« 2009年 漫画BEST10 | トップページ | 血界戦線 -魔封街結社- »

2009年 ライトノベルBEST10

2009年はあんまりラノベ読まなかったのですが、まぁ恒例行事ということで。

10位 とある魔術の禁書目録(19)

自称悪党一方通行の容赦の無さと本当の意味で無能力者な浜面の熱い戦いがたまんねぇ。スターではなく、誰かのためにヒーローたらんとする漢の生き様は良いものです。こっちサイドはなんだかブギー臭いのが自分の好みに合うのかも。

09位 紫色のクオリア

SF要素がてんこ盛りだけど、決してとっつき難いことはなく見事なまでにライトノベルなこの作品。物語のドライブ感がホント凄かったけど、結局落ち着くとこはシンプルな回答であるオチのつけかたがお見事でした。

08位 ベン・トー(4)

夏だ!山田!合宿だ!の地方遠征編。いつもよりも弁当争奪戦の比重が控えめというか、旅行独自の展開を見せたので、日常も弁当争奪も一緒くたな面白さがありましたね。それはそうと著我ですよ!もう佐藤との関係が一線を越えすぎだっ!槍水先輩のお風呂イベントが霞む霞む。

07位 ゼロの使い魔(17)

浮気したことをみんなからちゃんと非難されてちゃんと反省するラノベ主人公はなんか新鮮に感じましたね。ラストでようやく復活の兆しをみせてくれただけにこれからの二人に今年も期待大。

06位 僕は友達が少ない(2)

ロリシスターやら天才だけど頭が残念な腐女子に中ニ病妹が参戦して、もうどう見てもリア充にしか見えないけど主人公は友達がすくないと思っているあたりに殺意が湧くせ。ラノベ部と同じく閉鎖系日常ライトノベルなんでお手軽にラブコメを楽しみたい方にはオススメです。

05位 バカとテストと召喚獣(6.5)

海水浴とくれば水着かと思いきや女装ネタばっかりなのがバカテスクオリティ。だがそれが良い。アニメ化も果たし、今年はますます盛り上がりを見せてくれそうですね。

04位 ラノベ部(3)

もっと続いて欲しかった気もするけど、この終り方がベストなのかな。竹田くんの物事への考え方には凄く共感できるし、あの告白の流れも大変美しかったですね。まぁ新作であるはがないも面白いからよしとしましょう。

03位 傷物語(下)

月火メインのはずなのに出番がわずかだったのが残念だったけど変態暦お兄ちゃんの暴虐っぷりで大満足。2009年はアニメ化もあり大いに楽しませていただきました。さぁ後は完全にデレたというガハラさんを早く拝みたいものです。

02位 BLACK BLOOD BROTHERS (11) ― 賢者転生―

もう感動つーか感無量の一言に尽きます。一番の泣きどころはやはりカーサとのシーンだよなぁ・・・これだけ敵キャラに心揺さぶられるとは本当に恐ろしいシリーズでしたよ。シリーズ完結お疲れ様でした。そして早く新作をー

01位 戦う司書と絶望の魔王

もうすぐ新刊がでる!と思うだけで待ちきれません。本と武装司書と人々を巡る物語もとうとうクライマックス。ラスボスよりラスボスっぽいハミュの明日はどっちだ!そして最後に登場したあの男の子に活目したい!

というわけで以上こんなランクになりました。
森見登美彦作品も何作が積んだままだし、今年はもうちょい読みたいですな。

|

« 2009年 漫画BEST10 | トップページ | 血界戦線 -魔封街結社- »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/32846636

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年 ライトノベルBEST10:

« 2009年 漫画BEST10 | トップページ | 血界戦線 -魔封街結社- »