« 2009年 ライトノベルBEST10 | トップページ | 君と僕のアシアト ~タイムトラベル春日研究所~ »

血界戦線 -魔封街結社-

突如出現した「異界」によりニューヨークは消滅、そこには異形の者と異界の力を狙う人間が跳梁跋扈する魔都が誕生していた。そして世界のパワーバランスを保つべく「ライブラ」と呼ばれる秘密結社が暗躍していて―

という感じの「トライガン」内藤泰弘の伝奇異能バトル新作漫画。妹を犠牲に特殊な目をもってしまった主人公が妹を救うため魔都を訪れたら、ひょんなことからライブラの構成員になってしまってあれよあれよと大事件に巻き込まれるっていう流れ。

非力ながらも特殊な目を持つ主人公の役割に、しっかり驚きと見せ場を随所に盛り込んだストーリーはユーモアもしっかりとあってなかなかの面白さ。これ、アニメでもみてぇなぁと思わせる力作でした。

ライブラ構成員では紅一点で諜報員のドS人狼チェインさん、ガサツで乱暴だけど女にもてるザップ、見た目は恐いがとっても良い人でたぶん最強のクラウスさんと濃いキャラばかり。

というわけで、オススメ。ジャンプSQで連載中。

|

« 2009年 ライトノベルBEST10 | トップページ | 君と僕のアシアト ~タイムトラベル春日研究所~ »

漫画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/32858843

この記事へのトラックバック一覧です: 血界戦線 -魔封街結社-:

« 2009年 ライトノベルBEST10 | トップページ | 君と僕のアシアト ~タイムトラベル春日研究所~ »