟だ!!!

エロィィィィィイッ説明不要!! ナカダシ!!! アクメ!!!
月野定規だ!!!

競泳水着は実戦で使えてナンボのモン!!! 超初回限定術!!
本家快楽天からぼっしいの登場だ!!!

獣耳はオレのもの 邪魔するやつは思いきり薦め思いきり染めるだけ!!
犬耳・犬しっぽ統一王者 いぬぶろ!!!

自分を試しに成コミ界へきたッ!!
ぴたごらすびっち ポン貴花田!!!

ストーリーに更なる磨きをかけ ”景えんじ”もとい尾野けぬじが帰ってきたァ!!!

今の自分はくどうひさしではないッッ!! ふっくらほっぺたー 大道いむた!!!

初単行本から15年目の経験が今ベールを脱ぐ!! ツンデレさん 猫玄だ!!!

読者の前でならオレはいつでも全盛期だ!!
燃える漫魂 ゴージャス宝田 PNで登場だ!!!

ラノベの仕事はどーしたッ エロスの炎 未だ消えずッ!!
ラブも陵辱も思いのまま!! さめだ小判だ!!!

特にチンコはないッ 百合がエロイのは当たりまえ!!
成コミマークがないのはないしょだ!!! 少女セクト!
玄鉄絢がきてくれた―――!!!

暗黒童話で磨いた実戦ロリ!!
コアマガのデンジャラス・エホン SASAYUKiだ!!!

長編だったらこの人を外せない!! 小池田さんと遊ぼう!! みた森たつやだ!!!

超一流サブカルの超一流のロリエロ漫画だ!! 生で拝んで凹みやがれッ
LOの哲人!! 町田ひらく!!!

ニードルはこの男が完成させた!!
古参会の切り札!! 矢追町成増だ!!!

若き王者が帰ってきたッ
どこへ行っていたンだッ 年刊チャンプッッ
俺達は君を待っていたッッッ中年の登場だ――――――――ッ

加えて原稿紛失に備え超豪華なリザーバーを4名御用意致しました!
ナカダシャー 土居坂崎!!
乱交派抜手 小柳ロイヤル!!
東洋の巨乳!DISTANCE!

……ッッ  どーやらもう一名は到着が遅れている様ですが、到着次第ッ皆様にご紹介致しますッッ

というわけで、以上。どっか笑えたところがあればこれ善きカナ。
銀竜の黎明は絶望的だけどねー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絶体絶命教室

成年コミック感想文第15回は、ゴージャス宝田先生の「絶体絶命教室」です。あの傑作「キャノン先生トばしすぎ」に負けずとも劣らないクオリティを誇ってますので、オススメもオススメエロマンガ。

収録作は、大地震により5人の生徒と1人の男性教師が地下に閉じ込めれられる長編「クラッシュ!」と短編2本。全て和姦でオールロリ(12歳程度)。

「クラッシュ!」は特に仲の良くもなく、あるいは仲が悪い関係もある5人の生徒が死の淵に立たされたことで、心の内に閉まっていた想いやわだかまりを曝け出すことにより絆が深まっていく過程が非常に秀逸で、そんな幼いながらも逞しい少女らに感化されていく教師も織り交ぜた極上の人間ドラマに仕上がってます。

5人それぞれに教師に対する想いや、同級生に対する感情、隠していた本性とバリエーション豊かなわけですが、中でも周囲と壁を作っている少女三枝悠紀と三枝に裏切り者呼ばわりされる五島緋鶴との軋轢が解けるシーンが素晴らしい。三枝の台詞はとてもこの年齢の子がいえることじゃーねーですよ。

実用性に関しては、5人の中にはおっぱい大きな子もいることで、ロリ絶対無理!という諸兄の方にもわりかし親切ではあります。おなかのぽっこり感がなかなかいやらしい。

で、残りの短編2本なんですが、これが異常にスゲーのですよ。
一話で泣かせる「アンジー」も半端ないですが、際立っているのがもう一つの短編「ハートメイカー」です。

ストーリーはペースメーカを埋め込んでいる少女が優先席の目の前で携帯を使うおっさんに涙目になっているところをバイオ・メカニクスの天才である偏屈な男が助けたことで始まるボーイミーツガールなお話。

元々は長編として考えられていたというだけあって、男女のキャラが立ちすぎ。男性の意地悪な会話や、携帯を使うおっさんへの脅し文句からも知性の高さが伺えますし、女の子の方はまさに「命短し恋せよ乙女」な設定で、その覚悟と決断力の素早さと意思の強さに読者も男性もやられてしまうわけで…それゆえにラストの男性の一言に痺れるわけですよ。

というわけで、キャノン先生を読んで面白いと思った方はもちろん未読の方も是非とも読もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はるみねーしょん

宇宙人転校生細野はるみと2人の同級生によるやべえ四コマ漫画。

ダジャレを基本に、はるみの不思議な感性に基づく発想からネタ振りされるシュール系ギャグ四コマ。ふきだしを使わずに「やべえ」「まじで」を使うはるみの可愛らしさとネタのシュールさが面白おかしい。

宇宙人的な特徴は飛ぶことぐらいですが、その姿はなぜかあずまんがのアレを髣髴とさせます。個人的にはタイム!のジェスチャー辺りの一連のノリが好きですね。

というわけで、オススメ。人によりけりといわざるを得なさそうな面白さですが、僕のツボには大ヒットでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋愛とセックスと僕と彼女

成年コミック感想文第14回は、草野紅壱先生の単行本10冊目となる「恋愛とセックスと僕と彼女」です。表題作であり長編でもある本作の恋愛度の異常な高さにはニヤニヤせざるを得ない傑作エロマンガですよー

内容は、5話構成の長編1本と短編2本。全て和姦。

さて、なんといっても長編「恋愛とセックスと僕と彼女」が素晴らしい。

親の離婚により裏切られたと感じた女子高生千鶴香が両親に対する復讐として選んだ方法は、好きでもない男と処女喪失すること。誰でも良かった彼女が最初に声をかけた相手は幼馴染の隆義。10年前から恋心を抱いていた隆義は、他の男とするならばと千鶴香の誘いに乗るが…

という感じでお互いに処女、童貞喪失を果たしますが、千鶴香は愛情とセックスを結びつけるのはおかしいといい、愛なんていつかは冷める馬鹿馬鹿しいものだといって斬り捨てます。一方隆義は、体だけの関係に耐えられずとうとう告白を決行。

告白をなかったことにする千鶴香ですが、徐々に変化がおきてきて…デレるわけですよ。これが非常に可愛らしいことこの上ない!わがままで乱暴、釣り目でウェーブのかかったロングの微乳娘のデレ破壊力はすんごいよ?

今まで自分が何より好きだった女の子が、誰かを好きになることで、それまでの自分に自己嫌悪してしまったという彼女の告白っぷりとかね!セックスを重ねるたびにデレが増してくるとかね!今更電話することに躊躇しちゃったりね!カワイイんだよこの野郎!

最終話一歩手前に初Hの話を挿入することで、H時の変化の落差を演出したりするもんだから最終回はにやにやしないわけがない。

普段ホテルで髪を濡らさない千鶴香が、父親に頭を撫でられて髪を洗う一方隆義には甘えだし、とうとう他人に頭を触られることを不快に思っていた彼女が隆義に頭を撫でられて安堵するという確かな変化描写には頬がにんまりせざるをえません。

というわけでオススメもオススメ。ラブコメスキーは是非とも買うべし。

関連 ヘドバンしながらエロ漫画!さん

    まんがさんぽさん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼロの使い魔 16

【8/10】

光が強くなればなるほど影もまた色濃くなる、というわけでとうとう国中に広く英雄として知られることになったサイトを面白く思わない旧体制の貴族が刺客を差し向けてきて…とベルセルクを思い出させるようなきな臭さ漂う展開に。

序盤は英雄として迎えられるサイト一行の明るいムードに、いつものルイズとのバカップルぶり、新居探しでのシエスタとルイズの板ばさみに苦しむサイトと丸々一巻今回は明るいノリだと思ったらこれですよ。そしてラストの唐突の別れ・・・まさかここで脱落するキャラだとは思わなかっただけに驚きを隠せません。終盤になればなるほど重要になるキャラじゃなかったのん?

ホント次巻が待ち遠しい。やーこんだけ続いてマンネリを感じさせるけれども面白さを持続できているのは凄いですよ。

好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!さん

積読を重ねる日々さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やべぇ

すっかり放置気味にー!!
なんか今年の目標毎日更新とかいってたのが夢物語に・・・

今年に入って成年コミックの購入数は既に30オーバー
キャノンショックの影響力は計り知れなかったらしい。

最近は草野紅壱さんがお気に入り。
WEBコミックで連載中の一般向け漫画も面白いのでオススメ。
http://comichigh.jp/
「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!」
「思春期絶対領域」の変態兄とド変態妹が原型臭く思える。
ラブコメが好きな方は是非ともー

アニメはやっぱりドルアーガが面白い。
今週の戦闘シーンのがっかり感には目を瞑ろう。
ヴィンランド・サガを読んだばかりのせいか、ニーバの積もり積もった怒りっていうのがいまいち薄っぺらく感じてしまった。

ネトラジは最近聞き始めたマクロスFが面白い。
絶望放送は聴いていたのになぜこっちを放置していたのかー!!

ニコニコ動画は実況動画が面白い。
キリンさんの声は作業用BGMとしてもいけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »