« 久々に洋画 | トップページ | バカとテストと召喚獣 6.5 【7.5/10】 »

ベン・トー3 国産うなぎ弁当300円 【7.5/10】

やっぱり弁当争奪に纏わる本筋より、日常のバカ話のが面白い。相変わらず、親父の過去バナは阿呆だし、佐藤の変態という二つ名の外堀を埋めるかのようなエピソードが微笑ましいっ!

というか、佐藤には官憲の目が光るのに、なぜに白粉にはつかんのだ?アッー!な目に研究目的でやってくるあたり、男としては恐怖以外の何者でもねぇ。まぁ、でも登場人物紹介絵からいなくなってしまっているあたり不憫でもある。

ゲームに勝てずにイラついたり、除け者にされてイラついたり、試験の結果に負けず嫌いを発揮する先輩が可愛らしかったですね。それとあせびちゃんは可愛いなぁ。近づきたくはないけども!

幼馴染著我の変わらないアケスケっぷりにもニヤつきます。
というわけで、本筋をそれほど楽しめないあたりにやや限界を感じつつも、次巻が楽しみだったりする。

|

« 久々に洋画 | トップページ | バカとテストと召喚獣 6.5 【7.5/10】 »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/31494103

この記事へのトラックバック一覧です: ベン・トー3 国産うなぎ弁当300円 【7.5/10】:

« 久々に洋画 | トップページ | バカとテストと召喚獣 6.5 【7.5/10】 »