« 年間ベスト記事 あとがき | トップページ | 微熱スイッチ »

宵山万華鏡 【7/10】

京都の祗園祭を舞台に繰り広げられる幻想譚やら阿呆譚とバラエティに富みながらも、全体的な印象は既刊「きつねのはなし」のような京都の幻想ホラーといった感が強かった短編集。なので森見作品には阿呆な大学生がでてナンボじゃい!と思う方、というか私にとってはいささか物足りなさが否めませんでした。

個人的に一番面白かったのは偽祗園祭の裏舞台を描いた「宵山劇場」。偏屈学生が主役のコミカルだけども青春だなぁと心温まる話は大好きなのです。

幻想色濃い短編の方では同じ日を繰り返すっていうネタ自体は大好きながらもいまひとつ楽しめなかったのは捻りというか味気なさを感じてしまったからですかね。

というわけで、う~ん全体的には格別面白くもないがつまらなくもないという評価に。ホラー系の作品が楽しめるようになればいいんだがなぁー

|

« 年間ベスト記事 あとがき | トップページ | 微熱スイッチ »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/33162699

この記事へのトラックバック一覧です: 宵山万華鏡 【7/10】:

« 年間ベスト記事 あとがき | トップページ | 微熱スイッチ »