« レッツ☆ラグーン | トップページ | ゴールデンタイム 1 春にしてブラックアウト 【7.5/10】 »

電波女と青春男 6 【7.5/10】

文化祭やっちゅーに!というわけで、丹羽くんの高校は文化祭真っ只中。青春ポイントを溜めるべく、美術部員である前川さんの催し物を手伝ったり、リューシさんとバカップルに絡まれたり、小指に繋がれた運命の相手を探すべく、引力に身を任せてみたり、エリオの父親に遭遇したりと色々ありましてな第六巻。

う~ん前川さん可愛いっ!エリオとリューシさんに引っ張りだこの転校生くんを一時的にも独占できていることに喜んでいる様がいいね!長身コンプッレックスっぷりと非ヒロイン性を自覚しているあたりが色々ツボを刺激されますな。やはり個人的には前川さんエンド希望です。

別作品の天元突破バカップルがこっちの作品に本格武力介入してきたー!こいつらはフラグ加速装置なのか、リューシさんと丹羽くんがあっという間にバキャップルにっ!

そしてひょっこり現れたエリオの父親となにやら暗躍している40歳。田村のおばあちゃんとのコンビは相変わらずいい感じ。

引力に引かれて集まった8人が、こりゃまた今後の人間関係に色々波紋を残しそうで、楽しみですなーエリオの父親の誕生日プレゼントの効果も要注目。

ところどころ各ヒロインの一人称が挿入されつつ、その中にきっちり参入している40歳がマジデ女々ルートの存在を主張しているようで侮れないなー

|

« レッツ☆ラグーン | トップページ | ゴールデンタイム 1 春にしてブラックアウト 【7.5/10】 »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/36682007

この記事へのトラックバック一覧です: 電波女と青春男 6 【7.5/10】:

« レッツ☆ラグーン | トップページ | ゴールデンタイム 1 春にしてブラックアウト 【7.5/10】 »