« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

杉田のアニゲラはおもろいよね

アニメの方は、やっと始まったハルヒの他、戦国BASARA、バスカッシュ!、東のエデンをみとります。今のところは東のエデンが一番かなー
まぁ、そういつつも既に笹の葉ラプソディーを4回ほどみてますが。

先週は久々のアキバで、喫茶店「古炉奈」に初めて入ってみました。
来月閉店というのが残念。

カラオケをやってると、ペルソナ3,4の曲を入れてほしいと常に思う。
無理だと思うけどサイレンの恋の三角海域SOSとかも歌いたい。

Cherry Berry Strawberryさん30万HIT記念絵でバゼット
ふ、ふつくしい!

舞子海岸迄五分さん化物語漫画003
しかしその実、ソレを使わないガハラさんのが強かったりする

ろくでなしの詩さんいけとこルート10
締がこっちの面子とはー

| | コメント (0) | トラックバック (1)

恋する放課後

成年コミック感想文第17回は、槍衣七五三太(やりいしめた)先生の初単行本「恋する放課後」です。もっと評価されていいはずだ!と個人的には声高に叫びたい良作エロマンガなのです。

収録作は、短編7話にショタ×女子高生の前後もの1本を含む全9話。基本はラブコメ和姦路線ですが、1話陵辱ものと、輪姦(合意アリ)ものがあるので純愛スキーには要注意。女性キャラは年に関係なく全員パイパンというのも特徴的。

本作は、男女のキャラ立ちと、その性格を踏まえたストーリー展開がうまくマッチしており、以下はお気に入りをご紹介。

「やさしい恋人」
無口系リス型女子高生と気の優しい大男の話。その体格差から、女の子の体を気遣いHでイクことができない男と遠慮されることに溝を感じる女の子。間を取り持つ親友の助言により二人の仲はより親密になりましたとさー

「ボクのいもうと」
夜な夜な、己の顔をさわりにくる手を幽霊だと思い失神する男。最近できた無愛想な義妹と仲良くなりたいものの、相手にされないず困っていたら…へたれな兄と男性が苦手な女子高生のお話。黒髪ロングのビジュアルだけでご馳走様なのですが、恋仲になった後の兄の台詞に対する義妹の返しが絶妙でした。

「亮太がゆく/その後の亮太がゆく」
年上なのを気にする女子高生に対して幼馴染ショタが強引な手を使って本音を引き出す「亮太がゆく」と、目出度くカップルとなった後、年下にリードされるのは我慢ならんと女子高生が反撃にでる「その後の亮太がゆく」の前後もの。気持ちを隠さずまっすぐに攻めてくるショタと年上ぶっても結局は後手に回る女子高生の関係性にほっこりせざるを得ませんよ?

というわけで、なかなかの粒ぞろいが揃ったエロマンガかと。興味のある方はコアマガのサンプルページへGO

関連 作者HP

    まんがさんぽさん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BLACK BLOOD BROTHERS 11 賢者転生 【9/10】

最終巻であるにもかかわらず、味方陣営であるミミコ、ジロー側よりも、敵側のカーサ、ザザに対する思い入れが半端じゃねー!というか、ラストバトルが敵方の撤退戦を防ぐっていうは新鮮でした。

しかし繰り返すもカーサがヤバイ。ホントヤバイ。挿絵がまた憎らしいほど良いところにきていて憎い。まぁ、9兄弟の掘り下げの落差の大きさが若干残念な気もするし、バトル描写を読むのが苦手な自分にはちょっとその分量の多さがネックだったけども。

エピローグに関しては、個人的には満足いくものでした。久々にラノベを読んでいて涙腺が危うくなりかけましたよ。

好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生徒会役員共 2巻

生徒会女性陣を始め、思春期な妹に、トゥー・ピュア・ピュア・ガールの同級生に囲まれながら、下ネタに振り回される羨ましい白一点のM男こと生徒会副会長津田タカトシをとりまく四コマ漫画第二巻。うん、いつも通りの氏家先生です。つまりは面白い。

9割がた下ネタで構成される漫画ですが、たまーに挿入される生徒会長のデレが垣間見えるラブコメ要素がたまんねぇー!タカトシの発言を誤解してドキドキしちゃってたり、バレンタインに余りものチョコを食べさせる際、さりげなく自分の手作りを混ぜてたりとかね!

普段下ネタをタカトシにふってばかりの会長ですが、顧問の変態女教師のネタ振りにはツッコミ側にまわるというか唖然とするあたりに下ネタ組にも格差が見られる模様。しかし毎回氏家漫画をみて思うが女性陣の下ネタに主人公がマジレスしたらどうなるんだろうと思うとハァハァせざるを得ない。

ライトな下ネタ漫画が好きならオススメー
週刊少年マガジンで連載中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再起動

どーやら通常更新に戻れそう。停滞中にブログが4年目に突入しておりました。やー3年なんてあっというまですね。開設当初は一般同人誌中心だったのに、今ではすっかりエロイ方向にエロイ方向にと流れてしまいました。今年は、もう一度昔に立ち返って一般向け中心に行きたいところ。というわけで、今後とも宜しくお願い致します。

ろくでなしの詩さんが500万HITですよースゲーおめでとう。

Cherry Berry Strawberryさんも30万HIT突破です。おめー
新刊2冊がとらのあなで通販中です。

舞子海岸迄五分さんEVER17漫画007
かといって短すぎると物足りない私の本名

Tribal SoulさんドラⅢより女戦士と賢者
えろす!女戦死えろす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チアリズム

成年コミック感想文第16回は、ED先生2冊目の単行本となる「チアリズム」。ただひたすらにあまーい学園ラブコメを堪能できるストレス要素ゼロのニヤニヤしっぱなしなエロマンガです。

収録話数は全10話。前後ものが3本、但しうち2本はおまけ程度の後編。

内容はオール和姦。幼馴染から気になるクラスメイトとベタで手堅いカップルばかりなおかげで愛情の下積みはバッチリ。ライバルキャラがいたり、寝取り要素なんかは皆無なので安心安全ラブコメ仕様となっております。基本的に女の子は巨乳。

個人的にお気に入りなのが、「チアーでV!!」と「ツインラブハリケーン」に「恋もよう 雨のち晴れ」。「チアーでV!!」は、好きなのについ暴力を振るってしまうチア部の部長が実に王道ツンデレを発揮されていて最高。素直に弁当を渡せないとこも、友達の部員らの冷やかし漫才も良い塩梅。ちょっとした誤解が発生するイベントなんてご馳走様としかいいようがありません。「ツインラブハリケーン」は幼馴染の双子もの。親すら判別つかないという双子を唯一見分けられる主人公の特別性が確固たる絆を感じさせてムフフとならざるを得ない。双子の主人公を振り回す強引さにニヤニヤが止まらない。「恋もよう 雨のち晴れ」は、土手をすれ違うクラスメイトの男女の恋の話。美男美女の恋はその始まりまで美しいのか?と読んでるこっちが赤面もののラブストーリー。お互いのシンクロ率が半端ありません。ドイツ人のハーフという女の子は清楚さと朗らかさが良い感じ。

というわけで、超絶オススメ。今のところ今年読んだエロマンガNO1ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »