« ドロヘドロ 13巻 | トップページ | 偽物語(下) 【8.5/10】 »

きみといると

これはニヤニヤ萌え転がらざるを得ない――!腹を下して、咄嗟に入った喫茶店で出会ったアルバイトの女の子、山河春とのボーイミーツガール漫画なんですが、これがひじょ~に微笑ましい要素てんこ盛りでギャヴァイのです。

山河さんは、とにかくなにをするにも必死で、感情が表情にでやすいところが大変可愛らしく、初めて一人で入れる珈琲に一喜一憂し、そのできの良さに満面の笑顔を浮かべたりする小動物系女子高生。

そんな山河さんに淡い恋心を抱いてしまうのが、腹を下しがちな別の高校に通う、岩井くん。どうやって名前を聞こうか悩んだり、つい体操着姿を想像して自己嫌悪したりと実に健全でウブな男子学生ぶりを発揮します。

一巻目は終始岩井君のみが異性としての意識をしているのですが、終盤友達に彼氏なの?と指摘をされてようやっと岩井君を異性として意識し始める山河さんがカワイイ!これは2巻目が本当に楽しみですよー

|

« ドロヘドロ 13巻 | トップページ | 偽物語(下) 【8.5/10】 »

漫画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/29996296

この記事へのトラックバック一覧です: きみといると:

« ドロヘドロ 13巻 | トップページ | 偽物語(下) 【8.5/10】 »