« 僕僕先生 【8.5/10】 | トップページ | とりあえず »

僕僕先生 薄妃の恋 【8.0/10】

5年ぶりに再会した美処女仙人僕僕先生と自堕落男王弁は再び旅を再開ってことで、中華ファンタジー第二巻。今回は、例によって僕僕先生から無茶振りされて料理大会にでることになった「王弁、料理勝負に出る」に、雨の止まない街で雷神の問題にまたまた無茶振りをされて王弁が出張る「雷神の子、友を得る」、他4本の短編を含む、短編集。

僕僕先生にいやらしいことを考える度に見抜かれて怒らる王弁が羨ましい。そして竿でぺちぺち叩かれたい。寝床にいつの間にか入り込んできては男の純情を弄ばれたいなぁ…狸寝入り仙人、万歳。

五年の歳月を経て王弁自身にも色々な冒険があったらしく、結構逞しくなってますね。まぁ、僕僕先生の無茶振りをこなしてきた経験が何よりなのかな?いついからなる場合にもお人よしで阿呆な王弁は何気に凄い傑物にも思えます。

意外とシビアな面をもってる僕僕先生とお人好しな王弁のコンビが良い感じ。なんだか悪そうな道士が登場したり仏界なんてものが存在していたりと世界のスケール観はどこまでも広がっていきますな。馬の吉良が今回空気すぎるのがちょい切なかったです。

というわけで、今回も師匠と弟子とのやり取りにニヤニヤさせてもらいました。

|

« 僕僕先生 【8.5/10】 | トップページ | とりあえず »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僕僕先生 薄妃の恋 【8.0/10】:

« 僕僕先生 【8.5/10】 | トップページ | とりあえず »