« バカとテストと召喚獣 7 【7/10】 | トップページ | ひらめきはつめちゃん »

処女絢爛

成年コミック感想文、第20回は西川康先生8冊目の単行本「処女絢爛」です。実用性抜群でお手軽に楽しめる学園ラブコメ短編集ですよ。

収録作は3話構成の中編3本に短編3本+カラーおまけ漫画2本。全て和姦で、登場人物はミドル~ハイティーンあたり。黒目がちの女の子達は全員無毛。男女ともに陰部描写が割りとリアルちっくな上にアップと遠景とのバランス構成が上手いので実用度は結構高め。つーか結合描写がとにかくエロイ。

オススメなのは、学園では生徒中の憧れの的でお嬢様の生徒会長との秘密の恋を描いた中編「麗那会長ゴキゲンナナメ」と黒髪ロングのヤンキー女子とのバカップルぶりを描いた中編「ヤン・でれ」ですね。どちらも「僕だけが知っている彼女の素顔」という野郎の独占欲を大いに満たしてくれる作品で大変ニヤニヤしてしまいます。

他には好きな子に告白する前に幼馴染で童貞を棄てたら見事な三角関係に発展してしまう「まりかにおまかせ」なんかもH重視の展開ながらもしっかり笑える要素があったりで良かったですね。寝取られかけて一瞬ヤンデレ化するお嬢様が大変美味しゅうございました。

というわけで実用性とラブコメがしっかり両立した作品なので、幅広い層にオススメできるエロマンガかと思います。

・関連 ヘドバンしながらエロ漫画!さん

|

« バカとテストと召喚獣 7 【7/10】 | トップページ | ひらめきはつめちゃん »

成年コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/32925521

この記事へのトラックバック一覧です: 処女絢爛:

« バカとテストと召喚獣 7 【7/10】 | トップページ | ひらめきはつめちゃん »