« 生徒会役員共 3巻 | トップページ | 成年向同人サークルリスト »

人類は衰退しました 5 【7.5/10】

今回は主人公の学生時代の過去回想と、里がゲーム化しちゃったお話の2本。最初の過去話は渡る世間は鬼ばかりと規律の厳しい寄宿舎にありがちな陰湿展開が始まったと思ったらみんな群青色にまみれておったw しかし人類が緩やかに衰退して牧歌的な世界になっていたと思っていただけに割とインパクトのある話でしたなぁ。

人を拒絶してカラに閉じこもり、それでも人恋しい主人公の感情が生々しかったですね。妖精さんの存在意義はホントに大きい。あれほどの軋轢やら群青色を垣間見ても最後は泣いてお別れできることは素敵じゃありませんか。

後半は、いつもの妖精ハザードでみんなが困るお話。ゲームネタが色々積み込まれてはいたけどあんまりピンとくる面白さがなかったのはゲームとすっかり離れてしまっているからなのかなぁ。美形ばかりでありがたみがなくなるってのはアレを連想せずにはいられんかったね。エピローグの助手君には和みました。彼とは良い友達になれそうだ。

というわけで、まーまー?キリキリ働くと今年の目標を定めたロミオ氏に期待。

|

« 生徒会役員共 3巻 | トップページ | 成年向同人サークルリスト »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/33046486

この記事へのトラックバック一覧です: 人類は衰退しました 5 【7.5/10】:

« 生徒会役員共 3巻 | トップページ | 成年向同人サークルリスト »