« 2011年 下半期 エロマンガBEST10 A面 | トップページ | コミケ81サークルリスト »

2011年 下半期 エロマンガBEST10 B面

続いて、ストーリー&キャラから選ぶB面です。

第10位 『しゅがー☆すぽっと』 前島龍

今回唯一のオールロリ短編集。素直でかわいらしいおにゃのこと甘々なHとお話しをご所望ならば、おすすめな一冊です。

第09位 『果蜜痴態』 天竺浪人

ダーク系のお話と阿呆なお話の両面がある作家さんですが、今回は阿呆より。幼馴染の女性が出戻りしてくる「人を呪わばクラッカー!!」の落ちが阿呆すぎてほんと笑わせていただきました。でも、笑いながらも女性の肢体がえろえろしいので、実用性も高いというのがなんだか悔しい。

第08位 『こいねつリップス』 雨部ヨシキ

学校で人気者の美人姉に虐げられる弟がそれぞれの姉を交換して調教復讐をする中編ものを収録。体育会系の姉と、メガネ系のツンツン姉が魅力的。それぞれ違った仲直りの仕方と最後の近親プレイのリアクションの違いに萌えましたね。同級生から取り残された童貞、処女のクラスメイトが、脱童貞、処女するためだけにHする短編ものもよかったですね。

第07位 『魔法少女まじかるゆかたん』 霧志マサノブ

他のエロマンガとは明らかに一線を画したぶっとんだストーリーの長編ものを収録。無意識的サムシングやらSFチックなものがお好きならおすすめ。個人的には最後の締め方で満面の笑みになれました。

第06位 『先生を見てください』 楓牙

マイペースわがまま女教師とパシリにされている生徒&ヤンキーとオタカップルのお話を描いた長編「ワインの価値観」を収録。本音が見えない女教師さん。感情が見えづらいと思いきや意外と隙が多い感じが大変かわいらしかったですね。ちょっとビターでオチでほっこりできるお話が好きな方にはおすすめ。

第05位 『ドリストア』 緑山

ラブコメというより阿呆コメディという感じで、コメディ成分とエロ成分多めの短編集。黒スト黒髪ロング率とドリル率が高め。完全無欠を自称するも残念具合がぬぐえない生徒会長さんが登場する「伊藤会長の憂鬱」と、鼻をほじっていたJKの誤解が誤解を生んでHに至る「犯人は3人」がお気に入り。

第04位 『PURE DAYS』 牧野坂シンイチ

久しぶりに再会した金髪巨乳幼馴染やら、身長差カップルのドタバタやら、無人島で日焼け元気少女とのあれこれやらが楽しくエロいラブコメ短編集。前作よりは若干パワーダウンした感がありますが、ラブコメスキーにはおすすめの一冊です。

第03位 『アマノジャクが恋をして』 MARUTA

田舎×青姦×青春!な短編集。美麗な田舎の背景のなかで、黒髪セーラーのあの子と激しいふぁっくには興奮せざるを得ない。兄×妹、姉×妹、教師×生徒、幼馴染、先輩×後輩と、基本を押しなべて揃えているところもGJですね。ラブコメスキーは是非買いましょう。

第02位 『少女×少女×少女』 赤月みゅうと

久しぶりに里帰りした実家で、再会した義妹たち。父親の虐待と閉鎖的な村の体質から逃げ出した主人公の苦悩と救済を描いた中編「祭子」を収録。うん、この作家さんはずっとこの路線で頑張ってほしいなという一作でした。ネタ的にはあるあるなので、もうちょい一ひねりあればよかったかも。義妹盛りだくさんとの温泉エッチは非常に愚息がお世話になりました。少女だけども肢体のなまなましさが非常にエロい!

第01位 『Only you』 青木幹治

名作「さよなら、おっぱい」に続いて、またまた「矢島節子」さんシリーズが読めただけで、もう満足でした。短編も、ツンデレツインテールさんやら、初々しいカップルの初Hを描く「やりたい季節 新緑のさかり」など大変ごちそうさまという感じでした。

というわけで、以上、ストーリー&キャラから選ぶB面でした。

これでようやくコミケのサークルチェックができますよー

|

« 2011年 下半期 エロマンガBEST10 A面 | トップページ | コミケ81サークルリスト »

成年コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101314/43566154

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年 下半期 エロマンガBEST10 B面:

« 2011年 下半期 エロマンガBEST10 A面 | トップページ | コミケ81サークルリスト »