« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »

アングレカム

ひっさしぶりの成年コミック感想文第24回は、大塚子虎先生3冊目の単行本となる「アングレカム」です。表題作で軍服女性らとくんずほづれつハーレムHが楽しめる長編「アングレカム」に、変わった設定が光るにやけるラブコメ短編と、長短編ともに実用性、キャラクターの魅力を備えたクオリティの高い一冊になってます。

内容は、5話構成の長編1本に短編5本。オール和姦。登場人物の大体がハイティーンあたり。スレンダーな体つきにほどよく大きな乳、挿入時の局部アップコマ送りに、全体描写のバランス配分なんかが実用性を高めております。基本ナカダシなのもさらによし。

短編では、両想い同士の頭に白い糸が繋がる奇病が発生する「ユリオプスデージー」が大変にやける上にエロくてオススメ。こんなきっかけがなければ気持が伝えられなかったと、恥ずかしがりながらも、自ら服を脱ぎ始め、初めてでもみだらに喘ぐショート娘がベリキュー!病気のオチ的にも大変上手く締められていてGJです。因みに表題の花言葉は「夫婦円満」を意味します。

続いて、同じく短編。喧嘩するほど仲の良い同級生の女性が、男性に催眠術をかけて好きな人を聞きだそうとする「ファレノプシス」が超オススメ。催眠にかかったふりして好きな人はいないと応える男性に対し、「そっか」と悲しい笑顔を見せる女の子に撃沈します。その後、自分を好きになれと催眠をかけるものの、こんなことして嫌われないかと心配する女の子が登場時の暴力っぷりとのギャップもあいまってすんげー可愛い!女の子の本音を知って男性のリピドーも全開に。こっちも初めてなのに激しいHで大変素晴らしいですな。因みに表題の花言葉は「幸福がとんでくる」

で、長編ですが、一人暮らしの男性の部屋に突如別世界の軍人女性二人組がワープしてくる「アングレカム」。これまたいいのですよ!黒髪ロングで生真面目なミラと、金髪であけっぴろげなフェブ。このフェブが淫乱だけど一途で、友人想いというなかなかの破壊力を有しており、実にHで可愛らしい子でしたね。途中参加なロリで釣り目な第三の軍人娘デュアリスも大変おいしゅうございました。お話そのものもHの尺を落とすことなく、キャラクターの魅力を十全に引き出されており、お見事でした。単行本のおまけもBGJです。

というわけで、大変オススメ。個人的には間違いなく2010年のベスト10に入り込む作品と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京レイヴンズ 【8/10】

BBBのあざの耕平待望の新作は、陰陽師の名家に生まれながらも才能からっきしの主人公土御門春虎と、同じく名家に生まれの才能豊かな幼馴染の少女、夏目を軸にした現代陰陽師バトルもの。

BBBよりもラブコメ成分が多めな感じが個人的には大変嬉しいですな。もーぼくっ娘北斗が可愛いナァと思っていたらそういうオチですかw

というわけで、なかなかの面白さ。BBBの如く既に張られた伏線にもあれこれ予想を裏切られそうで今後の展開が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長 【7.5/10】

容姿端麗、スポーツ万能、成績優秀の完璧超人、伏城野アリスは人外と人間の共学校聖桐学園の勇者側生徒会長で、その完璧超人の幼馴染で凡人の俺、兎沢紅太郎はなぜか人外代表の生徒会長魔王に就任しちまった。役員以外には正体を明かせず勇者側生徒会と対決をしなければならなくなった俺の二重生活の明日はどっちだ?

という学園ラブコメ。今大変売れているらしいです。一見完璧超人のアリスですが、主人公に対して嫌われてしまったと思うとすぐに弱弱しくなってしまうギャップ可愛さがとても良いですね。主人公に対してデレデレにも関わらず、主人公だと気づかない魔王に対する敵意むきだしの態度も面白おかしい。

魔王側生徒会役員の鑑美も、最初は主人公を侮っていたものの、徐々に主人公を認め始めてデレていくのも良いですな。ちょっとデレにいたるハードルが低い気はしましたが。

アリスのコバンザメと揶揄される紅太郎も、脳内将棋がさり気なくできるなど、策士としての才覚がチラホラ垣間見れており、単なる優しさだけが売り物の主人公とは一味違う点が好印象です。

というわけで、なかなかの面白さ。ラストの展開でさらに二重生活が困難になった主人公の苦労っぷりを次巻以降も楽しみたいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惑星のさみだれ 9巻

いよいよラストバトルに突入して、次巻で完結ですよ。やーすっかり逞しくなったゆーくんはかっこいいし、アニムスとアニマ、夕日とさみだれの幼い頃の出会いも大変興味深かったものではあるけれど、やっぱり南雲さんのかっこよさがちょい抜きんでてましたな!

最初で最後の使いどころと台詞に痺れるぜ。茜くんの宿題の答もえがったね。

語ることは少な目ですが、現在の連載の熱さも鑑みるともう、傑作漫画確定です。

超絶オススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スノウピー、見つめる 【7/10】

他人の気持がわからない僕は、いつも可香谷さんを怒らせてばかり。待ち合わせの途中、突如異世界に迷い込んだ僕は、スノウピーと出会って・・・

という知的好奇心一杯のクールガールスノウピーと恋心に鈍感ばかりか、一般的なコミュニケーションさえ鈍い主人公との物語。

んー可もなく不可もなくといった感想かなぁ。好意むき出しの勝気娘可香谷さんは可愛かったですけど、相手の気持がわからないというかまったくわかろうとしない感がぷんぷんの主人公の語り口調には拒否感がでる人もいそうですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四稲家の人々 1~3巻

東大を目指し日々猛勉強中の平凡な男子高校生四稲春彦の家に突然、春彦を主君と仰ぐ美少女くの一卯月と99人の忍者が棲みつく事に・・・というドタバタ忍者漫画。

100人住んでもだいじょーぶ!な万能屋根裏に潜む100人忍者を突如部下にもってしまった春彦くん。身の危険も顧みず他人を助けるやさしさと平凡さがいかにもラブコメ主人公の標準仕様ではあるけれど、料理スキルとツッコミ属性、勉強は出来ないけど休み時間も惜しんで勉強するという努力タイプな点があるせいか割と個性的なキャラクターに仕上がってます。

卯月とは実は幼い頃に出会っていて、しかもなんだか約束事をしているけど春彦は忍術かなんかで忘れられているっていう設定も実に王道ではありますけど、そういうの大好きなんだぜ。はいてないっぽい忍者装束やパンツ知らない発言と実にけしからん娘ですが、世間知らずながらも主君春彦への忠臣っぷりがすれてない可愛さを醸し出しております。

が、二番目に登場する腹筋三白眼ツンツン娘な弥生さんががドストライクすぎて正ヒロイン卯月さんが霞んでしまいますた。人嫌いだけど蟲にハァハァする変人っぷりが可愛さに拍車をかけてます。他にもおっさん赤フン忍者花島さんやらまゆげぶっとい巨乳同級生が個人的にはお気に入り。

というわけで、結構オススメ。表紙の淡い色使いのがすごく気に入ってます。素敵。

月刊少年マガジンで連載中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神様のメモ帳 【7/10】

人付き合いが苦手で、どうにも目的も見出せないダウナー男子高校生が、なんだか絡んでくる同級生の女の子をきっかけに、ニート探偵を名乗る少女アリスと出会って・・・

ネット上の評判が良かったのに、なかなか手をつけませんでしたが、ようやく読了。ヒモやら元ボクサーやら軍オタなんて変わり者ニート集団と彼らを束ねるドクターペッパー中毒の引篭もりニート探偵と協力して、街で蔓延るドラッグの事件に関わっていくというものなんですが、かなり苦い青春ですなーこれは。

アリスの口調がまるっきり某不気味な泡さんっぽいのは実に好みで、変人男性陣が数多く登場するのも良かったんですが、いかんせん主人公の性格があんまり口に合わなかったような気もする。むー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それでも町は廻っている 7巻

アニメ化決定ですか!それ町は大好きだけどもアニメ化は正直意外に感じます。

しかし今回は紺先輩が可愛いですなぁ。歩鳥に誘われて祭りに出た際に、旧友に出会った歩鳥から一歩ひく先輩、そしてお面を被る先輩、後日談で歩鳥の真意を聞いてまんざらでもない顔をする先輩。いいね、実にいい。

対照的に女子高生になってもおっさんと相撲がとれる屈託のない歩鳥は相変わらずの下町天使っぷり。真田の恋の始まりは勘違いの積み重ねですか。やー青春です。

というわけで、相変わらず漫画力たけーと思うことしきりなクオリティ。激オススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つぐもも 4巻

裸祭りすぎる!流石に電車で読むのは厳しかったわ!というわけで、つぐもも4巻ですが、裸うんぬんよりも見開きのかーちゃんに痺れた!あそこのシーンだけ別の漫画ですよねw

表紙の刀少女は凄まじい理不尽思考の人だけど神様に対しては礼儀正しいのな。ほのか様のキャラデザと性格はなんだか大変好み。

しかし、回想シーンでのつぐもも虎鉄の行動には若干疑問が。あんな返り討ち確実なのにあだ討ち相手の居場所を教えるのはどうかと思うが・・・実はすんごい腹黒キャラだったら驚きですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界の中心、針山さん 3 【8/10】

いたって普通の人間針山さんの周囲で巻き起こる不可思議な事件は、宇宙かぐや姫と闘うパンダとなんでも疑う少年のボーイミーツガールに、巨大ロボを完成させた夢追い工場長の物語、黒服詐欺団と黒い服の人々が巡る都市伝説の3本です。

やー今回は、子供の頃から巨大ロボのパイロットに憧れ続け、ないならないで遂には自力でロボを作り上げた中年工場長の生き様がずば抜けて素晴らしかったわ!自分の夢はその実現までぶれることはなかったけど、その動機は子供の頃に比べると不純物が混じっていた。そんなことに気づかされるのは、ロボお披露目間近に迫ったとある危機。自身の夢の濁りともう届かないことを悟った工場長に宿る新たな目力にやられましたよ、うん。ロボに夢中な親父を憎みきれないツンデレ娘さんもこれまた微笑ましいものでした。

というわけで、久々に読んだ針山さんシリーズ。ほのぼのものからちょっぴり恐いものまでバリエーション豊かなところが良いですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空色パンデミック 2 【7/10】

西から上ったお日様が東に沈む、とバカボン世界になってもみんな気づかずこれでいいのだな世界になった主人公の日常。空想病の設定は使い様によっては実にホラーなテイストになるんですな、やはり。異常を認識できないっていう設定は大好きなんだぜ。

WEBサイトからの真実を知る者への問いかけなんてのは実にゼーガっぽくて好みです。ちょっとした誤解から嫉妬しまくるヒロイン結衣より、同じく嫉妬する青井さんの方がストライクですな。

まぁ、オチはわかってるだけに空想設定のアレコレはどうにも斜め読みしてしまうのが、若干あれだなぁ。ただ、最後の一文がいっそう恐いことになってるのは・・・今後の展開が気になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空色パンデミック 【7/10】

発作が起きると自身の妄想を現実と混同してしまう「空想病」を患う女の子の発作に巻き込まれた僕は、以後彼女に付きまとわれることになって・・・

という感じの青春エンタメライトノベル。普段は常識人なのに発作を起こすと妄想に取りつかれてしまう空想病は、時に周囲の人間にも妄想を植え付けてしまうという設定で何気にそら恐ろしいが、ツンデレをリアル病とした百舌谷さんと同じく、中ニ病をリアル病に設定するのは確かに面白いネタではありますな。

ストーリー自体もきっちり山あり谷ありでよくできてるとは思ったのだけど、ヒロインである穂高さんのキャラがやや弱かった気がするのは否めない。というかどう考えても青井さんがメインヒロインじゃろがー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電波女と青春男 4 【8/10】

高校一年生の御船流子は告白したら振られたので家出をした。そこで青い髪の自称宇宙人に出会った。中学三年の前川さんは髪を金髪にした。気になる幼馴染の少年とは距離が開く一方だった。小学生のエリオは宇宙に行ったことのあるおっさんとであった。まだ宇宙にいける気まんまんのエリオだった。中学三年の主人公は微妙な距離の気になる阿野子に別れを告げ、現在エロ本を買いに走るのであった。

なんて感じの過去バナ短編集。うーむ、見事に全員挫折してしまったお話ばかりである。それでもどうしようもなくなってしまったものに対し、それぞれ各々のやり方で受け入れようとする姿勢が非常に好感のもてるお話でありました。

リューシさんが出会った少年はひょっとしたらエリオの兄弟かなんかなんですかね?それに、少女時代のエリオは行動的で逞しい子供だったのだなぁ。中三でどっちつかずな距離にいる気になる女の子に見事なまでにけじめをつけた主人公かっこいい。普通はズルズルひきずってしまいそうだけどね。

最後のエロ本話は、真くんは小心者なのか大胆なのかよーわからんわ。というか鞄もってきなさいよ。手ぶらでいくとか正気の沙汰とは思えない。

というわけで、それぞれの青春の痛みってやつが非常に良い味の青春汁を滲み出していて大変面白かったであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空ろの箱と零のマリア 3 【8.5/10】

Oに出遭ったことを告げ、自身が所有者になったことを告白した醍哉。そんな彼の願いは退屈を紛らわすこと。「意味のない殺し合いをしようぜ?」

くはーえげつねぇ。今回は最初から所有者がわかりきっているはずなのに、その前提すら疑わしくなる泥沼具合が素晴らしい。閉鎖環境に閉じ込められて強制的に殺し合いゲームをさせられるっていうのはまま見かけるネタだけど、最後に明かされるアレがこのゲームをよりえげつないものに仕上げていて感心してしまった。

主人公が日常にこだわる切欠のエピソードが語れてましたが、なんだこの変態は。女の子の眼球を舐めたいとのたまった人級だよ。一人称が僕な主人公に偏見を持ちそうですな。

それとビッチキャラは大歓迎です。うん、腹黒さんから垣間見れるピュアな本音には、やはり騙されてるかもしれないと疑いつつも惹かれてしまうのですなー

というわけで、今回も超面白かった。けど、凶悪な引きなんで続きが待ち遠しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空ろの箱と零のマリア 2 【8/10】

繰り返しの日常からようやっと脱却したと思ったら、すぐまた主人公の日常を脅かす別の「箱」所有者の悪意。今度は、星野の意識を一時的に乗っ取るもんだから、勝手にクラスメイトに告白するはで、主人公の人間関係はあっという間に崩れ去るのであった。

という感じなんですが、今回は相手がややしょぼかったですかね。拒絶する教室の絆さえ思い返せていればなんともない相手でしたが、真綿を締めるかのようなネチネチとした攻撃はこの作品らしくてにやにやするぜ。ただ、1巻の経験があったせいか、先の展開は流石に読めました。

というわけで、今回も面白かった。最後の引きがまた大変なことになってるので次巻もさくさく読もう。しかし、この息継ぎを許さない展開はまるでジョジョ5部なみの容赦の無さですなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電波女と青春男 3 【8.5/10】

う~む、非常に共感しやすい青春物語になっておる。ちょっとした挫折で諦め癖がついてしまっていた主人公が新キャラ自称宇宙人やらリューシさん、ジュゴ川さんにエリオやらからちょっとずつ影響を受けて、ささやかかもしれないけれど本人としてはかなり劇的かもしれないあれやこれやの青春アクションが実にイイね!

というわけで、夏休みは野球と天体観測をメインに、前川さん家でご飯を頂いたり、前川父に誤解をされたり、リューシさんの普通かわいさに撃沈したりで非常にリア充な毎日を送る青春男が実に羨ましい。

嫉妬するリューシさんのいじらしい可愛さは相変わらずだけど、意味ありげな前川さんの台詞が気になるなぁ。ラブコメに参戦してくれるのかしらん。前に好きな男の子がいて告白したけど振られているっていうエピソードがよりリューシさんの普通さを象徴していて、さらに可愛らしく思えた気がする。まぁ、普通そうで、真似するのが難しい健康な普通っぷりがリューシさんの魅力であるのかもしれません。

前川父のへタレっぷりと前巻の40歳を鑑みると青春じみたことは大人でもやれるものですなと、青春の特権が十代に限るものではないのですっていう意志が感じられる気がするのがこの作品を余計好きにさせてくれる気がする。まぁ、でも確かに、40歳はもうちょい自重しよう。

というわけで、今回も多いに面白かった。文章も1巻の頃より大分読みやすくなってきた気がするし。オススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空ろの箱と零のマリア 【9/10】

3月という半端な時期に転校してきた美少女、音無彩矢は自己紹介で名前を告げた後、僕を名指して、「私はお前を壊すために、ここにいる」と言い切った。

うおー超ドツボに嵌る作品でした。ループもので、ミステリで、人死にで、可愛い女の子が病んでしまって、得もいえない気持の悪い閉塞した世界観に、しっかり嵌るミスリード!正直最初から飛ばしすぎていて、後半どう展開するのかさっぱりだったんだけど、話が進むごとにこうくるかーと興奮しっぱなしでしたよ。

むーネタバレ厳禁作品であることは間違いないので、上のワードに引っかかった方は是非ご一読をば。しかし、今までこの作品に気づかんかった自分が恨めしい。

主人公が茂木さんに恋したきっかけが非常にしっくりきて大変えがった!

最後の解決がイマイチ理解しかねなかったんだけど、それはまぁ些細なことですかね。既に3巻まで刊行されているようなんで速攻2巻目を読みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アマガミ -Various Artists- 3

相変わらずエロマンガ家の見本市みたいな素晴らしいラインナップなアマガミアンソロ第三巻。個人的にはホムンクルス先生と千里きりん先生を選出した編集者とは大変気があいそうである。

今回は神風をテーマにしたミニ短編を収録。様々な神風ベタシーンを見れて大変眼福でした。お気に入りは竹村雪秀先生の棚町神風編ですかね。やーあそこまでもってかれるのはめったにないわーw

それにしても短いながらも、とことんラブコメを楽しめますな。甘酸っぱいものからベタ甘まで、お風呂で水着接待から擬似デートまで、まぁニヤニヤさせてもらいました。

というわけで、オススメ。原作未プレイの自分でも余裕で楽しめる一冊でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電波女と青春男 2巻 【8/10】

久しぶりに入間作品に手を出して、1巻読んで、地の文がやはり読みずれーと思いつつも2巻を読んでみたら、女々さんの一人称あたりは大変読みやすい上に、40歳女性がメイン話で、これが非常に心温まるさわやかなお話で大変よろしゅうございましたとさー

というわけで、自称宇宙人電波娘が地球人に転向し、社会復帰を目指し始める第二巻。今の所は保護欲を掻き立てられる駄目従姉妹よりは、青春ポイント向上に貢献し続けるリュウシさんの可愛さが3宇宙人ほどリードしとりますね。あんま自覚のなさそうな嫉妬っぷりが可愛いぜ!

しかしまぁ、今回は40歳の叔母さんと菓子屋のおばあちゃんがメインなわけですよ。物語途中で発生する不可解な事柄も最後のしょうもなくも素敵なオチに収束していく過程が実にえがった。いや大人の青春でしたな。普段アホなことやってても色々考えてる40歳にギャップ萌えですよ。

よし、次巻も購入しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベン・トー 5.5 箸休め~燃えよ狼~ 【7.5/10】

箸休め的に今回は短編集。著我の文化祭であせびちゃんの弁当を賭け漢達が夢の競演を果たす「鳥になった男たち」含む8本の短編を収録。やはり最初の文化祭話が一番面白かったです。やー警備員のおっちゃんが絡むと面白いわBL的な意味でもネ。

しかしあせびちゃんは可愛いなぁ。起き掛けにあんな状態になっているのによこしまな気分にならない佐藤の気持が僕にはわからない。

そしてやはり子供時代の話に抱腹絶倒。でも夢の話は正直微妙というほかない。あとの短編も特に面白いということはなかったのがやや残念。ただ、白粉がメインになる話はやはり期待してしまうなぁ。重たい話になりそうではあるが。

というわけで、序盤の勢いは素晴らしかったものの後の失速感は否めなかったのが惜しかった。次巻も引き続き期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼の錬金術師 25巻

今回はアルが表紙の通り重大な局面を迎えてかっこいい決断を下したり、大佐がアレな目にあっちゃったりと見せ場は多々ありましたが、どう考えても大総統とバッカニアが全部もってきましたな!

やー今際の際の台詞にホント痺れました。リンの慟哭がかすむかすむ。そして、大総統がかっこよすぎる。思い通りにならないと人間に不満を放ちつつもまんざらでもないその表情が年重ねた中年のなんともいえない渋さ。

どーでもいいが目玉だらけのお父様はルパンのマモーを思い出すな。

というわけで、面白かった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ5年目。

おわっ!特に忙しいわけでもなかったのに、気づけば丸一月の放置とは。何気に丸々一ヶ月も更新しなかったのは開設以来初めてですよ。そして来月でブログを開始して4年。20代半ばだったのが30間近に・・・

先日は初めてコミック1に行って来ました。想像していたよりはまったりしたイベントだったんで、サークルさんをくまなくみれて眼福眼福。

アニメはデュラララ!が変わらず面白いですな。セルティ本が発見できなかったのが、悔やまれます。さて、コミティアはどうすんべか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »